ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012最後のウツワと最高の展覧会

2012年もあと1日。

本日、年内最後の教室を終えました!
明日は工房の大掃除をして、2013年に備えようと思います◎


さて、今日は今年最後の窯で出来た作品をご紹介。
a0180208_243448.jpg
冬な色あいのカップたち。
もう何年も作り続けている定番型です。

赤土に白銀釉。
この色にはお茶がよく合います。

a0180208_2431211.jpg
6つセット。
いちおうスタッキング可能。


続いて
a0180208_243204.jpg
冬型なまこ釉の片口。
ほんのり紫の微妙な色。
こちら、お料理好きな方に好評な釉色です。


お後は
a0180208_2432612.jpg
バーニャポット。
個展で好評だったバーニャカウダ用バーナー。
オーダー頂いていたのが完成しました。

冬は温野菜でバーニャするといいかもです♪


今年もいろいろ作品を作り、お届けしました。
どのウツワたちもリッタイたちも、行先で活躍してくれているといいなと思います◎


そして最後に、すごくオススメの展示のご案内を!

「石本藤雄展 布と陶 ー冬ー 」
a0180208_2392665.jpg
青山スパイラルの1階スパイラルガーデンにて1/14まで。
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_364.html

本当は年内までの会期だったのですが、延長になったようです。
1/4まではお休みなのでご注意ください。

石本さんとは、元マリメッコテキスタイルデザイナーで、現アラビアのスタジオアーティストの作家さんです。
私が夏にフィンランドに行った時には休暇中でアラビアのスタジオにはいらっしゃらなかった石本さん。
もう40年以上もヘルシンキで制作をなさっているレジェンドな方です。

a0180208_237452.jpg
お花の陶板がアラビアでは有名。

a0180208_235798.jpg
一つ一つ、カラフルで素敵です。

a0180208_2354555.jpg
マリメッコでのテキスタイルの展示もあります。
こちらは全部、石本さんデザインの柄。


冬がテーマのこの展示。
ギャラリーの奥の吹き抜け空間の展示は見応えがあります。

実はここは、大学の卒業制作展をした思い入れのある場所。
スパイラルに行くたびに展示の事は思い出しますが、今回の陶の展示は空間と合っていて素晴らしいなと感動しました。

a0180208_2371546.jpg
石本さんの本も発売されています。
写真集のようで色や柄を観ているだけでも楽しい!
日本的なデザインとフィンランド的なデザインがよく通じているのが感じられます。

あと少しの会期ですが、ぜひ!


ミッドタウンのサントリー美術館でもフィンランドデザイン展をやっています。
こちらは1/20まで。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2012_06/?fromid=topmv

1年の大半が冬の国であるフィンランドのデザインを冬に観るのはいいと思います◎


オマケで。
いまや、すっかり頼りきっているiphone。
a0180208_2425732.jpg
やっと気に入ったケースが出来ました〜!
マリメッコのカバーにシロクマのフェルトワッペンを貼りつけてます。

ほんとうに、どこ探してもかわいいiphoneケースがなく...
ってブログで書いたら、何人かの方にマリメッコで出てるよ!と教えてもらい、即購入。
ただ、そのままじゃつまらなかったので、ターコイズでデコったりしてみたんですが、カバンの中でポロポロとれて断念。。。

試行錯誤の結果、シロクマ好きだし、冬だし、ということでドカンと貼っちゃいました。
とっても満足。
常に持って歩くものは、やはり気に入ってないとですね!


来年も「そのようなこと」にはこだわりつつ行きたいと思います。

ではでは、よい年をお迎えしましょう〜!!
by tomomikamo | 2012-12-31 03:55 | ウツワ | Comments(2)

