ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

新年*金沢旅行紀②

今年も展示に向け、制作スタートしました。
まずは4月頭の十条リトルコでの展示です!


さて、お正月金沢旅行の続きを。
後半は雪が降る中をひがし茶屋街へ。
a0180208_222025.jpg
加賀藩の時代のお茶屋さんがそのまま残っている通りです。

その中の見学できるお茶屋さん「志摩」にて。
a0180208_22242480.jpg
お正月なので芸妓さんが特別お出まししてました。
これが太鼓遊びらしいです。
芸妓さんはやっぱりかわいらしいし、確かに贅沢な遊び。

a0180208_23295463.jpg

朱色の壁がなんとも妖艶。
鶴のお軸に、煙草ケース、お琴、お花はアケビ。

a0180208_22301047.jpg
こちらの床の間も掛け花瓶に蔓と椿とアケビ。
そして、金沢の鏡餅は上が赤で下が白だそうです。
どこの鏡餅もそうでした。

a0180208_2228279.jpg
外は大雪。。。
でも、通りには雪が積もらないよう、常に水が流れています。
北国の観光地ならでは?でしょうか。


雪にめげていたら、加賀棒茶の茶房がありお茶休憩。
a0180208_22272024.jpg
この少し前にお抹茶と和菓子を食べてますが、もう一回!
一日しかいられないので何個でも食べます◎

しかも、この後に辻占という米粉のお菓子を。
辻占はいわゆるフォーチュンクッキーのようなもの。
金沢ではお正月に1年を占って食べるらしいです。

で、こちら。
a0180208_22274086.jpg
「なん が(?) のがれる」
ちょっと文が変ですが、、まあ、「なん」は逃れてくれるにこした事はないので良しとしましょう。。。

お店の中はまゆ玉というお正月飾りで賑やか。
a0180208_22284893.jpg
鯛とか招き猫とか大黒様とかがオーナメント的にぶら下がってます。
これもすべて米粉製。


こんな感じのお正月の金沢。
近江町市場やいくつかのギャラリーはお休みでしたが、独特の風習が観られておもしろかったです。
a0180208_2229550.jpg
思えば、冬にスキー以外で雪の地に旅行したのは初めてでした。
雪山の景色もなかなかいいもんです。



おまけで。
a0180208_0232788.jpg
こちら、日本より真冬な国フィンランドのガラスデザインの展示。
やっと行ってきました。

サントリー美術館「フィンランドデザイン」展
http://www.suntory.co.jp/sma/

a0180208_0233740.jpg
オーロラのインスタレーション。
いつかは本物見てみたいですね〜。

a0180208_0231553.jpg
もちろんオイバさんの作品もたくさん◎
元気かなーと身近に感じます。


さぁ、来週は初窯焚きします。
今年もがんばります!
by tomomikamo | 2013-01-11 00:38 | 番外編 | Comments(2)
Commented by マダ-ムm at 2013-01-14 19:00 x
短時間でも中身の濃い旅でしたですね~  金沢は住んでみたい街の一つでもありますが なんといってもさぶい!
Commented by tomomikamo at 2013-01-15 22:25
マダムmさん◎
金沢は工芸が盛んで本当に憧れの街ですね!
でも、確かにあの金沢のお天気は、一日の雪でパニックの東京育ちには太刀打ちできないかも(^^)です。
旅行で行くのがベスト♪ですね。
リッタウ修学旅行、計画しまーす!
<< 初雪×トルコブルー 新年*金沢旅行紀① >>