ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

砂丘な鉢

ハロウィンですね。
ハロウィン的なことぜんぜんしてない...。
またカボチャタルトでも作ろうかな〜と、今ちらっと思いました。


今週はガンガン窯を焚いていたのでいろいろ作品があがりました。
写真も一気に撮りだめ。

まずはこちら。
a0180208_21472979.jpg
定番型の鉢。
なんとなく、風景みたいに仕上がったこの2つ。

a0180208_21473461.jpg
こちら、真夏にピンク紫になっていた釉薬です。
今はこんな感じ。

何色かの釉薬をかけているようですが、これ、釉は1色なんです。
濃さを微妙に変えているくらい。
で、この薄い水色を紫とが砂粒みたいに出ます。

a0180208_21473832.jpg
こっちはチタンマット釉です。

これまた変化の激しい釉。
内側なんてツヤッツヤでぜんぜんマットじゃないし。
外側はかろうじてマット。
これも砂っぽいです。

どちらも見る人の心境によってなにかの風景みたいに見えるかなと。

私には砂丘に見えます。
で、これが、どうゆう心境かはうまいこと説明できないんですが。。。

とりあえず、この文がうまくまとまらなくなってきたのは確かです。
もう迷宮に迷い込んでしまったので、このへんで。


明日は花坊主さんに植木鉢の植え込みをお願いしに行く予定です。
どんな植物にしてもらおうか。
悩むの楽しみです。
by tomomikamo | 2011-10-30 01:10 | ウツワ | Comments(0)

YUMIMOMOT展@神楽坂フラスコ

秋って快適!!
ちょっと寒くなったくらいで、早ばやとマフラー巻いてぬくぬくするのが気持ちよいです。

来月の展示のDMが出来ました!
a0180208_22471373.jpg

a0180208_22471589.jpg
「YUMIMOMOT展」

今回はステンドグラス作家の櫻井由美子さんとの二人展です。
題字はYUMI×TOMOMIの造語。

櫻井さんは高校&大学の一つ上の先輩。
部活も違うし、なんで仲良くなったのか、私たち本人もうろ覚え...です。
ただ、二人とも西武池袋線で通学するという共通点が!

高校の時も大学の時も、一つ違いとは思えないほどオトナな先輩に、それはそれはお世話になりました。
だいぶ成長した今も。。。
後輩気質は抜けず、甘えてます。

作家としても常に先を行ってくれる存在です。
ステンドグラスの作品、とても素敵なのでぜひ観ていただきたいです。


ギャラリーは神楽坂のフラスコ。
神楽坂通りの赤城神社の少し下、梅花亭という和菓子屋さんと100円ショップの間の細道を入ってすぐです。
今回は5日間と期間が短いのですが、会期中はギャラリーに在廊します。
お待ちしています。


「YUMIMOMOT展」
2011年11月9日(水)〜13日(日)
12:00〜19:30(最終日〜17:30)

神楽坂 ギャラリーフラスコ
東京都新宿区神楽坂6-16
03-3260-9055
http://www.frascokagura.com/

東西線 神楽坂駅1番出口・大江戸線 牛込神楽坂駅A3出口 徒歩3分
JR・有楽町線 飯田橋駅 徒歩10分


今日は素焼き。
明日は本焼き。
ラストスパートいたします!
by tomomikamo | 2011-10-26 23:39 | 展示 | Comments(2)

おもてなし

このところ展示の準備まみれですが、今日はちょっと一息〜。

こちら、少し前に鶴見の教室経由で薪窯に参加してあがってきたもの。
a0180208_0445593.jpg
抹茶茶碗。
薪窯の炎の威力で歪んでます。
薄手の板皿なんてぐにゃりと曲がってしまうことも。

a0180208_2371571.jpg
灰かぶりの具合はこんな感じ。

信楽の赤土で成形し、素焼きしたものを無釉で託しました。
薪は楢の木とのこと。

山吹色のような緋色が出ていて、焼き締まりもいい具合です。

なので、さっそく◎
a0180208_2371754.jpg
超スローペースですが、続けているお茶のお稽古で使いました。
抹茶の色も生えるし、なかなか使いやすかったです。

