ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

ウツワパワー

蒸し暑い...。
に、戻っちゃいました。

今日のご紹介は片口。
a0180208_212995.jpg
小さめ片口、三色揃え。
ピンク・キミドリ・ムラサキ。
ソースとか麺つゆとかにちょうどいいサイズです。

薄手なので、口を作った時にできる器のゆがみをそのままに。
上から見るとしずく型してます。

麺つゆといえば、この夏もハマった豆乳そうめん。
普通のそうめんを無調整豆乳で割った麺つゆでいただきます。
まろやかで美味◎
薬味もなんでも合うし、いつものそうめんと気分を変えたい時オススメです。


さてさて、久しぶりの北欧ウツワ。
フィンランド分は全部ご披露したので、今日からスウェーデン分。
旅の記憶が薄れつつあるので、急がねば。。。

スウェーデンにはストックホルムに賞味1日の滞在でした。
急ぎ足で向かった陶器の町、グスタフスベリ。
の、グスタフスベリ社にて、手に入れたリンドベリ。
ベリベリ。

a0180208_2343914.jpg
レッドアスターなるシリーズのプレート皿です。

自分では、まず描かない、描けない絵柄。
大胆な花柄。

ブルーと、レッドとありましたが、私はビキッっとしたレッド派。
陶芸界では赤はとても出にくい色。
ここまでビキッと出ている赤に惚れました。

続いて、
a0180208_21335023.jpg
サリックスというシリーズの上と同じサイズのプレート皿。

細かい葉っぱ柄。
なんだかちょっとインディアンぽくて、こちらは一目惚れ。

このシリーズも赤があったのですが、こっちは線の細さと黒がマッチしていたので黒を。
かなり好きです。

アラビアにカイ・フランクがいるように、グスタフスベリのレジェンドであるリンドベリ。
そんなリンドベリ大先生のお皿がもつすごい力が私を動かしました。

使っていて思うのは、とにかく、ケーキが合う。
ケーキならなんでも合う。
とくに、サリックスにはカボチャタルトだろう、と。
こうなったら作っちゃおうと。

a0180208_21334667.jpg
んー満足!
黒と黄色が好み◎
朝からかったーいカボチャ切って作ったかいありました。

a0180208_21334394.jpg
こちらも個性的ながら、だいたいシックリ合ってしまう懐の広さです。

私をケーキ作りに誘う器パワー。
私もそんなパワーのある器作りがしたいなーと憧れます。

この後、カボチャタルトは本日作陶にいらした生徒さんにお出しして、いつもの強引お茶タイム。
手作りケーキなんてどうしちゃったの??と私の突飛な行動に動揺を隠せない生徒さん。。。
明日、嵐にならないといいですね。

そんな明日は出張リッタウです。
POPOでの体験陶芸教室、第2弾!
嵐になっては困ります。
by tomomikamo | 2011-09-11 00:02 | ウツワ | Comments(4)
Commented at 2011-09-11 12:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otokonoutsuwa at 2011-09-11 13:33
リンドベリ。べりべり。って何??(笑)

パンプキン・タルト、美味しそうですね。
それに狙い通りでサリックスに合いますね~。
僕の大好きな岡晋吾さんが、日本人の作家はどう作っても和食に合っちゃうんだよ。って言っていたけど・・・
やはりケーキに合うんだね。
僕はこのレッドアスターだな、これもバジルソースの料理かなんか盛ったらイイよね~。お皿だけよりイイだろうな~。
Commented by tomomikamo at 2011-09-12 01:11
kakgicomeさん◎
のど!!!大切な時期、ご用心ください。
素敵なカットになりますよう(^^)
Commented by tomomikamo at 2011-09-12 01:18
otokonoutsuwaさん◎
なんか、スェーデンはベリベリ付くなーと思い、言いたくなっちゃいました(^^)
日本で言う、「〜田さん」みたいなものですね。。たぶん。

和食器におまんじゅうがピッタリなはずですね◎
レッドアスターはいろいろ挑戦しがいがありそうです!
<< チャンプルー日和 キッチリ派とマイペース派 >>