ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

タグ:呼び継ぎ ( 14 ) タグの人気記事

なごみと秋の美味しいウツワ

すっかり秋めいてきました。

a0180208_22301793.jpg
呼び継ぎの作品たちと共に発売中の雑誌「なごみ 9月号」に出ております。


a0180208_22285756.jpg
茶道の専門誌ですが、特集も連載もとても読み応えがある素敵な雑誌です。

a0180208_22292533.jpg
ぜひぜひ
お手にとってみてください。





少し前に夏の最後、わーっと暑くなった時に涼んだウツワたち。
a0180208_22280522.jpg
ターコイズ×マットホワイトのビアマグ。




a0180208_22282895.jpg
シャーベットみたいな鉢たち。
今年の夏も終わりです。




そして、秋のウツワたちと共にお知らせです。

薪窯ウツワと栗茶巾。
a0180208_22304667.jpg
9/17(日)に自由が丘・奥沢のパセリセージさんにて秋の栗茶巾会があります。
久米真由美さんの作る栗茶巾会。
ギャラリースペースでは素敵なアクセサリーの展示があります。



a0180208_22310861.jpg

14:00までは私も在廊しております。

a0180208_22313090.jpg

来年一月にはパセリセージさんにて展覧会とウツワとお料理のコラボお食事会を予定しています。
住宅街の素敵なギャラリーにぜひ。









by tomomikamo | 2017-09-05 22:48 | ウツワ | Comments(0)

宇宙なウツワ

過ごしやすい5月。
そして今年も夏がやってきますね。


a0180208_23163275.jpg
こちら、先月焼きあがった小皿。
窯から出して、宇宙みたい〜と思っていたら。


昨日NASAが公開した木星の南極が似てました。
a0180208_23145970.jpg
左が『米航空宇宙局(NASA)は26日、無人探査機「ジュノー Juno」が高度5万2000キロ上空から撮影した木星の南極の画像を公開した。地球を上回る強大な磁場で渦巻く瑠璃色の大気の乱れをとらえた写真』です。

木星と直径12センチの小皿を並べてニヤニヤしてました。



天体つながりで。
a0180208_23415268.jpg
ウユニではこんな星空が見えました。
地球って宇宙にあるんだなと思いながら眺めていました。


サンライズツアーをご一緒したバックパッカーの男子が送ってくれた写真。
若者はThetaという360度撮れる最新のカメラを持っておりました。
アプリで見るとくるくると360度で見れるんです。
いまだ南米旅行、写真で楽しんでます。




そして、連休翌週までだった真鶴のギャラリーaToさんでの展覧会。
素晴らしい眺めでの展示。
a0180208_23135230.jpg
いらしていただいた皆さま、ありがとうございました。




a0180208_23132685.jpg
連休中のお天気も良くてよかったです。
呼び継ぎ箸置きが金魚に見えるような気温でした。




近況は
a0180208_23153628.jpg
陶板タイルを制作しました。
ずっとやってみたかったタイル、壁面に入った図はうれしいです。



a0180208_23141916.jpg
そうこうしているうちに秋になってしまいそう。
個展に向けての制作スタートしました。












by tomomikamo | 2017-05-28 00:22 | ウツワ | Comments(4)

「色ウツワと呼び継ぎコモノ」@ 真鶴ギャラリーaTo

ゴールデンウィーク、スタートですね!

連休初日の本日より真鶴のギャラリーにて個展がスタートします。
a0180208_02030015.jpg
「色ウツワと呼び継ぎコモノ」
真鶴ギャラリーaTo
2017/4/29(sat)-5/15(sun) 11:00-17:00
月・火曜日休廊
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1572-8
0465-42-9095
http://ato-g.com




a0180208_02033590.jpg
暖かくなって使いたくなるような明るい色の器と、
新作の陶器とガラスの呼び継ぎ箸置きも展示します。




a0180208_02031796.jpg

連休にもし伊豆方面にお出かけの方いらしたら、ぜひ!

