ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アルファベット表札*装着!

7月最終日。
夏休み的な予定をほとんど7月に入れていたので、私の夏休みはほぼ終わってしまいました。
楽しかったー!けど、この先が長いです。。
ひたすら暑さと戦って制作です。


先日、うれしいお知らせが!
前に納品した初音鮨さんのアルファベットの表札が設置完了とのこと!!
じゃん!こちら。
a0180208_0163154.jpg

a0180208_0321794.jpg
新装なさった壁は真っ白。
さらに窓手摺やライトは黒アイアン。
そこに、アルファベットの「H A T S U N E」とアドレス。
お店の顔である看板を制作させて頂けたのは、本当に光栄です。


一見、お寿司屋さんとは思わないような外観にリニューアルされた初音鮨さん。
お店の入口を入ると、そこは白木のカウンターと畳の和な空間。
なんとも素敵なギャップです。


こちらは、ご自宅の玄関のカラフル表札。
a0180208_0144356.jpg
白壁に鮮やかなブルーの扉がカッコイイです。

ご自宅内装は外観そのままにリフォームなさっていて、それはもう!!
大将や女将さんがプライベートでパーティーを開けるよう、大きなアンティークの円卓やバーカウンター、ピアノルーム、カウンターキッチン.....リフォームほやほやを拝見させて頂きましたが、もう一つフレンチのお店が開けそうなお宅でした!


表札の装着。
「ベース無し、壁に直貼り」という難題の中での、とても整った装着は
a0180208_23503411.jpg
左官屋さんのプロのお仕事!
文字型に塗装を剥がしてからの接着だったようです。

かわすき(皮剥き)を使っての細かい作業。
自分で作ったアルファベット型ながら、あの形に剥ぐのは大変だろうな...と、しかも素晴らしくキレイにはがれてるな...と、感服。

職人さんの仕事は美しいです。
仕上がりが美しいモノは、絶対に作業行程が美しいので。

初音鮨の大将のカウンター内も美しくて、お寿司を食べに伺うと手元に見とれてしまいます。

私も日々の作業工程を美しくできるよう、心がけたいと思います。


さて、8月は制作期です。
じゃんじゃん作業をがんばります。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-31 23:45 | リッタイ | Comments(1)

夏真っ盛り?

湿度との戦い。。
そんなに気温高くはないんですけどねぇ。

本日は本焼きをしましたが、窯も湿度と戦っていたらしくご機嫌ナナメ。
いつもより温度の上がりが不調で窯焚きにかなり時間がかかりました。。

さて、今日はこちらをご紹介。
a0180208_056874.jpg
織部の花器です。

いわゆる織部色の緑と還元のかかった赤のミックス。
a0180208_056162.jpg
緑は点描画みたいに、赤は絣のように出ています。
なかなかこの感じにはならないのですが、これは面白い仕上がりになりました。

どんな花材をいけるかは…どうましょう。
今の時期なら緑の蔓モノ。
秋の実モノも良さそうです。


続いて、実家の畑でできた夏野菜たち。
a0180208_0551727.jpg
全盛期。
旬の野菜たちは色もツヤもピカピカしております。

こちらの鉢も織部。
a0180208_0554730.jpg


この織部はとろっとした緑。
a0180208_0554122.jpg
やはり織部の緑は優秀で、何を盛ってもひき立ちます。


最後に。
こちらは先日おじゃましたご夕飯会。
a0180208_0553411.jpg
主催者さんご自身も作陶をなさるので、お手製の器がベース。
あと人気作家さんの器を織り交ぜて使ってのお料理をいただきました。

染付の小皿は主催者さん作。
岡晋吾さんの唐草絵皿。
田中信彦さんの繊細鉢。
九谷の小皿。
私の白釉片口も仲間に入れて頂いています。

次々に出てくる、いろいろな器を使っての美味しいお料理。
やはり器×料理は楽しい!と感じるひとときでした。


あれよあれよという間に7月も終盤。
せっかくの夏なので、もう少しビカっと晴れてもいいんじゃないかなーと思いますが...。


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-26 01:02 | ウツワ | Comments(2)