陶*表札

そろそろ手を付けなくてはの年賀状と掃除。
期限が迫ってきてます。。

さて、2012年も私が凝っていたもの。
...は、文字作り。
a0180208_3245896.jpg
こちら、先日納品した表札。

表札というか、住所と名字と。
写真はまだ納品前に私が古木の机に並べて撮ったものです。
実際は納品先のお宅の真っ白く新装された外壁に設置される予定です。

屋主さんのラッキーカラーであるというブルーを中心に白壁に映える色で作りました。
設置後の様子を伺うのが楽しみです。


a0180208_1243457.jpg
こちらは制作中、晴れた日に干されている文字たち。

a0180208_124228.jpg
焼き上がり、カラフル。
字体は何種類かを組み合わせています。


文字作りはロクロ轢きのウツワ制作とはまた違った作業。
紙面上でデザインしてからとりかかるので計画が必要です。
計画作業、嫌いじゃないです。


今年作った文字いろいろ。
a0180208_3214834.jpg
「リッタイとウツワ展」のタイトル文字。

a0180208_3225223.jpg
「open」の吊り文字。

a0180208_1283093.jpg
「close」の吊り文字。

a0180208_1275974.jpg
ガラス面に掛けても、壁に掛けても。


a0180208_3443462.jpg
こちらも、オーダー頂いた表札。
ステンレスベースです。
ベースの材質によっても雰囲気がだいぶ変わります。

オリジナル表札は来年も引き続き作っていきたいと思います。
お家の顔ですから◎ちょっと普通と違う、陶の表札はいかがですか?

ご自分での制作ももちろん!
表札ワークショップもいいなと計画中。

...計画中の事がいっぱい。
来年に向けてのやりたい事やプランもまとめなくてはです。
by tomomikamo | 2012-12-28 03:47 | リッタイ | Comments(0)

器×食×クリスマス!!!

今年も残すところ、あと10日。

さて、今日の工房リッタウは課外授業でした!
向かった先は。
a0180208_0122370.jpg
武蔵小金井の雨風カフェ。

こちら、友人が木曜日にランチカフェをしているお店です。
このお店にて、今日は現在計画中のワークショップの試行会を。


その計画とは、「器×食」
この切っても切り離せない2つをコラボしてみよう!と。
友人で料理人である愛甲マキちゃんと来年からの開催に向け計画中です。


では、その試行会の模様を!
今回は工房のベテラン生徒さんに参加してもらい行いました。

私と生徒さんの器を持ち寄り、マキちゃんに料理の盛り方をレクチャーしてもらい、撮影をして、美味しくいただこうという流れです。


まず、持ち込んだ器を並べます。
a0180208_045248.jpg
手前はマキちゃんが用意してくれた食材たち。

せっかくのクリスマスシーズンなので、クリスマスな飾りも用意。
a0180208_0391735.jpg



まずは1品目から。
a0180208_0442675.jpg
インスピレーションを張りまくってサクサクと盛りつけを始めます。
撮影用にお料理が映える演出も。

あっという間に素敵な盛りつけが完成。
a0180208_0493968.jpg
かわいいピンクはビーツのスープ。
角皿を受け皿にして、平鉢に◎

一品あがるごとにすかさず、撮影をしていきます。
お料理も器も記録してあげると、その後いろいろ紹介したり話題が広がります。
後日、自分で再現するのにも役立つしくみ。


こんな具合でどんどん進みます。
器を選び。
a0180208_0513090.jpg


サラダを盛る。
a0180208_1144770.jpg
トルコブルーの器にグリーン。
トマトとビーツの赤・紫が挿し色で映えます。


ケーキも盛る。
a0180208_0533872.jpg
銀フチの高杯にケーキ型で高さを出し、そのまわりをローズマリーとかお花で飾り、ケーキのチョコ色に合うブルーベリーをポンポンと。


プロの手にかかるとこんな華やかなテーブルが出来上がりました!
a0180208_132827.jpg
今回はクリスマスがテーマ。
器とお料理を上手く組み合わせると、雰囲気が一気に変わります。


ワークショップの目的は器選びと料理の盛り方。
お料理が上手な方、素敵な器をたくさん持っている方、もちろん自作の器を持っている方...
普段の使い方から一歩進んだ器使いを試してみませんか?という感じです。

まだいろいろと計画段階なのでどのように実行するかは、詳しく決まり次第お知らせします。


今回はプレだったのでお料理も多数用意してくれて、もう何品かが加わり、最後に美味しくいただきました♪
a0180208_13558.jpg


ご興味のある方は今後のお知らせをお楽しみに!
by tomomikamo | 2012-12-21 01:35 | ウツワ | Comments(2)

オススメどこ

やっぱり12月はビュンと過ぎていきます。
金継ぎ展が無事終了し、本日は工房リッタウ忘年会♪
で気付けばあと半月!