海の見える一軒家の素敵なギャラリーです。
私は5/5の14:00から在廊予定です。




そして、こちらも連休に向けて、追加のお皿たち。
a0180208_02004132.jpg
『和食を楽しむ道具店/hacozen茅場町店』
2017/5/21(sun)まで
「食神さまの不思議なレストラン展」に併設のhacozenショップです。
ショップのみでも入れます。


a0180208_02010860.jpg
ワンプレート皿にできそうなサイズと、お取り分け皿サイズの2種。
色とりどりの箸置きもあります。





そしてそして。
私は連休前に南三陸に行ってきました。

見てみないと、行って、聞いてみないとわからなかったことがたくさんでした。
行ってよかった。

3月に南三陸さんさん商店街が新しくオープンし、これからさらに公園もできるとのこと。
お魚も美味しい!商店街では海鮮丼を始め、いろいろ食べ歩きもできます。


そして、いつか必ず行きたいイースター島のモアイに南三陸でまずは会えました。
a0180208_01593300.jpg
1960年のチリ地震以来、チリと南三陸は友好関係にあり、このモアイは東日本大震災後にチリから送られたもの。
イースター島の石で島の職人さんが作ったモアイが島外に出されたのは初めてのことだそうです。
ぜひ、正面を見に行っていただきたいです。



帰ってきた翌日のお茶菓子はモアイづくし。
a0180208_01595389.jpg
こんなかわいいお土産もいろいろ。

もしも、連休に行くところに悩んでいたら、ぜひ!








by tomomikamo | 2017-04-29 02:30 | 展示 | Comments(4)

2017年 酉年

あけましておめでとうございます。

晴天の三が日。
清々しいスタートですね!

a0180208_22513208.jpg
まずは花びら餅。
金沢の森八さんの。
もっぱら千歳が大好きですが、花びら餅もさすが!美味しかったです。


クリスマスあたりからケーキと和菓子を交互に食べ続けている気が。。
年末年始だからという理由で許されましょう。




おせちのウツワたち。
a0180208_22523541.jpg
あめ釉の小鉢に染付皿と黄緑色の色ガラスの破片を呼び継ぎした器に錦玉子。
茶と黄身の黄色が似合いました。

錦玉子は鎌倉の井上蒲鉾店の。
これまた美味しいので毎年恒例です!




そして
a0180208_22530993.jpg
三色の割山椒に紅白なます、牡蠣マリネ、数の子。
割山椒もこんな小鉢として気軽に使うとテーブルのアクセントになりそう。

こちらのお料理は...お料理教室の先生作です。笑

牡蠣のマリネはとっても美味しくて、とっても簡単なので即復習しました。




年末からのミッドタウンでの展示、10日まで開催しております。
a0180208_22520256.jpg
『ニッポンの正月 ハコゼンの道具』
2016/12/26(月)〜2017/1/10(火)
東京ミッドタウン ISETANサローネ1階


年末には華やかなお飾りと共に。
年始は絵付けの作家さんたちと共にウツワメインで展示しています。







さて。
今年は短いお正月。
私も明日、作業始めです。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。










by tomomikamo | 2017-01-03 23:24 | ウツワ | Comments(0)

kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展

今年もなんと後1ヶ月。
師走ですね。

明日から金継ぎのグループ展覧会があります。
a0180208_22300607.jpg
破片呼び継ぎ片口。
織部の片口に骨董絵皿の破片を継ぎました。





こちらは板皿。
a0180208_22293368.jpg
織部と艶白のヒビの入ってしまった皿に絵皿の破片と色ガラスを。


a0180208_22284803.jpg
こんな感じに色を遊びながら。






a0180208_22273826.jpg
呉須青の豆皿にも小さな破片継ぎ。
豆皿兼お箸置き。





破片を呼び継いだ作品たち。
明日から土曜日まで表参道にて開催です
いろいろな作家さんのいろいろな金継ぎが集まっています。ぜひ!
私は12/7(水)、9(金)の11:00-15:00に会場におります。



『kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展』表参道 Gallery 5610
2016/12/5(mon)〜10(sat)
11:00-17:00 (最終日-15:00)
東京都港区南青山5-6-10 5610番館
東京メトロ 表参道駅B3より徒歩3分



a0180208_22275853.jpg

金水引の寿フォークレスト。
こちらも販売しています。
年末年始のめでたいテーブルに◎





先日、おめでたいお席があり、呼び継ぎのブローチを髪飾りにしました。
a0180208_22302505.jpg
着物と帯に合わせた色を選んで。
同級生が着物で勢ぞろいする様は、まるで婦人画報の新春特別号みたいでした。









by tomomikamo | 2016-12-04 23:02 | 展示 | Comments(0)

『創』

「美の壺」ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました!
a0180208_21240100.jpg
無事見届けてひと安心です。
放送直前の緊張感ったら....。


a0180208_2216461.jpg
金継ぎについての素晴らしい特集の回に出演させていただき、本当に光栄でした。
凄い作品、凄い技術の合間に恐縮な気持ちです。

まあ、見事に鼻づまり声。
...が、私についてはいいです。


金継ぎの魅力がたっぷりの放送でした。
本阿弥光悦の赤絡茶碗。
古田織部が作らせたという井戸茶碗の十文字。

そして最後のお茶室での織部、志野、黄瀬戸の呼び継ぎ茶碗!!
必見です。


来週の火曜日と木曜日に再放送もあります。
お見逃しであれば、ぜひ!