夏ウツワと梅まつり

快適な一日!
今日のような気温&湿度が毎日なら夏大好きなのに。。

例年より夏が早いので、器も一気に夏色に変化しました!
a0180208_2242316.jpg
強還元で出現するピンク紫。
登場です。
先週の窯焚き時はまさに35℃超えの猛暑日。
暑いなか、炎ボンボンと。

そしてあがった辰砂釉がこちらです。
a0180208_22415521.jpg
とろっと溶けた濃い紫色。
平ボウル。
この色が出るうちに作品を作り貯めねば。


こちら、一つ前の窯焚きでの辰砂釉。
a0180208_224141.jpg
弱還元です。
平ハチ。

淡い紫と薄い水色のグラデーション。
a0180208_238634.jpg
こっちは繊細な感じの色合いに。

いろんな表情を出してくれる釉色。
同じ釉なのですが、ここまであがりが違うのは炎の威力です。偉大。


続いて。
こちらも夏場の色。
a0180208_22412393.jpg
黄緑釉。
これが一番鮮やかな時の黄緑。

a0180208_22414124.jpg
平ハチ。
夏はこのくらい派手めな器、いかがでしょうか。



猛暑のなかでの作業。
最近、休憩ではもっぱら梅ジュース!
a0180208_22401068.jpg
見た目少しだけでも涼しくなるようトルコブルーのコップに。

この梅ジュースが美味しいんです!
我ながら。

工房前の梅の木の梅にて作りました。
a0180208_2240393.jpg
超かんたん。
採った梅の実をよく洗い、一晩冷凍庫で凍らせます。
梅と同量の白砂糖を用意。
保存瓶に梅・砂糖・梅・砂糖...と交互に入れていき、時々振りながら1週間待つだけ。

水割りでもソーダでも。
梅酒よりも、だんぜん簡単で作業中でもグビグビ飲めます。


もうひとつ、梅にて。
a0180208_22402778.jpg
甘露煮。
ちょっとしたおやつに。

これは、去年漬けた梅酒の梅です。
a0180208_22401973.jpg
鍋に取り出し、少しお砂糖を足して、 グツグツと。

こちらは注意が必要。
混ぜない&超弱火で!!

私はちょっと混ぜてしまったため、一部ジャム状態に。
そして、弱火にしていたものの、弱さ足りなく、、底が焦げました。
きれいな形をとどめられたのは半分くらいで、あとはスプーンですくって食べてます。。

...と、暑さのなかで梅と戯れている毎日です。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-16 23:58 | ウツワ | Comments(0)

リッタウ修学旅行 !!! ②

まだ7月前半ですが、もう暑いの飽きてしまいました。。

さて、大人修学旅行の続き。
2日目です。

梅雨明けたーーー!
a0180208_22173629.jpg
前日の霧が嘘のように、目の前は夏の空が!
宿泊したホテルの目の前は海。
朝、窓を開けたら真夏の光景が広がっていました。


まず、向かったのは伊豆山神社。
a0180208_22182451.jpg
階段の遥か上にある神社です。
階段総数837段。
バスで途中まで行ったので上った段数は200段程ですが、けっこう必死でした。

こちらの神社、源頼朝と北条政子の逢瀬の場ってことで縁結びで有名な神社のようです。
なので、階段くらいなんてことないです。

a0180208_22183046.jpg
こちら、神社の雄木と雌木の葉っぱ。
バスを待っている間に神社前の茶屋のおかあさんが、お守りなのよ〜と教えてくれました。
おかあさん作の迷信かもしれませんが、なんでも信じます!

