ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3mug!!!

手に汗握りすぎて、ベタベタ...。
ブログ書こうと準備しつつ、いっこうに書けず、ロスタイムが4分とか長いし。
でも、オリンピックのサッカー1回戦勝った〜!ので書き始めました。

最近、やっぱ日本人の髪は黒でしょ!と思い、がっちり黒く染めた私。
若い代表の方々はみんな茶髪でチャラチャラしおってと思っていましたが、もう金髪でもなんでもいいです。


さて、一息ついて。
a0180208_0401879.jpg
こちらは少し前のものですがオーダーのマグカップ3つ組。
紫釉とピンク釉と紫釉(濃いめ)。
どれも、釉薬としてはあまり安定しない色なのですが、この3つはいい具合でした。

久しぶりに作った口の広がった細身タイプ。
工房のお茶でもいちばん出番の多い形のカップです。


そして、夏の工房の庭といえば、
a0180208_039423.jpg
ゴーヤ。
今年はすごい勢いで伸びてます。

a0180208_0394492.jpg
早くも身が付いた!
日に日に膨らんでいきます。
チャンプルーの日も近いです。


今日のブログはサクサク進みます。
明日は5時起きなので。
a0180208_0395582.jpg
荷造り完了◎
バックパックでの旅を卒業しました。

ゴロゴロキャリーを新たに購入し、昨年に引き続き、北欧の旅に行ってまいります。
今回はデンマークのコペンハーゲンと、再びフィンランドのヘルシンキ。

どちらの国も、インテリア大国。
出来る限りの「いいもの」を見てきます。

とはいえ、またしても予習をする時間がなく、現地についての読み物は飛行機に乗ってから。
まずは、飛行機に乗れるよう、早起きから。

そして、今年は帰国便に無事間に合うよう。


帰ってきたらまた旅行記はじめます。
by tomomikamo | 2012-07-27 01:14 | ウツワ | Comments(1)

陶グラス&陶芸workshop

じわじわ暑さが復活してきた今日。
また明日から30℃超えしてしまうらしいです...。

ま、そりゃそうです。真夏はこれからだし。


さて、夏らしい感じの陶グラスができあがりました。
a0180208_072320.jpg
涼しい系の色の釉薬たち。
高杯のワイングラス型。

a0180208_072541.jpg
こちら瑠璃釉。
ガラスのグラスはもちろんいいですが、陶のグラスもひんやりして、なかなかです。
ビールもいいし、氷いれてロックでとか、お茶も〜◎



私は、昔から喉の乾きが一番の恐怖。
夏場だけでなく一年中、ペットボトルのお茶を持ってないと不安で車に乗れない程です。

なので(?)、ゴハンの中でもとにかくスープ好き。
なんの根拠かわかりませんが、蠍座はスープ好き!って前に友人が言ってました。。。
よくわからないけど、見事当たってます。

そして先日、葉山在住のピラティスの先生からいただいた、でっかい朝採れかぼちゃ。

実家の台所のテーブルに、どんっと置いておいたら。
a0180208_071623.jpg
夜、スープになってました!
皮ごとまるまるのカボチャスープ、美味しかったです。


もうひとつ。
昨日のイベントを。
a0180208_1163760.jpg
このあいだまで展示をしていた表参道のギャラリーニイクさんでワークショップがありました。
親子での体験陶芸と、大人の休日陶芸。

a0180208_1164043.jpg
3歳でのはじめて陶芸も、いい作品が仕上がりました。

a0180208_071390.jpg
出来あがった作品たち。
このあと、じっくり乾燥して、焼き上げてのお渡しです。


今後も石神井の工房以外でも、表参道や新代田でRITTaUワークショップをやっていく予定です。

近々の予定では8/8(wed)に新代田のpopoにてワークショップがあります。
ちょっと陶芸をしてみたかったとか、陶芸経験者の方も久しぶりにやってみたいとか。
ぜひご参加ください!

コメント欄からの予約も受け付けています◎
by tomomikamo | 2012-07-24 01:18 | ウツワ | Comments(0)

真夏到来!

梅雨明け〜〜。
やっぱね、今日暑かったですもん。

昼間どうにも作業が辛くなったんで、ひとまず近所のスーパーに行き、ノリで無印良品の麻の短パンを買いつつ涼んできました。
そして、夕方から夜まで作業再開。

しばらく香り関連の作品ばかりでしたが、同時進行で器もあがっております。
a0180208_1181697.jpg
明るい艶緑の釉。
これも、夏場限定のがっちり還元のかかった色です。

a0180208_1181319.jpg
丸めの平鉢。


続いて、こちらは定番カラー。
a0180208_118183.jpg
艶消し白釉のすっきり型の深鉢。

私の夏場のランチといえば、そうめんと冷やし中華。
これからしばらく、この二つのローテーションで生きていきます。
今回の器、どちらの形も麺類にはとても重宝します。


さて、犬派の方々から大反響いただいた、れんげさん。
a0180208_1503883.jpg
あれ、子犬じゃない。。。
もう、軽く柴犬超えしてます。。

ちょうど1ヶ月前、5キロでやってきたのですが、現在10キロ。
とはいえ、お子様でまだ蚊への対策が万全でないため、外には出れず...の日々です。
a0180208_1182624.jpg
廊下から庭を眺める。