金継ぎ展にいらしてくださった皆様、
本日忘年会に参加してくださった生徒さん皆様、
ありがとうございました!!



さて、ブログがなにかと話題になっているこの頃ですが、そんな時にあえて。
私が最近行ったおすすめどころ3つをご紹介します◎
ちゃんとしたオススメを少しでも多くの方に紹介できるのがブログのいいところです。


まずは、
a0180208_1374136.jpg
麻布十番のフレンチ、「ル・ポトローズ」
商店街を抜けたところにあるビルの5階にあり、正面にヒルズが見えて眺めも抜群!

このお店は鶴見の教室の先生のお友達がシェフのお店です◎
夜のコースもとっても美味しいし、今回行ったランチはかなりオススメです!

a0180208_1363951.jpg
一気に身体が温まったゴボウのポタージュ。
私の高杯をスープ鉢に使ってくださってます。
高杯×スープの使い方とは、さすがです。

初夏から12月まで限定のムール貝!
a0180208_1372959.jpg
ムール貝大好きなので、、
食べるのがうれしくって、、
写真のことはすっかり忘れ、気付いた時にはこの有様に。。

シェフこだわりのモンサンミッシェルの小粒ムール貝はお出汁がまた最高!
自家製パンにつけて。それはそれは美味しかったです。
ムール貝好きは年内か、じっくり待っての来年夏に◎
メインやデザートも素敵なのでぜひ。

麻布十番 ル・ポトローズ
http://www.le-potauxroses.jp/



続いて。
ちょうど金継ぎ展と同じタイミングでやっていた根津美術館の「ZESHIN」展
a0180208_1381574.jpg
こちら、正真正銘・本家本元の漆師です。

艶のある漆絵は日本美術の美しさを代表している感じです。
印籠のデザインはかなり感動的。

根津美術館の入口は表参道から異空間への入口ぽくていいです。
a0180208_138174.jpg
残念ながらZESHIN展は明日16日までなのですが、春には恒例の光琳の燕子花図屏風の公開もあります。

根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/index.html


最後に、石神井での貴重なお店であるクヌルプ。
a0180208_137180.jpg
青いかわいいこのお店は今月17日までで閉店となってしまいました。
ビルの建て替えの為なので、切ないです。

店主さん曰く、なるべく石神井で新しい場所をさがしているとのことです。
新しいお店もぜひぜひ石神井でやって欲しい!
店舗再開までの間もホームページ上では引き続き良いものたちが出ています。

クヌルプ
http://www.knulp-a1.com/knulpaa/


書き終えたら、どのおすすめ情報もスケジュールがギリギリでした。。
すみません。。。
なので、なんとか今日中にアップせねばと思ったら、こんな時間に!

明日は朝イチで窯出しもあるので、これにて...。
by tomomikamo | 2012-12-16 03:22 | ウツワ | Comments(3)

呼び継ぎウツワ&骨董ウツワ

寒さで身体も固まるなか、今朝からラジオ体操再開!
DVDも入手し、気合い入れて基礎体力あげていきます。

さて、週末から始まりました、金継ぎの展覧会。
今回の私の展示ブースはこんな感じです。
a0180208_0381298.jpg
手前から、
金ヘビの巻き付いた黒釉の巳年盃・色ガラスをはめ込んだの骨董の鶴のお重。
金継ぎした淡いグリーンの平鉢・深紅ガラスを呼び継ぎした白×藤色の薄鉢。
金ヘビ巻き付きの瑠璃釉の高杯・朱と金で絵付けした古伊万里の骨董皿。

