ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

和菓子な箸置き

ながーかったような、短かったような2011年も、あと2日。
今年最後の窯焚き&窯出しを終え、工房も今日が年内ラスト。

このところの忙しさで片付けきれていない作業場や庭や部屋。
あと2日はぐるりとお掃除をします。
ちょっとお休みをして、作業は気分新たにまた来年!

先日あがった作品のなかで、ちょっとお正月っぽいのがこちら。
a0180208_0383917.jpg
友人のオーダーで久しぶりに作った花の箸置き。

梅と菊で、新春な感じ。
お皿にのせたら和菓子感が出過ぎました。

磁器のような一番細かい信楽の白土に、今回は5色の釉で作りました。
白、白銀、トルコブルー、艶黄、淡緑。
ベースのお皿は瑠璃釉です。


我が家では、祖父がお米屋さんをしているので年末恒例のお餅つきがあります。
それはそれはドタバタで家的に大騒ぎのお餅つきも昨日で完了!

チャンスを逃し今日食べられなかったので、明日にはつきたてお餅を食べます。
朝から。
この時期に久々に食べる最初のお餅が最高においしいです◎
楽しみ!


最後に、一気にお正月仕様にした工房玄関。
a0180208_0434416.jpg
ではでは。
みなさま、よいお年をお迎えください!!!
by tomomikamo | 2011-12-30 01:36 | ウツワ | Comments(0)

Last week!

ビーュンとクリスマスが過ぎ去っていきました~。
さ。あと1週間!

でも、まだちょっとキラっと感がなごり惜しいので、今日はこちら。
a0180208_2111742.jpg
色釉×金ライン!
先日の金継ぎ展用に制作したものです。

a0180208_2115214.jpg
水色の釉の鉢に金。
冬の器という雰囲気です。

もう一つは。
a0180208_2113313.jpg
新作、銀ライン!
金より控えめな感じ。
a0180208_2113544.jpg
瑠璃釉の鉢に銀。
ひんやりしていて、この組み合わせも気に入ってます。


12月に入ってからの忙しさで身体中にギシギシ痛みが。。。
目まで痙攣しだして、もう無理!
ってなる一歩手前でお世話になっている整体師さんに全身整えてもらい、復活しました◎

動きやすくなった身体
&久々に行ったリトルテンポライブ
&新しい真冬仕様の超あったか寝具
がどれも快適でいろんな危機を回避!

昔はよく寝込んでいたけど、ダウンする前に予防策が出来るようになったものです。
年末、もうひとがんばりです◎  
by tomomikamo | 2011-12-26 03:22 | ウツワ | Comments(2)

金継ぎ展*終了

表参道は今日も人いっぱい。
でも大人ばっかりだから落ち着いてるのがいいです。

先週末からの金継ぎ教室の展示会が本日で終了しました。
いらしてくださった皆さま、ありがとうございました!
a0180208_23521318.jpg
今回の私のブース。
白釉の器 4点・呼び継ぎ器 2点・片口・骨董赤絵皿を展示しました。


今日はこのあいだ書ききれなかった呼び継ぎについて。

呼び継ぎは古くから抹茶茶碗などの補修に使われていた技法です。
私がなんとしてもやりたかった技法。
赤絵鉢に織部の破片が呼び継ぎされている古い器を見て感動してから、いつかは...と虎視眈々ねらっていました。

そして、とりかかったのがこちら。
a0180208_23522688.jpg
紫釉の鉢に瑠璃釉のぐい呑みの破片をはめ込んだものです。
あえて形状の違う器をはめ込み、ちょっとぼこっとさせました。
このぼこっと感が、呼び継ぎのなんだか愛らしいところ◎

生い立ちは
a0180208_23513228.jpg
カパっと割れたパーツたち。

a0180208_2351373.jpg
まずは、紫の鉢の破片をくっ付けて直し、空いたスペースに瑠璃の破片を砕きながら合わせていきます。

a0180208_23514137.jpg
ハマった!!
ここまで、じっくり進めなくてはならない地道作業。
地道にコツコツは陶で慣れてるんですが、これまたけっこう大変。
指には水ぶくれ。。。

でも、ハマった時はスカッとします。
最後に隙間を金で埋めていき、完成!