...と、思ってちょっと調べてみたら、茶屋のおかあさん作ではなく、古くからある言い伝えのお話でした。
ご神木である梛(なぎ)の木の雄木と雌木の葉っぱ説は政子の時代からあったようです。
バス待ちの間に貴重な事を教えてくださったおかあさんに感謝せねばです。


お次はランチ!
熱海出身のアロマ作家の中山さんに教えてもらった壺中庵さんへ。
a0180208_22184184.jpg
本日のお料理。

a0180208_22185153.jpg
まず、旬菜として出てきたこちら。

a0180208_221942.jpg
鱧と玉子素麺。
盛りつけが素敵です!

a0180208_22191735.jpg
大きな高杯で出てきたのは丸茄子とかつおの炊合せ。

a0180208_22192530.jpg
香の物は焼締めの片口で。

a0180208_22272656.jpg
窓の外は一面、緑。
広々した空間で美味しいお料理いただきました!


そして、このテラスにある壺や先ほど焼締めの器を焼いている薪窯がお隣にあるんです。
a0180208_22193454.jpg
岩戸窯さん。
窯上にいるのは看板犬。

器のギャラリーもあり、陶芸教室もなさっています。
この薪窯で年に2回窯焚きをしているそうです。
自然の灰釉の薪窯作品がたくさんでした。

今は薪割りをして、薪を貯めている時期とのこと、たくさんの薪が積んでありました。
a0180208_22194988.jpg
最後はもう一匹の看板犬(たぶんおばあちゃん)がお見送りしてくれました。
この表情でノロノロついてきてくれるから、たまらなくかわいい!!

今度は薪窯作品作りに再訪したいと思います!


突然の暑さにビックリでしたが、そんなこんなで1泊2日のリッタウ旅行は無事終了いたしました。
参加してくださった生徒さんに感謝です!!
そして今回は来れなかった生徒さんの為にもまた第2回を計画したいと思います。

来年はどんなプランにしようかな〜〜と早くも考え中です。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-12 00:52 | 工房リッタウ | Comments(2)

リッタウ修学旅行 !!! ①

旅行行ってる間に真夏がきてたーー

先週末の土日、工房の生徒さんとリッタウ旅行に行ってまいりました。
天気予報は快晴!
踊り子号に乗り込んだ時も快晴!
目的地は伊豆のクレマチスの丘公園です。

で、着いたら
a0180208_23102738.jpg
曇天!!!
見渡す限りの霧です。

晴れ女率が上がりつつあった私と、神がかった雨女の生徒さんとの戦い、ほぼ負けました。。
a0180208_23425222.jpg
どうしてー。
まさにこんな気分。

とは言え、雨は降っていないのでワイワイとスタート。
いくつもの美術館のある、この公園。
お目当てのヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館にいざ。
a0180208_231028.jpg
こちら、ヴァンジ彫刻美術館。

http://www.vangi-museum.jp/


屋外展示もたくさん。
a0180208_2315514.jpg
ガラスにへばりつくおじさん。
とか、
a0180208_23151914.jpg
うちの麗しい生徒さん達を後ろから狙う...サラリーマン。。
a0180208_23153745.jpg
とか。

もちろん、こんな解釈の作品だけではないです。
「人間の感情の複雑さをあらわす」というヴァンジさんの作品。
表情や佇まいなど、とても興味ある作品が多かったです。
ちょっとユーモアある感じもよかったです。


庭園には時期が過ぎてしまいましたが、
a0180208_23154922.jpg
まだあったクレマチス。

だけでなく、
a0180208_2316656.jpg
バラや百合やあじさいや。
きれいな芝にお花たくさん。


そして、次に向かったのは。
a0180208_23162019.jpg
絵と同じタッチのクワガタ。

が、お出迎えの
a0180208_23163362.jpg
ベルナール・ビュフェ美術館。

http://www.buffet-museum.jp/
今年の4月にリニューアルしたばかりとのこと、観やすくて立派な美術館でした。
背景の壁の色とビュフェの絵とのコラボレーション、見所だと思います!