今回は私作の器と骨董の器の両方展示しました。

私は自分の作品に絵付けはしないので絵皿は買う専門。
やはり和柄はカッコイイので骨董絵皿は大好きです。


a0180208_0382294.jpg
この平皿は「牡丹と獅子」のモチーフがとっても気に入りました。
よく見ると、獅子がいい顔してるんです◎

骨董市にて傷モノであった古伊万里を入手。
派手なモチーフの割に染め付けのままでは色が地味だったので、牡丹を朱で、獅子を金でフチ取りました。

朱が効いて華やいだ感じに仕上がったと思います。


もうひとつのメインは
a0180208_0343686.jpg
こちらの深紅ガラスの呼び継ぎ鉢。

陶器ではなかなかでない真っ赤な色。
これはアロマ作家の中山さん宅で割れてしまったという赤いグラスの破片を頂き、私の鉢の欠け部分にはめ込みました。

藤色が少し入った白鉢。
口元が薄手なので華奢なグラスの薄さと良い具合に揃いました。


展覧会のギャラリーは表参道のスパイラル裏手にあるGallery5610さん。
a0180208_0345190.jpg


こちら、私も参加の販売ブース。
a0180208_038423.jpg
骨董市に足繁く通って素敵な器を入手し修復している方たちの金継ぎ器がずらり!
骨董好きはテンションあがります。

初日にはオープニングパーティー♪
a0180208_20147.jpg
金継ぎ教室の伊藤先生はフードコーディネーターでもあるので出てくるお料理が超美味でした!


kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展は13日の木曜日まで。
表参道Gallery5610にて11:00〜17:00です。
最終日の13日は16:00までなのでご注意ください。

私は火曜日と水曜日に終日在廊します◎
by tomomikamo | 2012-12-10 02:01 | 展示 | Comments(1)

金継ぎ展@表参道 Gallery5610

とうとう今年も12月。
たぶん最速で過ぎていくので、すぐ年越しですね。

a0180208_1114587.jpg
今年も、恒例。クリスマスな玄関です。

少しずつ使いこなせるようになってきたiphoneで撮影した写真にちょっと雰囲気出してみました。
iphoneの凄さを徐々に、じわじわ感じている今日この頃です。


さて、そんな年の瀬に、今年最後の展示参加があります。
昨年に引き続き開催の金継ぎ教室の展覧会。
a0180208_121376.jpg
kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展

表参道Gallery5610
http://www.deska.jp/
東京都港区南青山5-6-10 5610番館

2012年12月7日(金)〜13日(木)AM11:00~PM17:00
※9日(日)はお休み ※最終日13日は16:00まで

私の在廊は7日、11日、12日です。
金継ぎの作品展示と金継ぎにて装飾や修復をした器の販売もします。


販売作品の一部をご紹介。
a0180208_1104047.jpg
お正月用に、金彩・銀彩・HAPPY NEW YEAR!!!のぐい呑みたち。


a0180208_1105636.jpg
こちらも新年用に。
金彩の新しいお箸と箸置きはいかがでしょうか。

a0180208_110512.jpg
父作の拭き漆のお箸に金と朱で極小のワンポイント入れました。


続いては、窯焚きで傷ついてしまったものたち。
a0180208_1112179.jpg
底の釉流れを金で修復した片口。
これは鮮やかに水色が出た分、釉がトロトロに流れすぎてしまい底が一部欠けてしまいました。

このくらいに濃く釉薬を掛ければ発色がいいのですが、このように流れる危険があるのでなんともリスクの高い発色法です。
器も棚板も被害が出ましたが、その分、色はとても気に入っています。


a0180208_1111365.jpg
こちらも底の流れ跡を直した黒釉の小鉢。
ツヤツヤの発色重視で釉掛けしたところ、見事に流れました。
金を底からぼかして入れています。

このような感じで、金継ぎは窯傷がついてしまった器も復活する、とってもうれしい技法です◎


もちろん、使っていて欠けた器も甦ります。
a0180208_113843.jpg
こちらは、和食屋さんの青さんで使ってもらっている片口とぐい呑み。
口元が欠けてしまったとの事で、先日修復しました。

納品したのはもう5年程前。
たくさんの日本酒のお役に立ったようで釉色も変化し、だいぶ風格が出ていました。
久々にお嫁に出た作品に会うと頼もしく思います。


金曜日からの『kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展』、金継ぎにご興味のある方はぜひいらしてください。
多くの出展者がいるので見応えあると思います。

修復した骨董の器を販売する方もいますので骨董好きな方もぜひ!
お待ちしています◎
by tomomikamo | 2012-12-05 02:27 | 展示 | Comments(0)