ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

NY茶ノ湯展の作品たち

来週に迫りました、ニューヨークでの茶ノ湯展!

「Contemporary Chanoyu Exhibition in New York」
展示サイトができました ↓

http://sara-ya.com/CCENY.html


本日は展示する抹茶茶碗15点をご紹介します!
a0180208_23493940.jpg
「金彩×トルコブルー×白」
Mikeシリーズお披露目です。
お抹茶のきれいな色が映えると思います。


a0180208_23493266.jpg
「金彩×白×トルコブルー」
Mikeシリーズ反転バージョン。


a0180208_23491634.jpg
「艶黄」
碗の高台まわりは淡い空色。


a0180208_23491088.jpg
「トルコブルー」
一番自分らしい色です。


a0180208_2349468.jpg
「青梅色」
梅の季節ではありませんが...匂いたつような感じがこの碗の理想です。


a0180208_23485550.jpg
「艶白」
真っ白ではなく、一部ピンクがかったりシルバーがかったりしております。


a0180208_23484425.jpg
「濃織部」
深い緑の織部。私の好きな日本の渋さです。


a0180208_23483832.jpg
「霧紫」
霧のように紫が覆う碗。


a0180208_23483184.jpg
「艶織部」
こちらは艶っぽく黄色味のある織部。


a0180208_23482334.jpg
「瑠璃」
引き込まれるような瑠璃色は海外に持って行ってみたかったんです。


a0180208_23481549.jpg
「ミントグリーン」
和の色でもありますが、洋食器のなかでも馴染みそうな色。筒型です。


a0180208_2348797.jpg
「トルコブルー」
こちらも筒型。二重に流れる釉模様。


a0180208_2348176.jpg
「白銀」
雪景色のイメージ。一気に冬。


a0180208_23475120.jpg
「群青紫」
今回のなかで一番渋い色。侘び寂びを背負ってもらいました。


a0180208_2347442.jpg
「白銀」
まだまだ冬仕様。
冬のお茶室の炉から香る炭を...想像してください。


後半、演歌調になってしまいましたが以上の15点です。



現地では週末にお茶会が開かれます。
Tea ceremonyです。

憩翠庵(Keisui-An)でのお茶会には着物で行くことにしたので、今日はお茶のお稽古で着付けの復習。
かれこれ3年かかって、よーうやく、一人で着られるようになったので...
がんばります。
着崩れませんように。。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-09-28 01:08 | 展示 | Comments(4)
Commented by otokonoutsuwa at 2013-09-28 08:08
いづれも良いです。群青紫も魅力的だし、トップのMikeも端正で素敵です。どれにするかな~(笑)。しかし、ボク的には艶黄だな~。艶黄でお茶を頂きたい。しかもNYときたら、夢みたいだ。気を付けて行ってらっしゃい。
Commented at 2013-09-28 11:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomomikamo at 2013-09-29 00:50
otokonoutsuwaさん
お!艶黄がご好評いただけたようでうれしいです!!せっかくだからいろいろな色で...と制作しました。
NYではどのような反応になるのか。どきどきしつつ、行ってまいります。
Commented by tomomikamo at 2013-09-29 00:54
kagicommeさん
ありがとうございます(*^^*)
きっかけを頂けたことに感謝して、行ってまいります!
<< Contemporary Ch... 現代茶ノ湯展 @NewYork >>