瑠璃を埋め込んだ部分の紫釉の破片は、もう一つの呼び継ぎのパーツとして使いました。
それが、先日ご紹介したこちら。
a0180208_0465997.jpg
青みのグレーの鉢の挿し色として、紫を。
このグレー鉢と紫釉の鉢はほぼ形状が同じだったので、こちらはまったく凹凸なく、すっきりと収まっています。


寒くなったのでこれからは我が窯で織部がきれいに出る季節です。

織部鉢をちょっと多めに作っておいて、好みの骨董赤絵皿を探しに行って...。
目指すは金×赤絵×織部!!
桃山〜!みたいな感じの呼び継ぎが早く作りたい。

なので、まずは仕事の作陶をこなさなくては。
年末年始も窯焚きに明け暮れそうです。
by tomomikamo | 2011-12-22 01:13 | 展示 | Comments(2)

Kuh金継ぎ教室「あ・そ・び」展

やっぱり年末って忙しい。。。
なんとなく年内に!とか約束してしまい、予定が渋滞中です。

そんな中、金継ぎ教室の展示に参加しています。
表参道 Gallery5610にて明日から。
a0180208_23241816.jpg
Kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展

2011/12/17(土)、19(月)、20(火)、21(水)
12:00〜18:00
私は20、21日に在廊します。

Gallery5610
表参道駅 B3出口より徒歩3分
港区南青山5-6-10 5610番館


今回展示している作品は
a0180208_23335470.jpg
白釉の器たち。
白地だと金のヒビラインが生えます。

a0180208_23353162.jpg
どれもパリパリに割れたものを修復しました。

a0180208_23125199.jpg
こちら徳利。
中はオール金で覆ってあります。

a0180208_2313712.jpg
猫脚の骨董の赤絵皿。
骨董市で売り物にならないと隅っこに追いやられていた高台が欠け落ちた、この赤絵皿。
陶土で3つの猫脚を作り、くっ付けて、金で覆いました。
ちょっと、オリエンタル。

a0180208_2313476.jpg
こちらは、呼び継ぎ。
欠けた部分に、別の器の破片をはめ込む技法です。
金継ぎ始めたら、これがやりたかったんです!
すーごく大変でしたが。。。
詳しいやり方はまた後日。

a0180208_23125592.jpg
金絵の箸置きなども。
一部販売もしています。

総勢25名参加の今回の展示会。
フードコーディネーターでもある、金継ぎ教室の伊藤和江先生のもと多種な職業の生徒のみなさん。
骨董あり、ガラスありで見応えのある展示なので、ぜひご覧頂けたらと思います。

表参道の木も異常に見応えあります。
ヒルズの馬車はどうかと思いますが。。。
原宿から歩く方は脇目でちらっと見てみてください。
by tomomikamo | 2011-12-17 00:11 | 展示 | Comments(2)

リッタウ通信⑤

今年最後のリッタウの活動報告です。

昨夜はリッタウ忘年会でした♪
みなさんご参加でウレシイかぎり!

よ〜く話し、よ〜く食べ、満腹ご機嫌でお店出ると...
a0180208_22532740.jpg
池袋の夜空に月食を開始した月が!!!
楽しい会の最高の締めくくりでした。


力作がいろいろ出来上がった今年のリッタウ。
締めくくりの作品ご紹介はこちら。
a0180208_22532373.jpg
いつも、とても丁寧に制作なさる生徒さんの絵付け六角皿。

フチまわりは黒化粧の掻き落とし、中は黒絵具の絵付けです。
丁寧な作業だけあって、すごい完成度でした◎
お正月のお料理にもぴったり!


そして、本日は出張リッタウ、行ってきました。
POPOにて第3回目のWORKSHOP。
a0180208_22525858.jpg
クリスマスモビールがゆらめくCafeにて。
a0180208_22533171.jpg
ほとんど話をしなくなるくらい集中するみなさん。

カフェオレボウルや、ワイングラスや、イグアナ(!)の餌入れ...
などなど、陶芸初めての人が多いながらも、みなさんがんばってました。


そんなこんなで、もう今年も終わりモードですが、まだまだですよっ!
これから展示会の生徒さんもいます。
手作り市の連続出店が控えている生徒さんもいます。
私も、もうひとつ参加する展示会があります。
工房も29日までやります。

冬恒例、親指がもうパクっ割れてて痛いですが、
あかぎれにも負けズ、2011年最後まで突っ走りましょう〜。
by tomomikamo | 2011-12-12 01:15 | 工房リッタウ | Comments(4)

アインシュタインと土鍋

今日は寒かったー!

