ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

惑星なウツワ

1/31は新月ですよ〜。
すごく詳しいわけではありませんが、月の様子は気になるほうです。
どんな姿も純粋に綺麗なので好きです。

そんなわけで天体プレートシリーズ。
a0180208_1253116.jpg
木星。
狙ったわけではありませんが、窯から出した瞬間、木星出てきた!と思いました。

古信楽の荒土にチタン釉です。
荒土の石と高温で茶系に変化した釉色が惑星感を出しています。


次に
a0180208_0545655.jpg
これ、どこでしょう。
宇宙からの海色の地球...きれいですが、陸が無いのはいかん!こうなっては困る。
ので、海王星で!
遠くてよく知りませんが。

私は釉色を観ながらよくこんなこと考えてます。。根クラですね。


そして、なんとなく天体シリーズは続きます。
a0180208_0524413.jpg
こちら、淡緑釉のプレート。
低めの温度の焼成で、白濁の結晶と一部黒っぽい影が出ました。

これはこれで宇宙っぽいです。
太陽系以外のところの銀河系のどこか。
楽しくなってきちゃいました。。


最後に
a0180208_0552237.jpg
黄色釉×艶白釉のプレート。
5寸皿(15cm)のこの掛け分けタイプは初めて作りました。

そして、何が言いたいかというと
a0180208_141095.jpg
金環日食。
が言いたかったんです。
もう満足です。


今年初のれんげさん。
a0180208_0523048.jpg
モフモフ。
相変わらずの男顔です。
by tomomikamo | 2014-01-31 01:51 | ウツワ | Comments(0)

冬色シーズン

朗報!今年は花粉がいつもの半分くらいらしいですよ。
今年の3月はとても忙しそうなので嬉しい限り。

さて、その3月に向けて制作中です。
冬色のウツワたち。
a0180208_2292366.jpg
御影土に艶白釉の碗。
実は初めての組み合わせ。
グレーっぽい艶白に御影のツブツブが表情になっています。
個性的ではないけれど、使い勝手のよさそうな色です。


続いて
a0180208_225672.jpg
冬水色のコップ。
ちょっとこれは曇り気味。
このスモーキーな感じも寒さを連想させる冬っぽさがあります。


こちらはオーダーのもの。
a0180208_2251656.jpg
ハチ&ソーサー。
スープやデザートはソーサーがあるとスプーンも添えられるのでなにかと便利です。

小鉢と小皿としてでも使えますし、色の組み合わせで遊ぶのもおもしろそう。
今後も作っていきたいシリーズです。


最後に。
籠りたくなる季節なのでオススメのDVDを。
『DIANA VREELAND ダイアナ・ヴリーランド ー伝説のファッショニスター』
a0180208_22225021.jpg
マティスの絵の中のような部屋。
圧倒的存在感のこの女性はヴォーグの編集者を経て、70歳でメトロポリタン美術館の衣装顧問となり、残新な衣装展示をした人です。
すごいパワー!!

映画の中でたくさん印象的な言葉があるのですが、中でも一番はこれ。
「日本人はすごいわ。神は彼らに石油もダイヤも金(GOLD)も与えなかった、でもスタイルを与えた」
撮影で日本を訪れた彼女が、日本文化に触れて語った言葉です。
誇るべきものとしてスタイルがあるだなんて、なんて素晴らしいんだろうと思います。

彼女の言った日本のスタイルを見失わないようにしなくてはと思いました。
やる気を奮い立たせたい時には、また見返したいなと思う映画です。

http://dv.gaga.ne.jp/
TSUTAYAなどには置いてない場合もありますが、取り寄せもしてくれますのでぜひ!
by tomomikamo | 2014-01-25 00:31 | ウツワ | Comments(0)

お茶のチカラ

このところ手首が痛くて危険。
制作するうえで、一番大切な部分であります。養生せねば。

先日、薪窯で焼き上がったお茶碗で今年最初のお茶のお稽古をしてきました。
a0180208_1452189.jpg
お茶室に置いてみると、茶碗の力がわかるような気がします。
力ない茶碗だと、お茶室の雰囲気や畳、その他のお道具に圧倒され、存在感がまったく無くなってしまいます。
この茶碗は薪力のおかげもあり、重めの存在感を出すことができました。

a0180208_125073.jpg
そして、お茶を点ててみた事でお茶碗が仕上がったような気がしました。
器は使う時のために、すべての作業工程が詰まっているんだと。

焼き上がり、展示をして、販売する。
その後、作品が渡った先で使ってもらえて、初めて作品完成となるんだなと改めて思いました。
普段、忙しさのせいにして思い止めないでいた事も、時間のゆっくり流れるお茶室で気付くことは多いです。


