ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

RITTaU展 2012!

連休スタート!!
いいですね〜お天気だし。

本日は工房リッタウのお知らせ。
a0180208_23123195.jpg
工房の生徒さんの作品展をします◎

「RITTaU展 2012!」
2012/5/11(金)・12(土)・13(日)
12:00〜18:00

サイマーケット ギャラリー東屋
http://saimarket.com/
有楽町線・副都心線 小竹向原駅 3番出口より徒歩3分
板橋区小茂根1-9-5


我が工房も気付けば早1年経ちました。

陶芸経験者の生徒さん、リッタウで初めて陶芸をスタートした生徒さん。
みなさんの個性的な作品がいろいろ出来上がったので、ぜひご覧いただきたく展示会を計画しました!
一部販売作品もありますので、ぜひお立ち寄りください。

こちらのギャラリーがある、サイマーケット。
隣は輸入雑貨屋さん、奥はオーガニックカフェです。

連休明けの翌週、お散歩にいらしていただけたらと思います。
私は会期中3日間ギャラリーにいます。


この展覧会の準備が大詰めなので、私はGWお休みなしで動きまくります。
みなさま、よい連休を〜〜♪
by tomomikamo | 2012-04-28 15:03 | 工房リッタウ | Comments(0)

その後の姿

展覧会も終わり、ちょっと一息。
一日だけ思いっきり買い物をしまくりました!
仕事にはこのご褒美が実に大切であると思います。


さて、私の手から離れた器たちのその後。
a0180208_23434491.jpg
こちらは時々おじゃまさせて頂くお家の卓上。
お家が素敵なので、大人っぽい写真になっております。

展示のたびに高杯をご購入いただいて、大中小の3つに。
このあいだの個展では手前の箸置きとして使って頂いている小さな平片口を。

地道にオーダーの多いこのタイプ。
a0180208_0102063.jpg
わさび醤油などにいいのですが、あのように箸置きとしても使えます。
梅干しを一つ置くのにもいいサイズです。


ちなみに、白のカップは私の作品ではありません。
私も大好きな作家さん、花岡隆さんのもの。

我が家にもこれと同じカップがあります。
が、家のは使いまくってヒビが入り、金継ぎがしてありますが。。。
薄手の白化粧の器はとっても使いやすくてかっこいいです。



そんなこんなで、最近あがった高杯のご紹介を。
a0180208_0394369.jpg
こちら、朱色釉。
漆のような感じにあがる釉なので、この形も合うのではないか...と作ってみました。

あと、変形のこちら。
a0180208_0394847.jpg
トルコブルーのフラスコ型。
この形はグラス代わりにもなります。
ちょこっとワインとか。

と、新たな釉薬や形の作品づくりもしています。
次のご褒美にむけて!また始動です。
by tomomikamo | 2012-04-24 01:00 | ウツワ | Comments(0)

ターコイズ*ピッチャー

気がつけばすっかり日も長くなり、花粉も軽くなり、桜も終了!

そして、本日リトルコでの個展も終了しました。
十条までいらしてくださった皆様、ありがとうございました。

暖かくなったお天気のおかげか、明るい色モノの器たちを多く手にしていただきました◎


さて、会期中でしたが、オーダー器の制作や納品も進行中。
a0180208_23545728.jpg
こちら、トルコブルーのピッチャーです。

どちらも同じトルコブルーの釉薬ですが、2タイプのあがりに。
a0180208_23551099.jpg
ブルー濃いめ。
a0180208_23551695.jpg
グリーンがかった明るめ。

a0180208_2355841.jpg
ピンク部分も濃いめ。
a0180208_23551294.jpg
紫がかった明るめ。

どちらもターコイズな色で気に入っております。
この2色を出すのには窯入れのタイミングをみたり焼き方を調整したり、たいぶ格闘しました。。


そして、今年も1年間待った割にはあっという間に終わってしまった桜。
それらしいお花見もできず、なごり惜しいのでちょっと思い出しましょ。

家にはソメイヨシノと八重のしだれ桜があり、今年は両方が同じタイミングで満開に。
a0180208_0553070.jpg
この世はどの世?ってくらい庭で狂い咲いていました。

桜はあの、一瞬な感じがいいですね。
むしろ一年中咲いてたら精神的にもよくなさそうです。


さ、次は5月半ばのRITTaU展です。
工房生徒のみなさんと共に、私も準備がんばります。
詳しいお知らせは近づきましたら、また!
by tomomikamo | 2012-04-18 01:00 | ウツワ | Comments(2)

折り返し

リトルコでの個展、前半終了しました。
今日・明日(水・木)のお休みをはさんで後半、来週火曜日までです。


今回の展示作品のなかで、前半期間でお買い求め頂いて出た器をいくつかご紹介します。

まずはこちら。
a0180208_23545388.jpg
DMにも登場の織部釉×黒釉の小ハチ。
a0180208_23545138.jpg
黒釉のぽてっとした流れがポイントです。


続いて。
a0180208_083020.jpg
トルコブルーの大ハチ。
一部還元がかかって...の紫に。
a0180208_083296.jpg
裏はこんな具合。
流れたい放題に思うがまま!がこちらのポイントです。


あとは、寸胴マグたち。
a0180208_23551678.jpg
a0180208_23551823.jpg
朝のコーヒー紅茶のイメージで、たっぷりサイズです。
色はこの白&紺の2色。


今日はそこらじゅうで花吹雪が。
乱れ咲いていた桜も、もう後半。
しばし余韻を楽しんだら、ドワっと伸びだす葉っぱと共に私もまたペースアップしたいと思いまーす。
by tomomikamo | 2012-04-12 01:00 | ウツワ | Comments(0)

個展start!!!

