ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

カテゴリ:展示( 87 )

「リッタイとウツワ 7」@阿佐ヶ谷CONTEXT-S

秋の展覧会のお知らせです。

鴨下知美 陶展「リッタイとウツワ 7」
a0180208_2347999.png
2014/10/23(木)〜28(火)
12:00〜20:00

阿佐ヶ谷ギャラリー CONTEXT-S
a0180208_23503189.jpg
会期中は全日在廊しております。

なんと阿佐ヶ谷での展示は7回目!!
早いもので...。
大好きなギャラリーでの毎年の展示。
とてもありがたいことです。

あと2週間、もう少し準備をがんばります。
ぜひお時間いただけたら嬉しいです!



展示の作品もいろいろ出来があがっております。
前回の抹茶茶碗の続き。
a0180208_2350122.jpg
好みのトロトロ釉。
赤土地に艶白の釉薬の筒型茶碗です。



同じく筒型。
a0180208_23471023.jpg
トロりと黒釉流れ。


こちらも艶黒。
a0180208_23472327.jpg
手にしっくり馴染む丸型。

見込みは
a0180208_23471769.jpg
トロトロです。


今日は渋い系で最後はこちら。
a0180208_23484695.jpg
力強い色。


まだまだ、ぎりぎりまで窯焚きしまーす!



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-10-09 00:34 | 展示 | Comments(0)

1000 CUP MARCHE@伊勢丹新宿

スーパームーンでしたね。
まんまる黄色い月を眺めつつ、夜の搬入に行ってきました。

a0180208_0452691.jpg
1000CUP MARCHE!!
100人の作家が10点ずつ出展する新宿伊勢丹の恒例企画。
今回は1000点のカップ&ソーサーです。

明日から9/23(火)まで。
伊勢丹新宿 本館5階リビングフロア
http://sara-ya.com/1000CUP2014.html
http://www.miguide.jp/onlymi_fa/cup/index.html

ずらり並んだカップ&ソーサーは個性いろいろで見応えあります。
明日の初日は賑わうのではないかなと思います。

出展している作品をご紹介。
a0180208_036780.jpg
ターコイズ×マット白
こちらは伊勢丹のカタログに掲載されたようです。
まだカタログ探せず...今度探しに行ってこようと思います。

a0180208_036221.jpg
マット白×ターコイズ
反転バージョンです。

a0180208_0355226.jpg
一部紫の入ったごく淡いブルー。
細身のシルエットです。

a0180208_0353917.jpg
艶白。
コーヒー色が映えそう。

a0180208_0343133.jpg
先ほどのピンク×艶白。
口の広いティーカップタイプ。

a0180208_0343929.jpg
イエロー×艶白。
こちらもティーカップタイプ。
紅茶はたっぷり飲みたいですもんね、容量たっぷりです。

a0180208_034021.jpg
瑠璃のエスプレッソカップ。
こちらは濃いめを少量タイプ。

a0180208_0335069.jpg
艶白のエスプレッソカップ。

今回の企画の担当の方曰く、
「昨今のコーヒーブームにともない、自ら焙煎から手掛ける人が多い中、入れ方のみならず入れる器にもこだわって欲しいとの想いから開催に至った」
そうです。

カップ&ソーサーはお客様用のものではなく、自分用に◎
ちょっとスペシャルな気分で選んでいただけたらと思います。

秋冬ものがたーくさん並ぶ伊勢丹にショッピングと共にぜひ覗いてみてください。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-09-10 02:06 | 展示 | Comments(0)

お窯さん on strike

最高気温記録中@練馬。
はいはい、暑いですよ〜。

a0180208_0135768.jpg
こちら真鶴。
ギャラリーaToさんからの眺め。
正面の街が熱海です。

a0180208_014378.jpg
「TOとKO展 in 真鶴」日曜日に終了いたしました。
いらしてくださった皆さま、ありがとうございました!


