ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

Paris! 旅行紀

先週までパリにいたとは思えないほど、あっという間に日本での日々に翻弄中です。
なので、思い出します!
展示以外のパリでの滞在記です。

a0180208_23115551.jpg
日本の桜がなごり惜しいな〜と思いつつ出発しましたが、パリにも綺麗に咲いていました。


今回は展示がメインだったので、合間合間をぬって時間を見つけては美術館へ行くという旅でした。

まずは、
a0180208_22494850.jpg
ビーナス!!

とりあえず、到着翌日ルーブルへ。
ニケが修復中なので、行くか悩みましたがビーナスを観に行ってきました。
やっぱり来てよかったと思える美しさ!
全角度から観られるのは実物ならでは。
ストーカーのように四方から写真を撮ってきました。

モナリザは卒業旅行で観た時の記憶が一切残ってないので、今回は記憶するぞ!と撮影無しで観ましたが....
すごい人で、観ている私の頭の上で撮影する人もいて、ぜんぜん落ち着かなかったです。
ガラスに入ってしまっていたし、なんだか残念な感じ。

その他のダヴィンチの作品はまーったく人がいなく、落ち着いて観られました。



今回滞在していたのはキッチン付きのアパルトマン。
しかもサンジェルマン・デプレの真ん中という好立地でした。

地下鉄の駅の出口前で建物の地下にはモノプリという大きなスーパーがあり、疲れたらちょっとお茶しに部屋に帰るという節約もできました。
食事も半分以上は部屋で済ませていました。

a0180208_0455244.jpg
こちら、歩いていけるところで週末に開かれていたビオ・マルシェ。

a0180208_22512420.jpg
オーガニックの野菜やパン、チーズなどなど集めた市場です。
ヨーグルトとシードル、マキちゃんのパーティーフードの材料など買い込んできました。

野菜のディスプレイの仕方がいかにもマルシェ!って感じで、それだけでワクワクします。
そして、日本ではあまり見ない野菜もたくさん。
どう料理するかはわからなくても、とりあえず買いたくなりホワイトアスパラを購入。
...結果、マキちゃんに丸投げし、美味しいソテーが出来上がる◎という具合でした。


展示のメンバーのみなさんとビストロでの夕食会も。
パリ在住の方が予約してくれていたお店でのメイン。
a0180208_045214.jpg
もう、感服の色使いです!

パリでのご飯はどこも美味しかったです。
けど、どうしても日本の料理が恋しくなってしまうのは、しょうがない。
出汁と醤油がないと生きていけないと改めて実感しました。



続いての美術館は、こちら。
a0180208_22533692.jpg
ケ・ブランリー美術館。
2006年にできた、民族歴史芸術の美術館です。

外観は植物学者パトリックブランの垂直庭園。
日本でも金沢21世紀美術館などに作品があります。

そして、この美術館での企画展がなんと!
a0180208_2253732.jpg
インディアン!!
インディアン好きの私にとって、まさかのパリでインディアン衣装の展示に出会えるなんて...興奮しまくってしまいました。

常設展だけでもかなりの見応えがあり時間が足りなかったので、この美術館へは2度通い、初めて観る本物の羽根飾りを堪能してきました。



もうひとつ、必ず行こうと計画していたルーブル・ランス。
a0180208_22592377.jpg
パリから電車で1時間程の田舎町にできたルーブルの別館です。

この建物、日本人建築家のSANNAの設計。
これまた金沢21世紀美術館や軽井沢の千住博美術館を建てているお二人です。

展示室が、かっこいい!
a0180208_22532233.jpg
大きな一部屋で、壁はなく、作品が点在しています。

奥の壁には年代の目盛りが。
最初が紀元前3500年からスタート。
進むにつれ、紀元後〜現代の作品が並んでいます。
年代に沿って、世界中の美術品が観られるというすごく興味深い展示でした。
規模もちょうどよく、のんびり満喫できました。


その他の美術館はオルセーとオランジュリーへ。
最終日、ギリギリで行ったオランジュリーはとても良かったです。
作品が観やすく、モネの睡蓮の間は幻想的でずーっといたいなという空間でした。
ビーナスで始まり、モネで締めくくれたのはパリらしくて良かったです。


そんなこんなで大忙し。
パリは治安が良くないから気をつけて!とたくさん助言をもらっていたおかげで、注意しながら行動していたので、危険な目にあうことはなかったです。
地下鉄に乗る時は怖い顔をする。という自衛策で、一人でムッと眉間に皺よせて乗り、どこでも行って来れました。

逆に危険なのは、洋服屋さんがありすぎる事。
しかも、かなりかわいい!...非常にキケンでした。

やっぱり、パリは本当に本当に洒落た街。
特におじさん、おばさんがおしゃれ。
a0180208_2252565.jpg
犬もおしゃれ。

世界中の人が憧れるのも納得です。
a0180208_2250476.jpg
最後はアスティエ本店のお皿ディスプレイ。
ハート柄がかわいいと思ったのは久しぶりでした!

色使いとセンスを観に、また行きたいな〜〜と思う街でした。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-04-20 00:36 | 番外編 | Comments(2)
Commented by otokonoutsuwa at 2014-04-20 08:34
たくさん書いてくれて、ありがとう。生き生きと伝わって来ました~。サンジェルマン・デプレの真ん中に滞在できたのは凄く良かったですね。しかもアパルトマンタイプなんでしょ。パリのお惣菜屋さんは美味しいから部屋食がイイよね。。飲み水の確保がめんどうだけど。買い忘れちゃう。ホワイト・アスパラ~ボクも30年位前に初めてパリで食べたョ。美味しかった~。玉子のスープに入ってました。あとフルーツも美味しいよね。それからチョコレートケーキもパリは美味しい。あ、食べ物の話ばかりだ(笑)
Commented by tomomikamo at 2014-04-23 00:56
otokonoutsuwaさん
パリでの食べ物ネタはつきないですよね!スーパーが下にあるのはとっても住みやすい環境でした。しょっちゅう、手ぶらで買い物に行ってました◎ 展示のご準備、追い込みがんばってくださーい。
<< 色とりどりの器展@東急吉祥寺 Bonsoir. Je sui... >>