ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

デンマークの器たち②&フィンランドの器たち

だらだらと続いてしまいましたが、旅日記の最終回。
連れ帰ってきた器たちシリーズです。


まずはデンマークの器の後半から。

デンマークを代表するアーティストであるビヨンさんのオーバル皿。
a0180208_2134772.jpg
これがビヨンさんの絵です。
丸顔の特徴的な絵なので見たことある方もいるかもしれません。

裏のサインの上に「A Midsummer Nights Dream」=真夏の夜の夢、と書いてあります。
たぶん劇中の一幕。
体育会系でもなければ文系でもなく..恥ずかしながら読んだことがなくてどんなお話か知らない私。。
シェイクスピア、これを機に読んでみようかしら。どうしようかしら。

これは郊外の美術館に行く電車の途中、駅前広場でフリマが開かれているのを発見!
たぶん住宅地しかないような小さな駅だったんですが、途中下車。
いわゆる地元民のフリマという感じで、ほとんどが古着とか日用品。
でもちょこちょこ掘り出し物的なのがありました。
そこでの発見品です。

端に少し欠けがあることもあり、なんと100デンマーククローネ=1300円ほど。
美術館に行く前に大皿の荷物が増える…という展開でしたが、寄り道はいいもんです。


続いて、こちらは2つセット。
a0180208_2349403.jpg
これもビヨンさんの絵柄入り。
これはコペンハーゲン市内の蚤の市で購入。
SYDが南で VESTが西らしいです。
西はインディアン調なのがかわいい。
東と北は見当たらなかったですが、どんな絵だったのか気になります。

a0180208_23484837.jpg
さっそく工房でペン立てとして活躍中。

ビヨンさんとはBjorn wiinblad(1918〜2006)、陶器の絵柄デザインや花器自体が顔になっている立体モノ作品、ポスターのデザインなどもやっています。
陶器はNymolle社というところから出ていたんですが、こちらも1990年に閉鎖されてしまったので、どれも1970年代くらいのビンテージです。

以前雑誌に出ていたビヨンさんのアトリエは一面の真っ青の壁に陶器がたくさん飾ってあって、すごく素敵でした。
とっても行きたかったけど、残念ながら公開はしていないようで断念しました。


さてさて、続いてはフィンランド編。

アラビアのアンティークは去年いくつか買ったので、フィンランドではなるべく節制しようと思っていたんですが…これは我慢できず。。
a0180208_23485984.jpg
アラビアの限定復刻のレリーフ壷です。

なぜ我慢できなかったかというと…、まぁ元々の買い物好きと、とあるエピソードを聞いたので。

それはこちら。
a0180208_1334995.jpg
石膏型です。

去年までは無かったこのレリーフシリーズ。
アラビアの工場で昨年末に建物内の整理をしていた時、ドアが壁で埋められた部屋が一つ発見されたそうです。
入口が塞がれた部屋...その中にはいくつかの石膏型がしまわれていたとのこと。

工場内の誰もその部屋の存在を知らずにいたそうですが、型の制作年代から考えて戦争中に大切な型を保護するために隠したんではないかと言われてます。
..と、工場見学の時に聞きました。
大国ロシアと元軍国スウェーデンに挟まれてますからね、、フィンランドは戦争にはだいぶ巻き込まれていたようです。

その一部屋埋めてまで守りたかったであろう型での復刻である、こちら。
a0180208_2349119.jpg
ちょっとクラシカルで好きなタイプであるし、せっかくこの時期に工場に来たんだし!
で、連れて帰ってきました。
淡いブルーなど何色かありましたが、シブく黒を。


最後に。
母へのお土産、パラティッシ!
a0180208_23485525.jpg
一番下の大きいのです。
中&小は私が旅行に行く少し前、母が「目白のピーコックでセールしてたの♪」と、本国の工場直営ショップよりかなりお安い価格で購入してきました。。
目白ピーコックよ、なぜ??
なので、せっかくならとセットになる大皿を。

このパラティッシはアラビアの象徴のようなシリーズ。
カイピアイネンのデザイン、カラーと白黒とあります。


以上!たくさん連れ帰ってきました〜。
置き場のことは考えなかったので、未だ居場所が定まっていないものもありますが。。

次回はいつ、どこの国に行けるのでしょうか。
その時のために、またコツコツがんばりまーす。
by tomomikamo | 2012-08-27 02:43 | 番外編 | Comments(4)
Commented by 草 KUSA at 2012-08-27 10:28 x
アラビアの限定復刻のレリーフ壷。逸話を聞くともっと魅力が増しますね。ロシアやスウエーデンから守りたかった型。なんかまだまだ秘密が有りそう。と言うより、秘密が有ったらイイなあ~。
買いあさりレポート、ご苦労様でした。眼の保養をさせてもらいました。
Commented by tomomikamo at 2012-08-28 00:33
KUSAさん◎
買いあさりレポートにお付き合いいただきありがとうございました(^^)
なんか、こういう裏話があると、器の魅力って増しますよね!これから裏話を作る作戦でいこうかしら..とか思っちゃいました。
Commented at 2012-08-28 10:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomomikamo at 2012-08-29 00:33
鍵コメさま◎
先日の件、了解いたしました。
長年の真のファンの方のご意見でさすがだなと思いました(^^)
このフィーバーが落ち着くまでしばらくかかりそうですもんね。
また、なにかの機会にはご相談くださいませ。
<< *アルファベット表札* 2012旅行記*フィンランド編②* >>