ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

Learn about Color and English!!

New York報告ラストです!

ちょっとだけ英語が耳慣れてきていましたが、あっという間に吹き飛んでいってます。。
なので本日は英語のレッスンも兼ねて。
長編ですよ〜。

ラストは今回の展示テーマの「色」についてです。
a0180208_0361812.jpg
私の作品全てのテーマでもある色。

とにかくディスプレイでも色合わせをしている時が一番楽しいし、
釉薬の色の組み合わせを考えている時も没頭します。
そんな色をメインにいつか展示をしたいと考えていました。

ニューヨークの展示時期がThanksgiving Day収穫祭直前だったこともあり、
「日本の色、色の収穫」
“Color of Japan, Color Harvest”
と題しました。
この題は響きがとても好きで、準備中もいい展示にしよう!とモチベーションが上がりました。


日本の色名は自然や季節、植物などから由来してついているものが多く、とても美しい呼び名があります。
そんな呼び名で表現した15色。

では、15色の色について詳しくご紹介していきます。
この色の説明は染師 吉岡幸雄さん著書の大好きな本「日本の色辞典」 より文をいただいています。
英訳は宗碧さんに監修していただいているので、安心してご覧ください。

a0180208_0242678.jpg
藤色 Fuji-iro
春の終わり頃から淡い紫色の花房を優美に垂らす藤の花。その淡い青みのある紫色。 藤は日本人にとって馴染み深い花木であり、平安時代に政権の中枢をとった藤原氏ゆかりの色で、平安時代には色のなかの色とされた。
“Fuji”, a wisteria, flowers at the end of spring, draping its light-purple petals gracefully. This color is a light-bluish purple. Wisterias are very familiar flowers to japanese. The color was connected to a well-known political family in the Heian period and regarded as the color of colors.

a0180208_0294022.jpg
卯の花色 Unohana-iro
わずかに青みがかった白色。卯の花は空木の木に咲く夏の花だが、雪のように白い花を咲かせることから古来より白さを形容する言葉として用いられた。
It is slightly bluish white. “Unohana”, a deutzia, which has a hollow trunk and flowers in summer, has been used to express whiteness itself since ancient times because of its white flower like snow.

a0180208_0291499.jpg
浅葱色 Asagi-iro
薄い葱の葉のような色という意味の藍染めの薄い青色。 この色が広まったのは江戸時代で新撰組の羽織の色でもある。
This is light Indigo-blue and means the color of the thin skin of a scallion. It became popular in the Edo period and was the color of the haori coat of Shinsengumi.

a0180208_029546.jpg
空色 Sora-iro
青といえばまっさきに連想される空の色。 昼間の晴れ渡った空の明るい青色。
This is the color of sky, which comes to mind when you think about the sky. It is a bright blue that you can see in the sky when it is clear.

a0180208_0292082.jpg
左:桜色 Sakura-iro
春の陽を受けて美しく咲きそろった満開の桜の花の、ほんのりと色づいた淡い紅色。日本人にとっては桜ほど愛おしい花はなく、平安の昔から馴染みの深い山桜の色。
This color is the light red of cherry blossoms fully out under the spring sunshine. Cherry blossoms are the most beloved flower among japanese, and this color came from familiar mountain cherry blossoms.

右:刈安色 Kariyasu-iro 
刈安という植物で絹を染めた美しく澄んだ黄色。 黄系の色名のなかでもっとも古く、奈良時代「正倉院文書」にも登場する日本の伝統色を代表する色。
This beautiful, clear yellow is from a silk dyed with a plant named “Kariyasu.”It is the oldest color among yellows and represents a traditional japanese color mentioned in the records in the Shoso-in, the treasure house built in the 8th century.

a0180208_0285934.jpg
左:緑青色 Rokusyou-iro
銅が酸化して生じる錆、緑青のような明るいパステル調の青緑。神社仏閣などの建築物、彫刻の彩色に用いられ、また日本画にも欠かせない顔料の色。
“Rokusyo”is a light, pastel, bluish green from the patina, or rust of copper. It has been used in traditional buildings, such as Shinto shrines and Buddhist temples and sculptures. It is also a necessary pigment in Japanese painting.

中:瑠璃色 Ruri-iro   
ラピスラズリ、青金石と書く青く輝く石玉の色。古代から洋の東西を問わず尊ばれた青い石は仏教の教典においても、金、銀、瑠璃、水晶と記される四宝の一つ。
This is a color of a bright blue stone called lapis lazuli, or a blue-gold stone. This blue stone, which has been valued in the world since ancient times, is one of the four great treasures written about in Buddhist scriptures, along with gold, silver and crystal.