嵐も去ったし、桜も咲いたー!

と、いうことでマブシイくらいのお天気で個展がスタートしました。
a0180208_021234.jpg
本日からリトルコにて。

初日なのでずらりと色とりどり並べました。
a0180208_1483349.jpg

a0180208_147964.jpg


平鉢、深鉢、カップなど。
a0180208_1483522.jpg



今回の作品のイチオシはこの吊り花器。
a0180208_021654.jpg
試作を工房でも飾って使っていますが、窓辺にも、壁面にもなかなか納まりがいいです。

もともと吊りモノ好き。
卒業制作も、初めての個展も吊りもの作品でした。
テグスとヒートンが必需品、懐かしい。


さて、1年ぶりの十条での展示です。
やはり楽しいアーケード商店街&昭和な個人商店たち。

商店のイチオシは「おにぎり屋さん」の蒲田屋さん。
アーケードを曲がってリトルコまでの細道の商店街の途中左側にあります。

何十種類もあるおにぎりが全部100円!
定番系から枝豆アスパラ揚げ(明太子マヨ入り)などのゴージャス系まで。
私はたいていゴージャス系多めの3種類にしますが、300円で完全に食べ過ぎと思うくらいボリュームたっぷりだし、とにかく美味しい!!

おにぎりは日本が誇るぜったいハズレのない優秀な食べ物だとは常々思っています。
手軽で腹持ちがよくて、種類が多くて、リーズナブル。
海外でちょっとお腹がすいても500円くらいするパニーニ的なものしか見つからないことが多いですし。
アジアの屋台は安いけど、ほぼ麺だから持ち歩けないし。

それにしても、ここのおにぎりほどテンション上がるセレクションはないです。
個展初日の今回のブログ内容のほとんどがおにぎりになってしまうくらい、オススメです。
月曜日がお休み、夕方には閉まってしまいますのでご注意ください。


ギャラリーの手前の道にもきれいな桜が咲いていますので、お花見がてらいらして頂けたらうれしいです。
by tomomikamo | 2012-04-07 01:23 | 展示 | Comments(2)

カップとポロックー!

春の嵐!

今日は朝から窯たきをする予定でした。
...が、あまりの強風に煙突が飛んでいきそうだったので、悩んだ末、窯焚きは延期に。
煙突飛んでいったら、たぶん火事になっちゃうし。
なんなら家のアンティーク窯場ごと飛んでいきそうでしたし。。
無事でしたけど。

ということで、先日あがったカップたち。
a0180208_1533680.jpg
カップと言っても、湯のみと言ってもいいような高台無しの形で作りました。

a0180208_1534168.jpg
織部+黒と、ハギクロ。
こっちは和っぽいです。

a0180208_1533869.jpg
艶黄瀬戸と、砂っぽいベージュ。
こちらは洋かな。

これからの時期、冷たい飲み物を入れるにもいい形かと思います。


話の繋がりはまーったく無いですが、
a0180208_22411812.jpg
この床、どこのアトリエでしょ?

ブログで一人で質問&答え形式にするのはだいぶ恥ずかしいものですね。。。

正解はポロックの!


先日、ポロック展に行ってきました。
会場を出たとこにあったポロックアトリエを再現した部屋。
ここは撮影OKだったので、じゃあ、と撮ってきました。

高校の時の美術室を思い出す感じの床。
仕事着を着ていると絵具を跳ね飛ばしまくる私は、
美術の時に来てたスモックも、ペイントの仕事をしてた時に来てたズボンも、ナチュラルポロックになってました。

そして、仕事着をポロックと言っちゃうと、展示で何を観てきたんだ!ってことになりますね。。
a0180208_1534419.jpg
「インディアンレッドの地の壁画」は圧巻でした!カッコイイ!!

と、同時にピークを迎えちゃったんだろうな〜なという、なんともいえない不安な気持ちに。
傑作を作ってしまったあとの作家の苦悩みたいなものが、この後の作品で出ているようでした。

とか言って、こんな評論的な事はあまり得意じゃないので、ある資料にあったポロックの言葉を。
「作品はちょうど音楽が楽しまれるように味わわれればいい。しばらくするとそれを好きになったりならなかったり。それにしても、そんなに深刻な問題とは思えませんね。」
私もそう思いまーす。
その時の気分でいいなと感じるのがいい作品な気がします。


さて、延期した窯焚きを早々にしなくては。
by tomomikamo | 2012-04-01 00:34 | ウツワ | Comments(0)