そして、今月24日の日曜日に一日だけ都内でも開催します。
a0180208_019377.jpg
「TOとKO展 in 青山」
根津美術館近くのサロンTUMIGUにて。

8/24(日) 12:00〜18:00
サロン TUMUGU
http://www.tumugu-aoyama.jp/
地下鉄 表参道駅より徒歩8分
東京都港区南青山4-25-26
tel 03-5466-6250

ぜひ、いらしてください◎


まだまだ開催中のこちらも。
a0180208_0141224.jpg
「MASTER of CURRY」in 新宿伊勢丹。
8/12(火)まで
伊勢丹 新宿店本館5F イーストパーク
http://isetanparknet.com/news_event/page264.html
http://sara-ya.com/MOC.html


展示が一段落して、工房ではガンガン制作中。
.....なのですが、今日のお窯さんは超不機嫌!
まあ、暑いですから、ここ練馬ですから、いや〜な予感はしたんですけどね。

大事な夏場の本焼きだというのに、ストライキですよ。
途中温度が上がらなくなり、汗だくだくで調整するも、無理!
こうなったらしょうがないので止めて、日を改めて焚きなおしです。

はぁー。
予定していた作業が進まないのはとても消化不良。


なので、緑に癒されましょう。
a0180208_0143417.jpg
和む〜。
こちら、工房グリーン計画を進めているのを知った伯母が「つりしのぶ」作るといいよと植物と水苔などを持って来てくれ、 つりしのぶ検索をして見よう見まねで作ってみました。

a0180208_0142662.jpg
念願の蔓モノも!
水やりはさらに大変になりましたが、ジャングル感が増していい感じです。


最後に。
本気の夏バテ気味のれんげさん。
a0180208_0143921.jpg
だいたいこんな具合。。
あいかわらず舌でちゃってます。
呼びかけてもチラっと見るくらい。。

たまに、ちょっと撫でて〜って出てきますが
a0180208_116122.jpg


やっぱダルい〜
a0180208_0145276.jpg
というダラダラな日々。


さて。
焚き直しでは窯サマのご機嫌がなおってくれますように。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-08-06 01:20 | 展示 | Comments(2)

「TOとKO展 」in 真鶴

真夏のお天気が続きますね〜
夏休みも真っ盛り!海!!
a0180208_22214839.jpg
真鶴の海を見渡すギャラリーでの「TOとKO展」が先日の日曜日からスタートしました。

ギャラリーaToさんの素晴らしい眺め。
a0180208_22222048.jpg
ここに中山さんの心地よい、いい香りが広がります。
リラックス効果すごいです。

a0180208_22215995.jpg
白釉バーナーとグリーンの精油瓶も映えます。


今回からの新しいストーン。
a0180208_22223565.jpg
蓮ストーンと精油「想」

a0180208_2223441.jpg
巾着入りの向かい兎の刻印ストーン。

a0180208_22224896.jpg
香りを身につけられるアクセサリーも。


このところ真鶴&熱海方面へ行く事が多く、ロマンスカーがもはや通勤電車に。
でも、あちらまで行くと美味しいものもたくさん♪
生徒さんオススメのお寿司屋さんに行ったり、ギャラリー近くのオーナーさんオススメの料理屋さんには日曜日に伺う予定です。
今日は母とお友達たちが熱海の壺中庵さんに行って、美味しいランチに興奮したままギャラリーに寄ってくれました。

真鶴には最終日の日曜日にまた在廊します。

「TOとKO展」
2014/7/27(日)〜8/3(日)
13:00〜18:00
ギャラリーaTo
http://ato-g.com/
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1572-8
tel 0465-42-9095


そして、工房では「あづーーい」と呟きながらの窯出し→釉掛け作業。
a0180208_22231249.jpg
素焼き器の色は涼しげ。
でも、このままでは...ねぇ。
また呟きながら、窯入れ→本焼きです。

これからしばらく夏色器の制作期間です。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-07-30 23:02 | 展示 | Comments(0)

「MASTER of CURRY」@新宿伊勢丹

梅雨明けー!夏ー!
といえば、カレーー!

ということで、明日から新宿伊勢丹でカレー器の展示に出展します。
a0180208_0551559.jpg
「MASTER of CURRY」
-色も味わうデザインカレーの秘密-
2014/7/23(wed)〜8/12(tue)
伊勢丹 新宿店本館5F イーストパーク

http://isetanparknet.com/news_event/page264.html
http://sara-ya.com/MOC.html

東京カリ〜番長ことカレー研究家の水野仁輔さんによる7色のカレーのレシピと20人の作家による7色のカレー器の展示です。
私はグリーンの器担当。
約40点出展しています。