季節によって、お道具の位置が少しずつ変わるので、なかなか覚えきれないお点前。。。
その少しずつ変わる理由は、すべておもてなしの為。

茶道のおもてなし精神はすごいです。
私が知っているのなんて、ほんとサワリの部分ですが。
やっぱ、これ、日本が誇るものだわ〜と改めて感心しました。
by tomomikamo | 2011-10-24 00:55 | ウツワ | Comments(2)

7寸○plate○

いきなり寒いです。

さて、出来上がっている次回展示作品の一部を。
a0180208_2255570.jpg
今回も、色イロな感じ。

まずは、プレート。
a0180208_2255231.jpg
一番使いやすいんじゃないかなと思う7寸皿サイズ。
1寸=約3㎝なので約21㎝。
洋食でも和食でもこのサイズあれば、たいてい盛りつけられます。

あとは、小バチ。
a0180208_2355287.jpg
これは直径10㎝・深さ6㎝。
このサイズがバランス良いです。

用途は何でも。
作るのも使うのも好きな形です。


それにしても、腰が。。。
イタイ。

展示前なのでロクロに向かってかかんでいる時間が長く...。
腰が崩壊寸前。
筋肉がほしいです。
いきなり、腹筋と背筋がムキムキつくなんてことはないかな〜〜とゴロゴロしながら考えてます。
by tomomikamo | 2011-10-20 00:22 | ウツワ | Comments(2)

牛乳を注ぐ女

お祭りシーズンですね〜。

明日は町内のお稲荷さんのお祭り。
我が町、小さいのでアットホーム。うちの庭が子供神輿の休憩所です。。
晴れるみたいでなにより◎

さて、ピッチャーブームの続き。
a0180208_22175100.jpg
まるっこいシリーズ。
フェルメールが描きそうな。
中世オランダでお母さんが牛乳注いでそうな。

そんなイメージで、細かい白土に艶あめ釉。
a0180208_2217927.jpg
トロトロ流れてます。

a0180208_22165295.jpg
先日、工房に遊びにきた友人にもらったお花をざっくり生けるのにもいい具合。

あとは、
a0180208_22134911.jpg
水色や紫のカラフルタイプも。


その、工房に来た友人のご紹介で、武蔵小金井のカフェにて器を使ってもらうことになりました。
武蔵小金井「デモデモカフェ」です。
地産の材料での環境と健康によいゴハンカフェ。

自然の力を使う!というのがコンセプトとのこと。
市のバックアップで生ゴミや排水の再生にも取り組んでいるそうです。

陶芸はといえば、私の制作作業では燃料をけっこう使います。
自然原料の土も一度焼いたものは、自然に返す事はできません。

そこを認識した上で、作った作品は、どんなのもなるべく使い道を探します。

失敗したのは自宅用として使ったり。
ヒビが入った器は植木鉢にしたり、金継ぎをして直したり。
わずかながら、出来る限りリサイクル&リユースを。

あとは、楽しみながら丁寧に作る。使う。
ですね。
大量生産のいまいち気に入らない製品を使うより、なんとなく気分的にエコ!

中央線方面の方、自然食ランチにゼヒ◎
私も展示前のドタバタ期が終わったら、ゆっくりランチに行きたいと思います。
by tomomikamo | 2011-10-15 23:47 | ウツワ | Comments(2)

リッタウ通信④

久々のリッタウ報告です。

ゲイジュツの秋◎
工房の生徒さん、展示会の開催や準備にがんばっていらっしゃいます。

今日は銀座で開催中のベテラン生徒さんの展示を観に行ってきました。
a0180208_117374.jpg
こちら、陶の額。
中の絵は旦那サマのパステル画。

共作!
仲良し!
ステキすぎ!!