右:女郎花色 Ominaeshi-iro
秋に黄色い粉をまき散らしたような花をつける女郎花。その、かすかに緑がかった黄色い花の色。 女郎花は「万葉集」にも詠まれ、古くから親まれてきた花。
“Ominaeshi”is the plant that flowers in autumn in a way of scattering yellow powder. This color is from it, which is a slightly greenish yellow flower.


a0180208_23485835.jpg
左:千歳緑 Chitose-midori
不老長寿の象徴といわれる常磐の松。その葉のようなくすんだ緑色。常に変わらない緑を讃える色名。
A pine tree is said to be the symbol of agelessness and longevity. This color is from its dull-green leaves. The name of this color means millennium green, named in admiration of its being evergreen.

中:葡萄色 Ebi-iro   
葡萄は今ではブドウと読むが、エビと読んで葡萄葛のことを指した。葡萄葛とは山葡萄の古名であり、その実が熟した紫色。古くから王朝や宮廷の人々にも親しまれた魅力的な色。
“Ebi”used to mean a grape, which is now called“Budo.”It was actually a mountain grape, which is purple when it gets ripe. This is an attractive color that was popular even with the people at court.

右:鶸色 Hiwa-iro    
黄味がかった明るい萌黄色をさす。 鶸はスズメ目の小形の鳥で日本には数十種が生息し、多くは冬鳥として大陸から渡来する。その鶸の羽色である緑黄色に由来する色名。
This is a bright, yellowish green. “Hiwa”is one of kind of sparrow, ten kinds of which inhabit Japan while migrating from the Eurasian Continent in winter. The name of this color originated from the bird with yellowish green feathers.


a0180208_2349963.jpg
左:胡粉色 Gofun-iro
ごくわずかに黄味がかった白色。イタボガキなどの貝殻を焼いて粉末にした色。日本画にも使われる顔料の白。
It is a slightly yellowish white, made by firing and powdering seashells, such as oysters. It is also used as white pigment in Japanese Painting.

中:墨色 Sumi-iro   
墨であらわす黒に近い灰黒色。古来から黒染めの衣という表現で僧侶の衣や喪に服す色として使われてきた。
This is the gray black close to“Sumi”, India black. It has been used in clothing for Buddhist monks and people in mourning.

右:朱色 Shu-iro  
赤系の色の中でもっとも代表的な色。わずかに黄がかった鮮烈な赤、輝く太陽の色。縄文時代からあった古い色で土偶や土器にもあしらわれた色。
This color is the most typical of red colors. It is vivid, slightly yellowish red, which is the color of the shiny Sun. It has been used since the third century B.C. in Japan and was used to decorate clay figures and earthenware.



そして、この15色の色のほかに、金継ぎの作品と岩戸窯での薪窯の作品も展示しました。
せっかくなのでこちらについても英訳を...
a0180208_0343864.jpg
金継ぎ Kin-tsugi
茶の湯が隆盛した室町時代に始まったとも言われる日本伝統技術のひとつ。修復した跡を「景色」と呼び、趣きを楽しむ。割れた陶器を漆で接着し、継ぎ目に金を装していく技法。これらの作品は伝統的な本漆を使う技法ではなく、新たな技法を使い金継ぎを再現したものです。壊れてしまった器たちが甦り、新たな作品が生まれました。
This is one of the traditional Japanese crafts, which is said to have started in the Muromachi period, when the tea ceremony started to prosper. Seams after repair are called “Keshiki”or scenery, and people come to appreciate it for itself. It is the technique of gluing a broken ceramic back together with lacquer and putting gold over the seams. These artworks were reproduced by Kin-tsugi with a new technique that is different from the traditional way of executing Kin-tsugi with lacquer trees. Broken ceramics are revived as new artworks.


a0180208_034759.jpg
薪窯焼成 Makigama-shosei
登窯で松の薪を焚いて焼成する、古くから伝わる焼成法。薪の灰が被って出る 自然釉(ビードロ釉)や緋色の発色は土と炎が織りなす芸術として、古来の茶人にも愛されていた。これらの作品は伊豆の薪窯「岩戸窯」で四日四晩をかけて、6トンの薪を使い焼成したものです。
This is a technique, coming down from olden times, of firing pottery with pinewood in a climbing kiln. Natural glaze made from ash of wood was beloved by ancient tea masters as art made by the clay and the fire. These artworks were fired in “Iwato Kiln”in Izu for four days and four nights with thirteen thousand pounds of wood.



はーーーい、長かったですね!
全部読めた方はけっこうな英語学習になったかと思います。


最後に。
a0180208_0302767.jpg
こちら、陶芸ワークショップの様子。
イベント盛りだくさんだったんです。

a0180208_0301713.jpg
ニューヨークでも陶芸をレッスンできてうれしかったです。
みなさんの作品、大切に持ち帰り只今焼成中です。
焼き上がったら、再びニューヨークに送ります。


今年後半は展覧会続きで緊張と楽しさで大忙しの日々でした。
無事に展覧会を終えられ、そして、たくさんの方に作品をご覧いただけて充実した時間でした。
ありがとうございます。


しっかり充電して。
また、次の展示にむけて。
これからもがんばります。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-12-12 01:56 | 展示 | Comments(0)
<< 新春 祝い市@伊勢丹新宿 宗碧さんの“special”お茶会 >>