ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

2012旅行記*フィンランド編①*

世の中のお盆休みも終わって、あっという間に8月後半。
気付けば、旅行から帰って2週間です。
でも、もうずいぶん前のことみたい。。


さてさて、旅日記は続いてフィンランド編。
a0180208_2352134.jpg
伝わりますかね...爽やかな空気。
ヘルシンキは本当に気持ちいいです。


コペンハーゲンで連日ガンガン飛ばしたせいで、ちょっとのんびりしたく、ヘルシンキではほぼ一人行動。
友人はあいかわらず、早起きして散歩したり森にハイキングに行ったりしてましたが、私はカフェとか海辺とかでボケ〜っとしたりしてました。
その時はだいたいアイス食べてます(フィンランドのアイスはかなり美味しい!)。
今考えると、贅沢なお時間。。


でも、今回の旅のメインである「アラビアの工場見学」には、早起きして行ってきました!
去年は工場がお休みの時期だったので、リベンジです。
a0180208_005991.jpg
いざ、トラム6番でアラビア工場へ。

そして、今回は心強い案内人が!
友人の知り合いでフィンランド在住のイッタラのガラス職人さんが一緒に行ってくれたんです。
日本人なのですが、ヘルシンキから2時間くらいの村にあるガラス工場にお勤めで、今回は休日が合ったのでヘルシンキまで出てきてくれました。


アラビアに到着!
a0180208_2363910.jpg
ここから、工場内とアトリエ内はしばし撮影禁止。


念願の工場内。

ありとあらゆる石膏型や、型取られた器たち。
と、作業する職人さん。
釉薬の吹き付けマシーンや、棚板に積まれた焼き待ち器。

アラビアの陶器はほとんどが鋳込みという、石膏型に泥状の土を流し込む技法で作られています。
型取り時にヒビが入ってしまってはじかれた板皿とかもありました。
どれもなんとも興味深かったです。

窯は86mのベルトコンベア式の巨大ガス窯。
19時間で焼成から冷却までするそうです。


続いて、アラビアのアート部門の作家さんたちのアトリエへ。
ここへは、案内人さんのおかげで入れて頂けました。

アラビアには現在9人のデザイナーがいます。
ちなみに、その中の一人は日本人の石本藤雄さん!
a0180208_1543690.jpg
花モチーフの陶板が代表作です。
石本さんのアトリエは閉まっていました。
夏休み中だったのでしょうか。

Kati Tuominen(カティ)さんが大きなバスケット型の陶器を手ひねりで制作中でした。
海外のコンペに出す作品だそうです。
去年買ってきたピッチャーはKatiさんデザインのもの◎
作品と同じくゆったりしていて素敵な方でした。

他の作家さんのアトリエもちらっと覗かせてもらったところ、机の上の大きな花瓶にざっくりたっぷりお花がいけてあったのがとっても印象的。
あれが、カラフルな絵付けのヒントになるんだろうな〜と。
作業場にはなるべくお花を飾りたいと思いました。


いろいろ吸収した気分で工場をあとにし、ファクトリーショップで買い物もし、付近の住宅地散策へ。
この一帯地区をアラビアというのですが、それはそれはカッコイイ町。
しかも海沿い!
a0180208_2353379.jpg
このカラフルカーペットみたいなのは陶タイルの作品なんです。
こんな感じでいろんな所にアラビアのアート作品が。

a0180208_052480.jpg
陶片がモザイクのように埋め込まれている壁があったり。
住みたいー!!ってマンションばかりでした。


さて。この日は、このあともビックな出来事が続きます。
が、またも長くなったので続きはまた次回に〜。
by tomomikamo | 2012-08-18 03:13 | 番外編 | Comments(6)
Commented by 草 KusA at 2012-08-18 17:26 x
良い旅ですね。イッタラの職人さんと一緒に行けたなんて贅沢ですね~。花モチーフの陶板、良いです。こういう凸模様に銀彩したいな~(笑)そう言えば前回のフィンユールさんの邸宅。記憶に引っかかっていて調べたらボクの本に邸宅内の写真が。白いソファもベッドの色使いも素敵ですね。
Commented by tomomikamo at 2012-08-18 23:28
kusa さん◎
北欧陶芸界は陶板がかなりお得意なような感じがします。いいのがたくさん!
フィン・ユールの邸宅内の写真ありましたか!本当にちょっとした色使いがかっこよくてニクいです。
Commented by at 2012-08-19 16:57 x
そうそうカモちゃんに質問です。FUGLENという60年代インテリアのカフェは北欧ではアチコチにあるの?それとも発生の地オスロだけなの?インテリア的にはかなり興味深いのですby高橋
Commented by tomomikamo at 2012-08-21 00:16
kusaさん◎
FUGLENというカフェ、私も雑誌で知りました。すごく気になるお店ですが、たぶんオスロだけと思います。ヘルシンキやコペンにはなかったです。でも、東京には出来たみたいですね!
...となると、残すは、、のオスロが気になってきてしまうんですよね〜〜。
Commented at 2012-09-30 15:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomomikamo at 2012-10-02 00:34
鍵コメさま◎
ご連絡、ありがとうございます!
曜日は木曜日と土曜日の13:00〜18:00です。
開講時間内であれば何時からのスタートでも大丈夫です。
石神井公園駅からは徒歩で18分、バスで5分ほどです。
大泉学園駅からは徒歩はちょっと遠いですが、もし自転車などであれば15分ほどです。
もしご予約の場合は地図をお送りしますので、こちらの鍵コメにてメールアドレスかご住所をおしらせくださいませ。
<< 2012旅行記*フィンランド編②* デンマークの器たち ① >>