年に一度、油絵を描く旦那サマと、そのお仲間とグループ展をなさっています。
紅一点、陶芸部門で参加していらっしゃる、この生徒さん。
暑い夏の間、この展示に向け、制作がんばってました!

シーサーや器など、いろいろ展示してあるなかで、目を引くのがこの額&絵シリーズ。

私は、これが好きです。
a0180208_1173917.jpg
紫の釉を掛けた額に、白ピンクの花びらがとてもマッチしてます。

出来あがったそれぞれの額に合わせた絵を描いてくださるそうです。
ん〜。なんともうらやましいっっ。

展示準備でお疲れのご様子でしたが、会期終了して少し休憩したら、また、来年に向けて制作がんばりましょう◎

展示があると、みなさんモチベーションが高くなりますね。
制作の完成度やこだわりが全然違ってきます。

リッタウでも工房のみなさんの展覧会をしたいなと計画してます。
一年目を迎える来年の春頃に。
お楽しみに!


さて、その、展示に向かう銀座にて。
松屋前の信号待ちで妙な気配を感じ、見たらとなりに、おすぎが!
まだ赤なのに、小走りで先に進んで行きました。

そして、私は松屋で買い物。
今度は三越前を歩いていたらまたしても、となりを小走りで追い抜いていく、さっきと同じ後ろ姿。
一日に二回もおすぎに追い越される不思議な日だったです。

銀座の後は急ぎ足で国立新美術館へ。
「モダン・アート・アメリカン」展。
年代を追って展示してありましたが、アメリカなだけあって、現代のが一番よかったと思います。
ひさしぶりに、どっぷり絵画に漬かりました。
by tomomikamo | 2011-10-13 02:24 | 工房リッタウ | Comments(2)

たまには、渋シブ

またまた3連休ですね。
私、連休まったく関係ないですが、道路の渋滞具合でいつも連休を痛感します。
それにしても、とっても運動会日和◎

さて、今日は窯出し。
来月の個展に向け、またしてもハイペースな窯焚き期がやってきました。

今日あがったのはこちら。
a0180208_22441343.jpg
渋色ピッチャー。

今回は、こんな取っ手付きピッチャーをいろいろ作っています。
スッとした直線ラインのとか、まるまるしたのとか。

取っ手付きなのでたっぷり水を入れても軽々持てるし、熱いコーヒー&紅茶もオッケイ。
いろいろに使えます。

そして、今まであまりなかった渋シブのこの色は。
a0180208_22441597.jpg
艶消しトルコブルーの還元バージョンです。
一部、トルコブルーに。

鮮やかなトルコブルーは酸化でないと出ないので、先日まで電気窯で焼いていました。

涼しくなり、うちの灯油窯がちょうど還元と酸化の間くらいを出す、今の時期。
前に還元の紫ピンクが入っていい色が出たので、あえて灯油窯でGO!

ま、たいていの事はシメシメと狙ってやると、思惑通りにはならないものです。
そのくらい人生経験としてとっくに知ってます。

...そんな、大げさなものではないですが。
もう少し、紫ピンク×トルコブルーに出るかなと思っていたのですが、思い通りにはいきませんでした。

焼き直しもできますが、これはこれで。
たまには渋いのもアリかなと。
錆びた金属みたいな感じで、ピッチャーという用途と雰囲気が合うように思います。

結果オーライ◎
そして、たいていはこんなことになるっていうのも、何となく知ってます。

決して、ナメてかかってる訳ではありません。
孤独に制作する身?としては、いちいち精神的に落ちてもいられないので、このくらい楽観的に。

ひきつづき、がんばりマス。
by tomomikamo | 2011-10-09 00:03 | ウツワ | Comments(2)