『ほころびを愛(め)でる金継ぎ』
NHK BSプレミアム
再放送 4月21日(火)11:00~11:30 
再放送 4月23日(木)06:30~07:00 

http://www4.nhk.or.jp/tsubo/



さて、取材の時に制作していた呼び継ぎの作品。
制作過程をご紹介です。

まず
a0180208_2214099.jpg
パカーン。

a0180208_2214771.jpg
バリーン。

呉須の鶴絵小皿と窯傷のあった私の織部小皿。
2枚の割れたお皿たち。
なかなか相性は良さそうです。

さらに
a0180208_22313953.jpg
割れてたストックの朱色皿。
いい挿し色になりそう。


3枚の割れたお皿をミックスしていきます。
うまく組み合わせられる破片を選び...
a0180208_22141798.jpg


a0180208_22141288.jpg
いい感じ。



そして
新たな2枚として甦った作品がこちら!
a0180208_22154392.jpg
放送でどれにしようかな〜とお箸でガラスを選んでいたのが、このガラス呼び継ぎ。
破片の一部を形がピタリのグリーンガラスにしました。


相方のもう一枚。
a0180208_22153245.jpg
こっちは鶴絵メイン。
朱色皿が効いているかと思います。


色合わせも図柄も気に入った2枚に出来上がりました。

呼び継ぎのあれこれを考える行程はとても楽しいです!
やはり作品は楽しみながら作らないと。



こちらの破片呼び継ぎも。
a0180208_22161394.jpg
春らしくカラフル。
赤絵の破片にはピンクと深紅のガラスを。
染付の破片には鮮やかなレモンイエローガラスを。


こんな感じで楽しむ金継ぎ。
新しい素材ならではです。

自分のウツワを楽しむこと。
色を楽しむこと。
骨董ウツワを楽しむこと。

これからもいろいろミックスしていきたいと思います!

a0180208_21183664.jpg







ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-04-17 21:47 | 番外編 | Comments(3)

美の壺

本日はまずお知らせです!

今度の金曜日、NHK BSプレミアムで放送の「美の壺」に金継ぎの作品と共に出演します。

a0180208_2047795.jpg
『ほころびを愛(め)でる金継ぎ』
4月17日(金)19:30~20:00

再放送 4月21日(火)11:00~11:30 
再放送 4月23日(木)06:30~07:00 

http://www4.nhk.or.jp/tsubo/


漆アレルギーの私が出会った新漆での修復方法。
壊れてしまったウツワを直して楽しむこと。
新たな作品として甦らせるうれしさ。

...などが伝わるといいなと思います。

大好きな番組だったので取材していただけてとても光栄でした!
ぜひご覧ください。


そんな継ぎで最近直した作品たち。

a0180208_1351276.jpg
織部の花器。
パッカーンとバラバラでしたが、破片を戻してみると綺麗な継ぎ目模様に。
器の新たな景色として金色が加わりました。


a0180208_20473137.jpg
こちらは窯傷の鉢。
釉流れで高台が一部欠けてしまいました。

釉色に合わせて金箔っぽく仕上げました。

a0180208_20473729.jpg
ウツワ色が気に入っていた作品なので無事に高台の安定を取り戻せてひと安心。

直すとなんだか本当に生き返ったような佇まいになってくれる器たち。
愛でていきたいと思います!


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-04-14 13:51 | 番外編 | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ*ChicChic vol.5

本日発売♪
a0180208_1404255.jpg
雑誌掲載のお知らせです。
金継ぎの作品で取材いただき、作品と一緒に出ています。

a0180208_1403264.jpg
「ChicChic」チクチク vol.5/暮らしがハッピーになる50の手仕事 三栄書房

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=7439

手仕事のいろいろが出ている、とっても読み応えのある一冊です。
すごくたくさんの作家さんやお店やイベントが取材されていて、もの作り好きにはたまらない内容。
季刊誌なので、今日からしばらく本屋さんに置いてあるかと思います。
生活誌のコーナーかな...ぜひ探してご覧になってみてください!