私はこのところ外食続きですが、お家でぬくぬくゴハンをなさる方。
この季節はもちろんナベですね。
a0180208_0161663.jpg
こちら、一人or二人ナベ。
この差はだいぶ大きいですが。。。

別にナベはファミリーのものではありませんし。
小さいのも作っています◎
赤の鍋土に黒釉。
鍋敷きは母作のウールの織のものです。


とりあえず、土鍋で煮ればなんでも美味しい!
...漠然とは思っていましたが、このあいだ、NHKが実証してくれていました。

「アインシュタインの眼」というそそる番組名。
土鍋パワーなる特集で、科学的に美味しい理由を解明。

それは、陶器特有の表面の貫入(ヒビ)。
これは、窯内で冷めの時に、土と釉薬の収縮の違いによって起きるものです。

この貫入による表面の凹凸が、熱したときに小さな泡を出すそうです。
実際、土鍋を特殊カッターで切り(!)、沸騰時の断面の様子を映していました。
NHKはやることが徹底していらっしゃる。

この小さな泡によって、熱がゆっくり入るため、旨味成分であるグルタミン酸が増えるんだそう。
このあたりまで来ると、わけわからなくなりブログ用にメモしてしまいました。。。

とにかく、このゆっくり加熱のおかげで。
煮崩れしにくく、
味がしみ込み、
ふっくらした食感になる。
とのこと。

ちなみに、煮物やシチューなどの場合、ある程度火にかけた後、火からおろして新聞紙で何時間が包んでおくと、さらに美味しさUP!します。

これはウチの母も得意とする技。
新聞紙はなるべく多めで!
番組ではプロの料理人さんもやっていたので、効果は確実。


厚手の土鍋は沸騰までに時間がかかりますが、まあまあ、気長に。
のんびりと〜〜◎

ちなみに、今年もタジン鍋も活躍してます!
a0180208_0162096.jpg

by tomomikamo | 2011-12-09 00:57 | ウツワ | Comments(0)

お食事会ウツワ

ちらほら始まりました、忘年会。
これから連日食べまくりの日々に突入です。

こちら、先日お呼ばれしたお食事会。
a0180208_22283718.jpg
いつもおいしいゴハンがいっぱい。
お言葉に甘えて、もう何度もおじゃましてます。

大きい高杯で出してくださるお料理がおいしい◎
と、思ったら、高杯が3つに!
ご注文や展示で一つずつ納めていたので、3つになってるとは。
改めて再会し、光栄でした。


オウチ食事会にいいのではないかなと思うのが、こちらの楕円長皿。
a0180208_22284238.jpg
赤土に白銀色の釉を流し掛け。
釉流れが模様のような感じに。

ご注文で作ったのがきっかけですが、このあいだの展示会でも出し、ラストの一つを自宅でも使い始めました。
a0180208_22284074.jpg
前菜3点盛り。
わりと、なにを盛ってもまとまります。


さて。
そんな食欲旺盛のこの時期。
運動嫌いな私がカロリー消費&腰痛対策に、何がいいかと考えた末。
辿り着いたのが、ラジオ体操。

体をほぐすにはコレ一番!
朝は苦手なので夜やります。
YouTubeと一緒にやればさみしくないっ。。。
by tomomikamo | 2011-12-05 00:28 | ウツワ | Comments(2)

*冬*

とうとう12月です。
いきなり、流れまくるジョンレノンのHappyXmas♪
シャンシャン言ってます。
この寒さとマッチしすぎです。

今年はなぜかクリスマスの飾りをしたくてしょうがない。
a0180208_040876.jpg
実家の玄関棚で繰り広げられる母のクリスマスコレクションから盗んできたサンタも仲間入り〜!


さて、本日はトルコブルーの花器をご紹介です。
まず。
a0180208_2317167.jpg
こちら、先日の展示に出したミニ花器。
a0180208_2317429.jpg
小さいながら、紫とトルコブルーのMIXです。


続いて。
a0180208_23162815.jpg
吊り花器、New!
a0180208_23164075.jpg
成形時、ひも用の穴を開け忘れまして。。。

使い物にならん...と諦めたのですが、口元にちょっとした開きがあったので、そのカーブを利用。
革ひもを駆使して、なんとか吊れました。

ちなみに中の植物はブライダルベール。
ブライダルベールだなんて、なんとも素敵なお名前。


もう一つ。
a0180208_23164391.jpg
花器になったり、お菓子皿になったり便利屋の高杯。
の、中にひょっこり収まってるのは、毛糸玉から多肉!のかわいいオブジェ。

生徒さんの手作りです◎
週に一度くらい、水にジャボンと浸けて、毛糸玉をぎゅっと絞ればオッケイとのこと。

多肉は癒されます。
モフモフしていて。

欠点はもちろん名前。
肉って。
もうちょっとシャレてたらいいのに。。。

それにしても、しばらく続きそうな雨。
週末に素焼きをしたいのに、作品がまったく乾かないです。
さて、どうするか...。
by tomomikamo | 2011-12-02 00:44 | ウツワ | Comments(2)