器だけでなく、スパイスやカレー鍋、レードルなど、カレーに欠かせないものもいろいろ展示で夏らしいイベントになりそうです。


そんなこんなで、グリーンのカレー皿をひたすら作り続けていました。
a0180208_0575788.jpg
グリーンといえば、織部ですよね。
そして、カレーといえば平ボウル。

a0180208_0574074.jpg
艶織部のプレーンなタイプ。

a0180208_0562573.jpg
外があめ茶、内側が織部。

a0180208_0573286.jpg
外がマット白、内側が艶織部。

a0180208_058499.jpg
荒め赤土に織部。
渋い系。


平ボウルだけでなく、リムもあります。
a0180208_057454.jpg
艶織部。

a0180208_0572970.jpg
濃織部。

形も大きさもいろいろです。
カレーライス、タイカレー、インドカレー。
お好きなカレーに合わせて器も変えてみるとか。


なにせグリーン担当なので、取り憑かれたように織部を焼きました。
同じ緑でもいろいろなのが、楽しみのひとつ。
a0180208_0585123.jpg
ツヤツヤの黄味がかった織部。

a0180208_058949.jpg
ビリジアンのようなマットな青みの織部。

a0180208_0575385.jpg
白×淡い織部と一番好みのザ・織部。

夏まっ只中、3週間のイベントです。
伊勢丹にお買い物の際には、ぜひ覗いてみてください。


そんな織部たちを窯出ししていた時に、なにげなく重ねた器。
a0180208_059521.jpg
白、艶黒、瑠璃、織部。
とても好きな組み合わせでした。

このまま入れ子の作品にしてしまいたいなと思うほど。
生徒さんのが一つあるので断念でしたが。。


今年も安定の猛暑のようです。
夏バテせぬようがんばりましょう。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-07-23 01:48 | 展示 | Comments(0)

「TOとKO展 2014」@真鶴&青山

今年も開催します、TOとKO展!

アロマ作家の中山久留美さんとのコラボレーション展です。
a0180208_0451581.jpg
真鶴にて。

...真鶴!
初めての展示をする土地ですが、とても素敵なギャラリーがあるんです。

DMの写真撮影もさせてもらったこちらのギャラリー、窓の外は一面の海!
なんですが、撮影時はちょっと曇っておりまして。。

とても眺めの良い地にある個人宅のギャラリーです。
夏にはぴったりの真鶴、土地勘のある方も、何かないとなかなか行かないという方も。
遠方ですが、もしもお時間いただけましたら嬉しいです。


展示作品は中山さんのオーガニック精油やアロマバーナー、陶ストーンなど。
a0180208_0453452.jpg
こちらは新作のバーナー。
シンプルでどんなお部屋にも合うかと思います。
和室にもいいですよ。
ロウソクの炎を覆うタイプなので火が消えにくく安心。


陶ストーンと精油のセットも。
a0180208_0453141.jpg
染みこませて持ち歩く用に織布の巾着付きです。

そのほか、蓮ストーンと「想」という新しい香りのセットなどもあります。

「TOとKO展」
2014/7/27(日)〜8/3(日)
13:00〜18:00
ギャラリーaTo
http://ato-g.com/
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1572-8
tel 0465-42-9095

私は7/27.30.8/3に在廊します。


そして、真鶴までは少し遠いという都内の方に。
a0180208_0452163.jpg
8月に青山にて一日だけのTOとKO展も開催します。

8/24(日) 
12:00〜18:00
サロン TUMUGU
http://www.tumugu-aoyama.jp/
地下鉄 表参道駅より徒歩8分
東京都港区南青山4-25-26
tel 03-5466-6250

こちらは青山の根津美術館のすぐ近くです。
都心の真ん中ですが、とても静かな落ち着いた場所。
小さな赤いテントが目印のサロンです。


そして、どちらのギャラリーでもワークショップをします!
『自分だけのブレンド精油とオリジナルストーンを作ってみませんか。』です。

中山さん監修での好みの香りを選んでブレンド精油作りと、私はお好みのアルファベットや数字で焼き締めストーンをお教えします。
a0180208_0452467.jpg

真鶴のギャラリーaToでは、7/27(日) 14:00〜で、材料費込み3500円。
青山のサロンTUMUGUでは、8/24(日)13:00〜と16:00〜で、材料費と送料込み4000円。

ご興味のある方は私のホームページのコンタクト欄より、ご予約ください。
http://rittau.jimdo.com/contact/


今は台風でちょっと荒れていますが、この展示の頃には真夏が到来している事でしょう。

そして、あとは決勝を残すのみのワールドカップ。
1ヶ月前までネイマールがどこかの地名だと思っていた私の友人も、今や5時に起こして!と言って準決勝を観るまでに。。
あとちょっと楽しんで夏を迎えましょう〜!



