ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Last.お茶タイム

今日は大山の陶芸教室最後の日。

作品展したり、薪窯合宿したり、毎回必ずお茶タイムしたり。
生徒の皆さんからいただいたお菓子での甘いもの休憩。
いつもワイワイととっても楽しい時間でした。

本日、大山で最後のお茶タイム。
a0180208_1211734.jpg
「ガンバレ!リッタウ」の文字入りプレートに感動。
はい◎がんばりマス。と心に誓いました。

a0180208_1211347.jpg
こんなにかわいい花束まで頂いてしまい、幸せものです。
教室の大先生、事務所の皆さん、そして個性的でとっても素敵な生徒の皆さんに本当に感謝です。

教室としては明日まであり、まだ作品受け渡しや片付け等もありますが、もうあの場所での作業を見る事が出来ないのは寂しいです。

別れは次へのステップ。ステップ。
次なるところへ。
by tomomikamo | 2011-02-27 00:11 | 工房リッタウ | Comments(9)

ズンドー

今日は老人ホームにておばあちゃん達の陶芸教室。
電動ろくろで成形します。
私は正面にしゃがみ、カタチが歪まないよう必死で手を添えフォロー。
皆さん、とっても真剣に作ります。

ただ、ちょっと忘れっぽいお年頃のため、次の時には「これ私が作ったのかしら?」と新鮮な反応をくださったりします。
でも出来上がった作品をすごーく喜んでくれるので、こちらも嬉しい。

今日はみなさん、どっしり底広の湯のみを成形しました。
熱いお茶を入れるのでやっぱり、安定がいちばん。

私の湯のみも最近は底広型が多いです。
a0180208_2315020.jpg
くびれ一切なしの寸胴。
a0180208_2315435.jpg

口に向かって狭くなる台形型もいいなぁと構想中です。

それにしても、まだ花粉が来ない。
サングラスとマスクとスースー飴を毎日持ち歩いているのに出番なし。
もしかして、もしかして、治った!?
とほのかな期待をしちゃってます。
あと何日もつか・・・。
by tomomikamo | 2011-02-22 23:17 | ウツワ | Comments(0)

相棒2

って!タイトルが水谷豊になってしまった!!
映画じゃないです。

私の大事なパートナーお窯さん。
大御所の灯油窯にフレッシュな若者が新たに参入。

こちら、
a0180208_224165.jpg
小型電気窯のプティさん。
・・・命名は私ではなく発売元です。

確かにかわいい。
フタはちょっとおしゃれなパステル水色♪
家庭用100V対応の小回り利く子です。

a0180208_2242281.jpg
中もプティ。

100Vとはいえ、やはり相当な熱量を使用するので、電気屋さんに相談したところ専用コンセントを引く事に。
先日工事を終え、やる気まんまんです。

そんな気配を察知したのか、昨日の灯油窯兄さんはご機嫌ナナメでした。
温度が上がらなくなり、とっても手こずりました。

若手は兄さんの力には到底かなわないのに・・・。
まぁ、こうゆうワガママ言いたくなる気持ち、わかるんで許します。
by tomomikamo | 2011-02-19 22:39 | 工房リッタウ | Comments(2)

スコ〜ン

お天気の一日。

ここぞとばかりに干す。
a0180208_23515850.jpg


先日できた大皿の写真を撮る。
a0180208_23542416.jpg


天気がいい日の陶作業は忙しいです。

車で打ちっぱなしゴルフ場の前を通ったら、
平日まっ昼間からスコ〜ンとやってるおじさん達があまりにも気持ち良さそうで・・・
ゴルフをしてみたくなりました。

キャラにないのでまったく興味がなかったですが、ちょっとアリかもと。
by tomomikamo | 2011-02-17 00:10 | ウツワ | Comments(4)

真っ白タジン

またしても雪!
今日はガッチリきました。

裏の関越は練馬ICから通行止めとニュースでやってます。
明日の朝は大変そう・・・でもちょっとわくわくしちゃってます。

さて、newタジン。
a0180208_23412186.jpg
初の色です。
白いタジンをとのご注文で制作、先日納品しました。

土鍋土はずっと渋くあがる赤土を使っていました。

赤地が透けたグレーっぽい白でもいいですか?
と一度はお伺いしたのですが、
私自身が真っ白いナベを作ってみたい!と思いたち、
真っ白で作ります。と再度ご連絡。

白い土鍋土を使い、マットの白釉で制作しました。

火があたるので使っていくうちにコゲ色などで色味は変化すると思いますが、それも含め、味として使って頂けたらと思います。

庭の木の雪が屋根に落ちて、時々ドシンってなります。
この感じ久々◎
by tomomikamo | 2011-02-15 00:09 | ウツワ | Comments(0)

