ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

秋の花と花器いろいろ

展示から1週間。
工房や工房の庭の片付けもやっと一段落。
今日はPOPOにて陶芸workshopしてまいりました。

さて、本日はCONTEXTで展示していたお花たちをご紹介。
a0180208_0383376.jpg
まずは、毎回枝ものを生けるこのスペース。

花器は織部の大鉢です。
丸い葉っぱの枝は土佐水木(トサミズキ)。
これは実家の庭のもので高枝切りバサミでガツンと切って持っていきました。

あとは、深紅と黄色のカンガルーポーとワレモコウとバラの実。
秋!な感じです。

続いて。
a0180208_0383448.jpg
こちら、会期中に何度か聞かれたピンクの実。
忘れていましたが以前にも展示で使った事のあるものでした。
名前はシンフォリカルポス。
一度じゃ覚えられないカタカナです。。

白い房状の花はオーニソガラム。
花器は展示の度に登場するトルコブルーの筒型です。


こないだも紹介しました、こちらは。
a0180208_038367.jpg
鮮やか赤のダリアとリューカデンドロン。
リューカデンドロンは葉っぱのような花のような個性的なお花で昔からかなり好きです。

びよ〜んと伸びているのは木苺の葉。
花器は瑠璃釉の深鉢です。


あとは。
a0180208_0383935.jpg
ドライのピンクペッパーとユーカリテトラゴナナッツ。
金彩をした大きな高杯に。

a0180208_0384776.jpg
冬な感じのコットンフラワー。
青銅色のピッチャーを花器代わりに。

a0180208_0384323.jpg
ご存知、ヘデラ。
トルコブルー×銀彩の吊り花器から下げました。


最後に。
a0180208_0385056.jpg
これまた庭に成った柿。
織部釉の平鉢とギャラリーの古箪笥と...純和風にしてみました。


秋は実ものが充実しているし、お花も長持ちするので生けやすいです。

いつか、花器ばっかりの展示もやってみたいな〜と。
花器ばっかり...ってどうなるかな、さすがに間が持たないかなと悩み中です。



そして、オマケ。
久しぶりのれんげさん。
a0180208_0385341.jpg
最近、日本犬みたいな佇まいになってきました。
6ヶ月ですが、もう成犬サイズ。

念願の小屋が庭に完成し、最近外生活を始めたばかりです。
基本、昼間はウトウト。
a0180208_0385859.jpg
そして冬毛でモッフモッフ。
ようやく快適な気温になったようです。
by tomomikamo | 2012-11-05 02:04 | ウツワ | Comments(2)
Commented by マタ゜ムm at 2012-11-08 10:50 x
花たちの飾り方 参考になります。なにげに挿したり・置いたりする間隔が 明治生まれの?!私には上手くできません。悩んで・結局 花無し!なんて事になりそうです。
Commented by tomomikamo at 2012-11-10 23:09
マダムmさん◎
いやいや!明治維新&大正ロマン的なお花の飾り方があるじゃないですか〜(^^);...って嘘です。片口にちょっとお花も素敵ですよね♪
<< 富士山ウツワ 「リッタイとウツワ5」終了 >>