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-07-11 01:36 | 展示 | Comments(0)

展示いろいろ*お知らせ

ゴールデンウィーク始まりましたね!
後半のお天気に期待しましょう。

本日は5月の展示のお知らせいろいろ。
まずは
a0180208_23311046.jpg
「手の技とともに生きる」展

京都グランドハイアット内 セレクトショップ京にて。
2014/5/19(月)まで。
http://www.selectshopkyo.com/

人の手から生み出された作品をテーマに集まった“もの”たちの展示です。
アロマ作家の中山久留美さんとのコラボレーションで制作している陶ストーンやアクセサリーを出展しています。

a0180208_23312260.jpg
こちら、精油と陶ストーン、織巾着の桐箱入りのセット。
久留美さんの天然精油をストーンにしみ込ませ、巾着に入れて持ち歩くことができます。
大切なプレゼントにもいいかと思います。

今回のセットのこちらの巾着は
a0180208_23281776.jpg
サポート by 母。
母の織布を使った巾着です。

久留美さんとのコラボレーション展「TOとKO展」は今年は夏に真鶴のギャラリーで開催予定です。
都内での展示はしばらく予定がないので、もし桐箱セットや精油などをご希望の方は私へご連絡ください。


続いて。
ゴールデンウィーク明けに
a0180208_23273683.jpg
今年も開催される伊勢丹での「1000MUG Marche」に出展参加します。

2014/5/7(水)〜20(火)
新宿伊勢丹 5F グローバルダイニング
http://sara-ya.com/1000MUG2014.html
0561〜0570に写真掲載あります。

今年は「春なごり」と「夏待ち」というテーマで5点ずつを会期前半後半で展示します。
100人の作家の様々なマグたち。
今回も見応えありそうです。
伊勢丹へのお買い物と一緒に、ぜひ◎



そして先日、金継ぎ展の終了お疲れさま会が開かれました。
メンバー全員、無事帰国し、何事もなく会期が終えられて本当に良かったです。

お疲れさま会では代表の伊藤先生のご厚意で、マキちゃんのケータリング。
a0180208_23331323.jpg
野菜多めの優しいお料理。

a0180208_233306.jpg
デザートはイチゴパイ。
ハナミズキを纏って美しく美味しかったです。


さて、花粉も去り5月です。
また制作期間に入ります!


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-04-30 00:48 | 展示 | Comments(2)

色とりどりの器展@東急吉祥寺

やっと空気も澄んできて、一番気持ちのいい季節が来ましたねー!

いきなりのお知らせですが、色とりどりの器たち。
a0180208_1265294.jpg
本日から1週間、吉祥寺東急の7階で展示をしています。

リビングフロアの一角、テーブル一つ分のスペースでのこじんまりとした展示です。

a0180208_165593.jpg
春から初夏にかけてのカラフルな食卓をイメージ。

もうすぐ母の日という事もあり、フロアの商品も華やかなものが多いです。

お隣にあるのは波佐見焼きの飯碗。
a0180208_112059.jpg
...箱、スゴすぎ。
凝りに凝ってます。
桐箱×柄フタのBOX入り。
産地もがんばっているんだなーと思いました。

そのほか、デパートの食器売り場のラインナップというもの、改めて見てみて、とても勉強になりました。

吉祥寺という場所もあるのか、平日昼間でもお買い物の女性のお客さんがフロアには多かったです。
初めて作品を観てもらった方からの感想を聞ける貴重な場でもありました。

明日も18:00まで展示場所にいます。
それ以降は私は展示場所にいることができないのですが、来週の水曜日まで開催しています。

4/24(木)〜30(水)
10:00〜20:00 (最終日〜18:00)
東急吉祥寺店 7階リビングフロア 食器売り場内


こちらは、昨日の搬入準備中の工房テーブル。
a0180208_17680.jpg
帰国後ノンストップでしたが、この展示まで辿り着けてよかったです。

平日も休日も人の多い吉祥寺ですが、お近くにお買い物のある方はぜひ〜。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-04-25 01:29 | 展示 | Comments(0)

Je vais à Paris avec navire! (器と共にパリに行く!)