か、
a0180208_1183889.jpg
お気に入りのソファーで、
a0180208_1182443.jpg
ゴロゴロする。

という、毎日。
甘噛みをしないよう、しつけ中で最近はよく怒られてます。

ハスキーにとってはいきなり試練の夏ですが、うだうだしながら乗り切ってくれるでしょう。


やはり、気を許すと犬ブログになってしまいます。。。
ので、今日はこのへんで。
by tomomikamo | 2012-07-18 02:04 | ウツワ | Comments(2)

ストーン香

この蒸し暑さのなか、トトロを観る。

早くも夏を満喫しました。
なかなか温度が上がらない窯焚きに苦戦しつつ、今日はカンタのハスキーボイスに注目して観てました。


さて、先日までのTOとKO展の作品紹介。
ラストはストーン香です。
a0180208_1352823.jpg
こちらは5色の花ストーン。

青、黄、ピンク、緑、白、の梅と葉。
a0180208_1352541.jpg


同じく、菊と葉。
a0180208_1352669.jpg


精油をバーナーで焚けない時など、ストーンに2〜3滴精油をたらしておくと、しばらく香りが持続します。
小さなサイズなので、鞄に入れて持ち歩いても。
あとはタンスの中とか、家の各部屋にとか。

升目の桐箱に入れて一見お菓子のよう。
プレゼントなどにもいかがかなと思います。


もうひとつのタイプはこちら。
a0180208_1352194.jpg
月と太陽のストーン。

a0180208_1352313.jpg
ちょっと見えにくいですが、上は太陽の刻印、下は月の刻印がしてあります。

これは素焼きの陶土です。
同じように持ち歩けるサイズ。
その日に気分で月にするか、太陽にするか、とか。


このストーンの5色と月・太陽にはそれぞれが持つ意味があります。
ここからは中山さん監修のゾーンなのですが...。

数字と同じように色にも、とてもパワーがあるようです。
中山さんの解説はとっても興味深かったです。

このセットにはそれぞれの意味がかいてあるカードが付きます。
さらに詳しく知りたい方やカラーセラピーにご興味のある方は中山久留美さんのRuhのサイトへ。

http://ruh.jp/
ただ、まだもう少しのあいだ準備中です。


今回展示のバーナーやアクセサリーやストーンは今後も中山さんとのコラボグッツとして作っていきます。
オーダーもお受けしていますので、気になるものがありましたらいつでもご連絡ください。


展示片付けも一段落し、また秋の個展に向けスタートしました。
夏バテしないようにせねばです。
by tomomikamo | 2012-07-14 02:25 | リッタイ | Comments(0)

お茶室バーナー

TOとKO展、昨日会期終了しました。
とても暑い中いらしてくださった皆様ありがとうございました。

表参道という立地ながら、表通りから1本入っているのでとても静か。
白くてきれいなギャラリーニイクで落ち着いた展示ができました。

今回の展示の主役。
a0180208_2345898.jpg
アロマバーナーです。

この会期の為にデザインして作ったのはこの4タイプ。

どれも受け皿が大きめ。
水をはって精油を2〜3滴たらします。
下からキャンドルで温めると香りがふわーっと空間に広がります。

こちら、DMにも使ったドットタイプ。
a0180208_065277.jpg
周りが暗いとキャンドルの灯りの影がドットに出ます。

夕方から夜に使うとムーディーかも。


そして、私と中山さんのコラボのテーマでもある和。
和の空間にも合う作品にしようというのが、バーナー作りで意識したことです。

そして出来たこちら。
a0180208_23445781.jpg
鞠のような、まあるいタイプ。

a0180208_2345644.jpg
お茶室に馴染む感じ。
中山さんのブランドRuhの精油ブレンドの一つに「茶室」という香りがあります。
正式なお茶事ではアロマは焚きませんが、プライベートなお茶会とかラフな時にいかがでしょうか。

a0180208_2345045.jpg
お茶の先生のお茶室をお借りして撮影。

お軸も特別なものに取りかえてくださいました。
夢と書かれた下にモンシロチョウがひらひらと描かれています。
すっごくかわいい!んですが、繊細すぎてチョウチョが上手く写らず...で残念です。

バーナーの形はどれもシンプルなので和室だけでなく、もちろん和洋折衷どのような空間にも。


会期中だというのに、先日ひいた風邪をぶり返してしまった私。
お出迎えがしゃがれ声で大変失礼しました。

地味に長引きますので、みなさんも風邪にご注意を。
by tomomikamo | 2012-07-11 00:18 | リッタイ | Comments(0)

*香アクセサリー*

会期半ばのTOとKO展。
いきなり夏の暑さのなか、前半にいらしてくださったみなさま、ありがとうございました!