*雪皿*

今年、初雪です。
今は雨。

言うほど降らないものです。
やっぱ東京って天気に恵まれてる。

雪が降ったら出そうと思っていた器。
a0180208_22374173.jpg
三つ足付き小皿。
ざっくり切りっぱなしのタタラ作りです。

a0180208_22374770.jpg
イッチン化粧掛け。
・・・が雪のようだったので。

作りやすいし、使いやすい。
教室でも制作オススメしてます。

こんな寒い過酷な状況の中でも、我がお窯さんはガッチリ仕事してくれました。

素焼き。
朝、窯入れして温度計をつけたら2℃!との表示。
でも、順調に800℃までさくさくっと。
お疲れさまでした。
by tomomikamo | 2011-02-11 22:53 | ウツワ | Comments(4)

おいしい2店

昨夜、友人と中華に行き、食後はフォーチュンクッキー♪
どんな運勢かな〜と、ワクワクしてかじると
「体調を崩しやすいので、野菜をたくさん食べましょう」
・・・。
占い結果が健康面の事だけだとなんか消化不良な感じです。

さて、
a0180208_22563619.jpg
こちら先日、下北沢の松さんに納品した丸皿です。
黄瀬戸釉×白釉の重ね掛けと白銀釉。

松さん。
ずいぶん前からお店で器を使ってくださってます。
雑誌の撮影でも使ってくれたり、使いやすい器のサイズをアドバイスしてくれたりと、とてもお世話になってます。

おいしいお酒とお料理のお店を探している人はゼヒ下北へ!

そして、もう1店のおいしいお店、代々木上原の青さん。
青さんにはお店で展示してもらっている器をお届けに。
a0180208_23463741.jpg
なまこ釉の一合徳利とぐい呑み。
なまこ釉の酒器は初めて作りましたが、釉色が変わっているので透きとおった日本酒に合うかなと思います。

このほか、紫水色と白銀色の片口&ぐい呑みなどを。

小田急線の超おすすめ2店です◎
by tomomikamo | 2011-02-10 00:29 | ウツワ | Comments(0)

砂漠化!

お窯さん。
陶芸の中でとても大事なお方。

私の場合、とても窯に助けられていると思います。
あがりの色をみる度にありがとーって気分に。

灯油で焚く窯。
炎の強さを自分で調整します。
データとお天気と運と・・・いろいろが絡み合って毎回少しずつ違います。
たまに少しどこじゃない事も。

さて、先日あがった水色の釉の片口。
a0180208_23275274.jpg
なかなかいい色にでたのですが、一部縮れが出ました。
ので、釉を足してもう一度焼き直し

たら・・・
a0180208_23404436.jpg
さようなら〜〜。
いいじゃんと思っていた水色が飛んでいきました。

まあ、こんなこともよくある事です。

そして、しばらく見ているうちに、これも砂漠みたいでおもしろい色じゃん◎と自己解決。
ポジティブに生きられるようになってきました。
by tomomikamo | 2011-02-06 23:53 | ウツワ | Comments(2)

American mag

節分。福は〜うち◎
太巻きと豆、きっちり食べました。

こちら、アメリカンマグ!
a0180208_23335765.jpg
と名付けました。

ファイヤーキングにありそうな色。
あちらは耐熱ガラス。

ファイヤーキングにはほろ苦い思い出があり、私は現在持ってません。
が、思いもかけず似たのができてちょっとびっくりでした。

暖かい時期、還元で焼くと紫になるこの釉薬。
今の時期はこんなトルコグリーンのあがりです。

紫でご注文のマグだったのですが、かれこれと事情を説明。
色を見てもらったところ気に入って頂いて5つセットで納品しました。

ココアとか入れたら色が合いそうだなと思います。
by tomomikamo | 2011-02-04 00:06 | ウツワ | Comments(6)

お点前

ちょっと暖かかった今日。
忍び寄る花粉におびえてます。

先日のお茶。
お正月に窯からあがった抹茶茶碗を持っていきました!
a0180208_22482694.jpg
なにはともあれ、使ってみないとわかりません。

先生にまず見てもらって、これでのお点前OKの許可が出ました。
いままで作った茶碗は小さめになってしまうことが多かったので、これは大きさ・深さにかなり注意して成形。
そのかいあって点てやすかった・・・と思います。
まだお点前の順を追うだけで精一杯のため、点て心地を味わう余裕はほとんどなし。

a0180208_22483194.jpg
お抹茶いれるとこんな感じ。
なまこ釉の青白いような紫のような釉色と抹茶色が合います。

課題は高台。
抹茶茶碗は高台に凝ったものが多いです。

この茶碗は高台が普通の器っぽくて甘いので個性に欠ける。
どう個性を出すか。
サインをいつもと変えて印にしようか、とか。
次の茶碗への構想たてねばです。

あとお点前の順も覚えねば・・・。
by tomomikamo | 2011-02-01 23:19 | ウツワ | Comments(0)