ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬のおしまーい

真央ちゃーーーん!
もう真央ちゃんの写真と感想で1回分のブログ使い果たしたいくらいです。
...やめておきますが、とにかくとにかく感動でした。

さて、ソチももうおしまい。
冬もそろそろ終わりです。
a0180208_2295260.jpg
こちら、冬水色。
もうこの色が出るのは、シーズンラストかなと思います。

a0180208_2294671.jpg
表情のあるとっても好きな色です。


a0180208_2293813.jpg
2組のカップたち。
ひんやりした水色は雪っぽい艶白色の釉とよく合います。


a0180208_23099.jpg
2組のご飯茶碗たち。
ほんのりうすーく紫がかった色ともよく馴染む。
a0180208_2295981.jpg



そして
a0180208_2303140.jpg
2組の小皿たち。
春なピンクとも相性抜群◎
a0180208_2301767.jpg



さーあ。
来週あたり、そろそろ暖かくなって春ですね!
春の先にはワールドカップ。
今年はたのしいな〜。
by tomomikamo | 2014-02-23 04:09 | ウツワ | Comments(0)

箱入りのコたち

羽生くん、おめでとうーー!
いやぁ、やっぱりオリンピックは楽しい♪

オリンピックは夜(明け方?)なので見やすいのですが、雪→外出不可→雪かきのループで仕事と窯焚きの予定はめちゃくちゃです。
でも、シンシンと降っている中では籠るしかない状況なので制作作業ははかどります。


さて。
a0180208_0452582.jpg
こちら、桐箱。
友人に頼まれていた抹茶茶碗のお化粧箱を作りました。
父が。

a0180208_0453535.jpg
規正のものでは、なかなかピッタリ合うサイズがなく。。
となったら、父頼み。
いただいた日本酒が入っていた桐箱を再利用しています。

お茶碗は以前ご紹介したこちら。
a0180208_0452176.jpg
朱色釉+金彩。


そして、測って作っているわけではないですが
a0180208_045691.jpg
別の抹茶茶碗もぴったり。
やはり、自分の手から出来るサイズ、形というものがあるみたいです。

これはこちら。
a0180208_0454688.jpg
久しぶりのゴマ地の茶碗です。

a0180208_0454128.jpg
派手ではないですが、やっぱり味のあるヤツです。


せっかくなので、薪窯の茶碗も。
a0180208_0451334.jpg
筒型なのでやや余裕がありますが、収まります。

やっぱり箱に入ると、大切に扱ってもらいたいなと思う気持ちが増すものです。
今後は箱入りモノも作っていこうかなと思いました。


さぁ、真央ちゃん。
...もうすでに感動。。
少なくともこの8年間、毎シーズン本当に楽しませてもらったので、どんな結果であれ感動しかないと思います。
笑顔で終わってくれますように!
by tomomikamo | 2014-02-16 01:55 | ウツワ | Comments(2)

雪と野菜とオリンピック!!

大雪とオリンピックが一気に到来!

朝からもう積もっていた本日は生徒さんの交通事情もあり、工房はお休み。
そんな雪の中、朝イチで届いたのがこちら。
a0180208_0573326.jpg
野菜!!
静岡の農園で無農薬で野菜を作っている友人から送ってもらっている旬野菜のセットです。
私の作品のなかで一番大きい織部の鉢に盛りきらないくらいの野菜たち。

採れたてでとても新鮮なので、我が工房でも最近ちょっとしたブーム。
みなさんでまとめて頼んでます。

そして、葉っぱ好きな私はとりあえず毎朝、ボウルに山盛り。
a0180208_0571886.jpg
野菜そのものが美味しいので、オリーブオイルとバルサミコでいくらでも食べられます。


それとキウイ。
a0180208_0575074.jpg
これまた実がしっかりしていてとーっても美味しい!
少し寝かせて熟すのを待つので、その間は取っ手付きの瑠璃鉢に。

a0180208_057393.jpg
取っ手はアケビです。
手を渋で染めながら編みました。

実はこの鉢、秋の阿佐ヶ谷の展示でも出していたのですが、ほぼどなたにも気付いていただけず。。
a0180208_0592761.jpg
こんな具合で紅葉する葉に埋もれていました。
というか、埋もれさせてしまっていました。。
展示の時はわんさか活けてしまいましたが、余白を残して和花などを活ければアケビも惹きたつかもしれません。


そんなこんなで、雪とあらば、まずはれんげさんを解放。
a0180208_256972.jpg
お昼なのでまだ雪少なめです。

ひととおり、庭駆け回って
a0180208_0581694.jpg
あとは家に入れてもらってぬくぬく。
ちなみにバックはスロープスタイルで有名な「マトリョーシカにタップ」の瞬間です。


そして、私は。
工房は休みになりましたが、しなければならないことはたくさん。
a0180208_0582460.jpg
素焼き作品の釉掛け前の準備作業です。
ここで一つ一つ器を下処理してから釉薬をかけていきます。
この作業は地味ですが、けっこう大切。


さ、これからしばらくは、雪かきと深夜オリンピックと共に作業です。
by tomomikamo | 2014-02-09 02:58 | ウツワ | Comments(2)