今日は香アクセサリーをご紹介。
a0180208_23344370.jpg
ギャラリーのこのスペースに展示しているのは香アクセサリーたち。

a0180208_2335987.jpg
素焼きの陶の部分に精油をたらして香りをつけ、身につけるものです。
香水よりもほのかに香ります。

天然精油を直接肌につけるのは成分が強すぎてしまうため、ピアスやペンダント、ブレスレットとして楽しもう!というアイデアです。

こちら、ピアスとブレスレット。
a0180208_23352624.jpg
手前のはブレスレットとしてもアンクレットとしても、チョーカーとしても使える長さです。
陶の部分はアルファベットと数字の刻印をしています。

ヌメロロジーで自分ナンバーが出た方や、思い入れのある数字をお持ちの方はオーダーもお受けしています。

a0180208_2336252.jpg
このような感じで桐箱INでお渡し。
精油とセットでも、アクセサリー単品でも。


アクセサリーを作るにあたり、素材はSILVER925・シルク組紐・天然石に限定しました。

今まで自分でつけるピアスはパーツを気ままに合わせて作ってました。
私は金属アレルギーがあり、真鍮やメッキのものが付けられないのでデザインが好きで買ったものも、肌に触れる部分だけ付け替えたり。
夜中にペンチを持って格闘するのが気分転換で。

今回は気ままに...とはいかないので、同じくアクセ作りが好きな中山さんとあれこれ相談してデザインと決め、目を充血させつつ細かい作業に取り組みました。

やはり、こういう作業は夜がはかどるものです。
シーンとした深夜に黙々とペンチ。。。


アクセサリーはとても好みがあるものですが、もしお気に入りのものがあれば嬉しく思います。


明日は七夕。
期待度が高すぎるのか、たいてい七夕って雨です。
たぶん明日も。。

地下鉄表参道駅のA2出口からはギャラリーまで2分くらいで着きます。
ひどい雨にならないよう願いつつ、お待ちしています。
by tomomikamo | 2012-07-07 00:32 | リッタイ | Comments(2)

TOとKO展 START!

いきなり、真夏!
...の本日、スタートしました。
TOとKO展。

a0180208_0321166.jpg
白壁のギャラリーに緑の精油瓶と、乳白のバーナーと桐箱。
アロマの香りがギャラリー内に広まっております。

a0180208_0321646.jpg
このお茶スペースにて、中山さん監修のヌメロロジーという数秘学で自分のナンバーを出したり、

ひとたび、ワークショップが始まると
a0180208_0321354.jpg
まるで香りの実験室。
みなさん真剣に好みの香りを吟味していました。


会期中の予想気温はほぼ30℃ですが、夕方はやはりまだ過ごしやすいです。
夏のお散歩にいらして頂けたらと思います。


「TOとKO展」
2012/7/4 (wed) ~ 7/9 (mon)
11:00 ~ 19:00

表参道 ギャラリーニイク
http://www.gallery219.com/

東京メトロ 表参道駅 A2出口より徒歩2分

東京都渋谷区神宮前4-2-19
TEL 03-3479-2775

カモシタ在郎日:7/5(thu)、7(sat)、8(sun)
by tomomikamo | 2012-07-05 00:48 | 展示 | Comments(0)

リッタウ通信⑥&初登場

久々のリッタウ便りです。

と、いっても工房リッタウでの制作作品ではないのですが...
でも、リッタウの生徒さんである竜田さんの作品が公募展で受賞さないました!

国立新美術館で開催中の陶芸財団展。
a0180208_03127100.jpg
ずらり並ぶいわゆる大型花器たちのなかでひときわ目を引く手前の陶板。
(ちなみに撮影許可は取りました。)

じゃん!戸栗美術館賞受賞!!
a0180208_0312510.jpg
きれいな青磁色と繊細なレリーフが素敵です。

なんといっても、私も感動したのがこの陶板を作る技術です。
このサイズのまっすぐな板をヒビ無く作るというのは、それはそれは凄い事なんです。

陶芸をしている人であれば平らな板の難しさと一度は格闘した事があるハズ。
私も何度、本焼きまでいってから入るヒビにがっくりした事か。。。

先日のRITTaU展では林檎と洋梨のアート作品を展示した竜田さん。
あの型取り技術の上手さも、この陶板を観れば納得です。
ご自宅に超立派な作業場があるのに、うちの小さな工房にも作業にいらしてくださる熱心な生徒さんです。


陶芸財団展

国立新美術館 展示室3B
7/8(日)まで  火曜休館 
10:00〜18:00  最終入館17:30

見応えのある作品ですので、ぜひ!
私は時間がなくスルーしましたが、1階ではエルミタージュやってます。


おまけで、ちょっと番外編。

先日、実家にやってまいりました。
a0180208_0311970.jpg
鴨下家2代目ハスキーのれんげです。

非常に落ち着きなく走り回りますが、甘噛みに耐えられる犬好きの方は遊びにいらしてください。
あっという間に過ぎる子犬時期はあと2ヶ月くらいでしょうか。

a0180208_0313559.jpg
この前足の大きさはでっかくなる予感です。
ペットブログになってしまわない程度で、今後たま〜に登場します。
by tomomikamo | 2012-07-02 01:21 | 工房リッタウ | Comments(0)