そして、快晴の先週末に行われた初釜。
明治神宮のお茶室、隔雲亭にてお茶の先生の大先生によるお茶会でした。
a0180208_1462823.jpg
こちら、お軸。
「松樹千年翠」
常に緑を絶やさないでいる松は地道な努力があってこそ。
年初めにこの言葉が飛び込んできたということで、今年も地道にコツコツと...と思いました。

こちら、やっと、なんとかすんなり着られるようになった着物。
a0180208_1451315.jpg
お正月なので賑やかな着物と帯。
祖母が丁寧に手入れをして残してくれたものです。
何十年しまってあっても、とても美しい状態。
長年お茶をしていた祖母の細かな手入れの素晴らしさを感じました。


そんなこんなでお茶の威力に圧倒された1月前半。
少しずつですが、長く勉強していきたいと思います。

作業のほうは少しずつとは言っていられないので、手首と協力しつつ3月の展示に向けて加速していかねばです。




ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-01-19 01:55 | ウツワ | Comments(0)

薪と炎のウツワ

寒波到来のようです。
雪が心配な季節ですね〜。

さて、新年1回目の工房行事は熱海の薪窯への作品引き取りでした。
焼き上がった作品はこちら!!
a0180208_22491164.jpg
艶々に溶けた灰釉!
生徒さんも感動のご対面でした。

これらは、すべて自然の灰からなる色です。
溜まりのビードロ色や、焼き締めの緋色。
三日三晩、6トンの松を使って出た貴重な色です。

薪と炎の力に感謝しつつ、火の偉大さを感じます。
そして、なんといっても貴重な窯に参加させてくださった岩戸窯の小坂先生に感謝いたします。


私の作品はこちら。
a0180208_22211562.jpg
古信楽の抹茶茶碗。
いつもの私の作品とはぜんぜん違いますが、これは薪窯の力を借りなければ出来ない表情です。
撫でくり回したいほど気に入っています。
おばあちゃんになってもこのお茶碗でお茶を点てていたいなと思います。
その頃に生徒さんと行った熱海窯ツアーを想い出すのでしょうか...それも楽しみ。

実は、これは以前別の薪窯に入れ、灰が溶けきらなかったもの。
焼き直しのつもりで入れましたが、下地の効果もあってか、より良い焼き色にあがりました。


続いて。
a0180208_23475322.jpg
沓形に歪んだ茶碗。
炎の勢いの凄さが出ています。
見込みはこのような感じで飴色にとろけています。

a0180208_2348651.jpg
外は荒め土の石がいい味に。


もう一つ。
a0180208_22212129.jpg
信楽の細目土の鉢。
土が細かいので表情は滑らかです。


年始めに良い作品があがり、嬉しい新年のスタートでした。
今年の工房もいろいろな企画を考え、私自身も楽しみに進んでいきたいと思います!


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-01-09 23:55 | ウツワ | Comments(4)

2014年 仕事始め!

あけましておめでとうございます。
a0180208_21212976.jpg
今年、2014年もよろしくお願いいたします。


さて、年が明けて早4日。
仕事始めしましたー!
a0180208_21215342.jpg
いきなりロクロ挽き。
ぐるぐると今年も挽いてまいります。

そして、金彩とお直しで預かっていた金継ぎの作業も。
a0180208_21214095.jpg
お正月にたっぷり休んで、たっぷり食べたので、ここからまたコツコツ作業です。


新年早々の窯出しであがった作品はこちら。
a0180208_2122041.jpg
朱色釉に金彩の抹茶茶碗。
おめでたい装いのものが出来上がりました!

a0180208_2122934.jpg
見込みの朱、いい色に出たと思います。
これは友人が還暦をお迎えになるお茶の先生への贈り物としてオーダーしてくれたもの。
朱+金彩は友人からのリクエストでした。

私だけでは出来上がらなかったこの色組み合わせの作品。
オーダーいただいてから、その色や形が定番作品になることが私はよくあるのですが、この色も今後作っていきたいと思うものでした。
本当に私はオーダーくださる皆さんに感謝せねばです。


続いてもオーダーの作品。
a0180208_21221514.jpg
黄色釉に金彩の高杯。
こちらは、パティシエをしている方からのオーダー。
お菓子の撮影用にと、色違いの高杯をいろいろオーダーいただきました。

a0180208_2122226.jpg
なまこ釉に金彩のタイプ。
どんなお菓子が乗るんだろうとワクワクします。


もうひとつ。
a0180208_2122292.jpg
ペアのマグカップ。
新婚さんからのオーダーです。
新しい食器を増やしていく時期にご注文いただけるのはとても嬉しいことです。
活躍してくれますように。


お正月らしく、金彩作品でのスタート。
今年も皆さんに気に入って使っていただけるような作品を作っていきたいと思います!


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-01-04 22:18 | ウツワ | Comments(0)