美術館内の壁には「絵画はそれについて話すものではなく、ただ感じ取るものである。」とビュフェの言葉がありました。


じっくり鑑賞したあとは、その隣にあるカフェで休憩。
a0180208_23165229.jpg
居心地がよくて、北欧食器&セブンチェアでゆったりお茶できるこのカフェ。

...どこかにあった。
a0180208_0111559.jpg
ここでした、デンマークのルイジアナ現代美術館。

よろしかったら、こちらを。
2012年旅行紀*デンマーク編*
http://rittau.exblog.jp/15935753/

現代美術館で、カフェが素敵で眺めのいい庭園の雰囲気も似ています!

こちら隣のミュージアムショップ。
a0180208_23164021.jpg

公園内にもう一つあるNOHARA BOOKSというセレクトショップも、時間が許すならしばらく居着いていたい場所でした。


そして、最後は
a0180208_23185374.jpg
吊り橋!

a0180208_2318378.jpg
恐る恐る渡り始める生徒さん。
私は、こういうのは好きなほうです!


クレマチスの丘公園
http://www.clematis-no-oka.co.jp/main.php
快晴の時にまた行きたいと思う素敵な公園でした。

存分に満喫して、湿度92%(生徒さんスマホ調べ)のクレマチスの丘を後にしました。
長くなってしまったので、続く2日目はまた次回に〜。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-10 01:05 | 工房リッタウ | Comments(2)

表札&ロゴプレート&滝!

7月!!!


さて、先日の初音鮨さんの表札に続き、友人の会社の表札を納品してまいりました。
a0180208_22251814.jpg
「black sheep Inc.」
友人が起業した広告関係の会社です。
国内&海外にグローバルなお仕事している様子。
すごい!!

アルファベットの色は友人の希望で緑、白、青、茶。
それぞれ、織部釉、艶消し白釉、瑠璃釉、あめ釉で制作しました。
この4つはとてもバランスのいい色です。

写真は、まだ仮の配置で正式には横並びに長ーく設置される予定。
こちらの設置後も楽しみです!


表札と一緒にオーダーもらったのは、このロゴプレート。
a0180208_2225943.jpg
これは、友人の会社のマークです。
その形をした瑠璃釉のプレート皿。

たとえば、会社でお菓子を出す時など、これでお出ししたら印象的かも。
ちょうど陶板に適した形なこともありますが、ロゴでの器とは新しいアイデアでした。

陶板に適した形のロゴを持つ会社のみなさん、いかがでしょう〜?



突然ですが、ここからは滝づいている近況を。

まず
a0180208_2231895.jpg
ザ・滝!

a0180208_06225.jpg
もひとつ滝!

そして
a0180208_2231364.jpg
雄大すぎる景色。
日本じゃないみたいなスケールですが、日帰りで行ける地なんです。

山梨の昇仙峡。
東京から2時間くらいで行けるのに、かなりの異空間が味わえます!
ほうとうとセットでおすすめです。


続いて。
こちらは目的の違う滝。
a0180208_22303373.jpg
素敵なお庭です。
睡蓮満開。

埼玉の航空公園内にあるお茶室で開かれたお茶会に行ってきました。
お茶いただく前に庭園散策。
a0180208_22304782.jpg
あじさい満開。
紫グラデーションがきれいでした!

鎌倉とは逆方面ですが、こちらでもあじさい可能。
しかも、空いているのでのんびりできます。
特別な時以外は呈茶サービスがあり、どなたでも一服できるようです。


滝関係の最後は。

ピエール。

このところ、毎朝観ているお寿司屋さん姿だけでは飽き足らず、いろいろと映像観ていたら夢にまで出てきてしまいました。。

体操する瀧さん。
ご興味ある方はぜひ検索を。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-04 00:42 | リッタイ | Comments(0)