ハッキリした好み

今年はハンドクリームいくつ使うでしょ〜。

これからの時期はロクロをひいた後、手がガッサガサに。
もっと寒くなると、指先がパカッッと割れてあかぎれに。

今日のロクロ後、さっそくガサガサし始めました。

気付ば、植木鉢の葉っぱも紅葉はじめてます。
a0180208_22221662.jpg
ツルもの好きなので衝動買いしたこの葉っぱ。
名前がわかりません。。。

紅葉するかもわからなかったけど、この紅葉色、かなりきれいです◎
もっと赤くなるのが楽しみ。

あと、新しく植え込んだセージ。
a0180208_2222137.jpg
ひょろノッポです。


さて、秋はとにかく展示シーズン!
工房リッタウのみなさんも、鬼子母神の手作り市や、赤城神社の赤城マルシェ、ご夫婦での展覧会などなど。
活発にご活動です。
私も来月の展示に向け、がんばらねば。

で、先日、その手作り市にちらっと応援に行った後、神楽坂のラ・ロンダジルへ。
とってもわかりにくい場所にありますが、古民家の素敵なギャラリーです。

大好きな作風の作家さん、吉村和美さんの展示を観に行ってきました。

吉村さんの作品はずいぶん前に写真で見て一目惚れしました。
去年のこのギャラリーでの展示で、遅ればせながらお名前がしっかり一致。

ちなみに、吉村さんは男性です。
私は名前活字で勝手に女性だと思い、一目惚れ写真の作品は男性作だと知っていたので、ごちゃごちゃになってしまい、お名前一致に時間がかかりました。

去年は作品が完売していたので、今年も観るだけでもいい!と覚悟していましたが。
あったんです!!まだ。

うれしくって、そりゃもう、出た!得意の衝動買い。
a0180208_235357.jpg
マットな紫の花器です。

ほぼ同じ形の花器を作っていますが...。
紫のも作っていますが...。
a0180208_22222485.jpg
この、しっとりした色合い。
たまりません!

やはり、好きなものは好き。
好みはかなりハッキリしています。

すごいなと思う作家さんはいろいろいますが、好きな作家さんは日本では吉村さんくらいしか思い当たりません。

あとは。
ルーシー・リー
ベルント・フリーベリ
ローズ・キャバット

そうそうたる海外勢も、かなり同じ方向の作風です。

しかし、お気に入りの作品が家にあるというのはうれしいものです。
by tomomikamo | 2011-10-04 23:50 | ウツワ | Comments(4)

置きみやげ

ああー早い。
10月。どっぷり秋ですね。

a0180208_212323.jpg
こちら彼岸花。
別名:曼珠沙華。
別名のほうがカッコいいです。
形がなんか宇宙ぽい。

ただいま、実家の庭が巾着田化しています。
巾着田とは西武線の年長者にはおなじみのローカル観光名所。

この曼珠沙華が延々と咲いているみたいです。
私はまだ西武線の車内広告でしかみたことない地です。
シルバー世代になったらハイキングに行こうと思ってます。


10月になったので工房の庭も一新!
と思い、今日はこの夏を共に過ごしたゴーヤをバッサリと切り落としにかかりました。

葉っぱが一部茶色くなり、もう実も育たなくなったので、お別れの時です。
ほんと、ごちそうさまでした!
おかげでチャンプルマスターになりました。

2階のベランダにからまった蔓をガシガシ切って、どさっと1階の庭に投げ込み。
庭にまわったら、投げた蔓の束からでっかいゴーヤが二つも!!

a0180208_2124191.jpg
ちょっとコワイ。。。
リアルにうわっって声が出ました。

ベランダの陰で見えなかったところにひっそり成っていたみたいです。
今年一番の大きさに育っていました。

これでゴーヤチャンプルの集大成を作ります。
スパム2個買ってこなきゃな。

ちなみに、下のウツワはこの間あがった28センチの大皿です。
ゴーヤが幅取りすぎですが、実態はこんな感じ。
a0180208_21561099.jpg
赤土に白銀の釉。
最近あまり作っていなかった和なタイプ。
秋冬になると、この感じが作りたくなります。

そろそろナベも作らねば...。
今年は寸胴型のナベにしようかと構想してます。
by tomomikamo | 2011-10-01 22:13 | ウツワ | Comments(2)