グーグル翻訳でフランス語に変換してみました。
まったくわからない...明日からが心配ですが、ジェスチャーで乗り切ってきます。

さて、パリに連れて行く作品の続き。
a0180208_23555361.jpg
淡い紫の平皿に色ガラスを呼び継ぎしたもの。

割れた状態はこちら
a0180208_23552773.jpg
破片の一部を色ガラスに置き換えます。
ガラスの透明感と発色は陶器では出せないので、憧れもあり、取り入れてみました。

そして
a0180208_23535170.jpg
継ぎ合わせる。
淡い色にも金が映えます。


同じくガラスと平皿の呼び継ぎ。
a0180208_23561170.jpg
ブルーの平皿に黄色の柄の入ったガラスを。
自然な割れ方ですが人の模様のようにも見えて、これもおもしろいかなと思います。


こちらは、今回の展示の参加メンバー全員で制作している白プレートの「あ・そ・び」金継ぎ。
a0180208_23564093.jpg
私はまっすぐに割れた割れ目の上にあわじ結びの水引を。
こちら、引っ張ってもほどける事のない結び方で、末永いお付き合いをという意味があるそうです。
金継ぎで再びついた器もほどけることがありませんように。

日本のこういう細かいところにも意味がある文化というのは、とても素敵だなと思います。
フランス語で説明することは到底無理ですが、通訳くださる方がいるので少しでもコンセプトが伝えられたらいいなと思います。


続いて。
a0180208_23565294.jpg
瑠璃の抹茶茶碗に白陶片の呼び継ぎ。


a0180208_23564682.jpg
紫窯変の鉢に深紅グラスの呼び継ぎ。
これは以前に制作したもので、金継ぎの作品の中で一番気に入っているので連れて行くことにしました。


さて。
まずは朝の空港までのバスに遅れないよう、がんばります。
行ってまいります!


kuh金継ぎアート「あ・そ・び」展
2014/4/8(火)〜12(土) 13:00〜19:00
Espace Japon
12 rue de Nancy 75010 Paris
http://www.espacejapon.com/



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-04-04 00:55 | 展示 | Comments(2)

Kuh金継ぎ教室「あ・そ・び」展 in Paris!

春の嵐の後、来週は桜で騒がしくなりそうですね。
先日までの十条リトルコでの展示にいらしてくださった皆様、ありがとうございました!

展示終わりで一息ついたらあっという間に4月。
そして、4月は金継ぎの展覧会@パリ!があります。
a0180208_23374638.jpg
kuh金継ぎアート「あ・そ・び」展

2014/4/8(火)〜12(土) 13:00〜19:00
Espace Japon
12 rue de Nancy 75010 Paris
http://www.espacejapon.com/

a0180208_23373918.jpg
私の所属するkuh金継ぎスタジオの伊藤和江先生が主催です。
スタジオのメンバー18名での展覧会。
昨年から楽しみに準備していた展示です。


ふと気付けば、もう来週には出発。
卒業旅行以来のかなりお久しぶりなパリ。
今回は展示がメインなのであまり観光はできませんが、いくつかの美術館は観てきたいと思います。

そして、出展作品。
a0180208_23353317.jpg
トルコブルーの小皿と九谷の骨董小皿の呼び継ぎです。

「呼び継ぎ」とは欠けて破片の無くなってしまった器にだいたい同じ大きさの器の破片を埋め込んで補う補修法です。
私のこの作品は互いに組み合わせて補い合うようにしました。

金継ぎの方法としては、新漆という新しい素材を使った初歩の技法です。
伝統ある本漆での金継ぎは日本の誇る技法ですが、とてもとても時間と技術の必要な作業です。
私はまずは、欠けてしまった器を甦らせるという点からの入口です。
それでも、傷を景色として楽しむ美を感じていただけたらと思います。

その他の骨董器との呼び継ぎは
a0180208_2336297.jpg
鶴の赤絵皿と瑠璃の陶片のMIX。


a0180208_23354645.jpg
鶴亀の染め付け皿と紫の陶片のMIX。


a0180208_23355436.jpg
竹と鳥の絵皿と織部の陶片のMIX。

どれも、コツコツ集めた日本のとってもおめでたい文様の小皿たち。
そこに私の器の破片を埋め込みました。
この呼び継ぎをはじめてから、割れた器の破片を集めておくようになり、工房が破片だらけになりつつあります。。


このほかにも数点連れて行ってまいります。
ほかの作品はまた次回ご紹介します。

ギリギリですが、もう少し仕上げの作業をがんばらねばです...。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-03-31 01:00 | 展示 | Comments(0)