私のページは金継ぎをはじめたきっかけや金継ぎ作品の馴れ初め、工房での作業風景など取材していただきました。

後半の
a0180208_1405038.jpg
別ページのマグ特集にもちょっと参加させてもらってます◎


ということで、今日は金継ぎ作品の新作たちをご紹介。
a0180208_23515914.jpg
龍絵の骨董そばちょこ。
トルコブルーの破片を呼び継ぎし、金で龍をちょっと飾りました。


こちらは黒プレートの銀継ぎ。
a0180208_23524100.jpg
黒地に銀が映えて、シックな感じに。

a0180208_23515072.jpg
割れてる姿も、これはこれで綺麗でした。


続いて
a0180208_1414679.jpg
雑誌にも載ってる破片継ぎ。

a0180208_1415348.jpg
呼び継ぎ用に集めている破片たち。
これを繋ぎ合わせて、小さなパーツに。
箸置きとしてもいいかなと思います。

欠けを直すのがきっかけで始めた金継ぎですが、作品として作るようになり、
日々いろいろなアイデアを貯めておくのが楽しいです。
陶芸の作業とはまた違って気分転換。
次はどんなのを作ろうか...と構想中です。


そしてそして、日本のワールドカップは終わっちゃいました。

悔しそうな選手が映るたびに心痛くなりますが、日本のトップの十分に期待できるメンバーががんばって負けたんだから、しょうがない。
この4年間すごく楽しませてもらったし、これからの4年間をまた楽しみにしたいと思います!

とりあえず、決勝までスゴイ試合を気楽に力まず見届けたいです。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-06-27 23:56 | 番外編 | Comments(0)

Je vais à Paris avec navire! (器と共にパリに行く!)

グーグル翻訳でフランス語に変換してみました。
まったくわからない...明日からが心配ですが、ジェスチャーで乗り切ってきます。

さて、パリに連れて行く作品の続き。
a0180208_23555361.jpg
淡い紫の平皿に色ガラスを呼び継ぎしたもの。

割れた状態はこちら
a0180208_23552773.jpg
破片の一部を色ガラスに置き換えます。
ガラスの透明感と発色は陶器では出せないので、憧れもあり、取り入れてみました。

そして
a0180208_23535170.jpg
継ぎ合わせる。
淡い色にも金が映えます。


同じくガラスと平皿の呼び継ぎ。
a0180208_23561170.jpg
ブルーの平皿に黄色の柄の入ったガラスを。
自然な割れ方ですが人の模様のようにも見えて、これもおもしろいかなと思います。


こちらは、今回の展示の参加メンバー全員で制作している白プレートの「あ・そ・び」金継ぎ。
a0180208_23564093.jpg
私はまっすぐに割れた割れ目の上にあわじ結びの水引を。
こちら、引っ張ってもほどける事のない結び方で、末永いお付き合いをという意味があるそうです。
金継ぎで再びついた器もほどけることがありませんように。

日本のこういう細かいところにも意味がある文化というのは、とても素敵だなと思います。
フランス語で説明することは到底無理ですが、通訳くださる方がいるので少しでもコンセプトが伝えられたらいいなと思います。


続いて。
a0180208_23565294.jpg
瑠璃の抹茶茶碗に白陶片の呼び継ぎ。


a0180208_23564682.jpg
紫窯変の鉢に深紅グラスの呼び継ぎ。
これは以前に制作したもので、金継ぎの作品の中で一番気に入っているので連れて行くことにしました。


さて。
まずは朝の空港までのバスに遅れないよう、がんばります。
行ってまいります!


kuh金継ぎアート「あ・そ・び」展
2014/4/8(火)〜12(土) 13:00〜19:00
Espace Japon
12 rue de Nancy 75010 Paris
http://www.espacejapon.com/



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-04-04 00:55 | 展示 | Comments(2)

Kuh金継ぎ教室「あ・そ・び」展 in Paris!

春の嵐の後、来週は桜で騒がしくなりそうですね。
先日までの十条リトルコでの展示にいらしてくださった皆様、ありがとうございました!

展示終わりで一息ついたらあっという間に4月。
そして、4月は金継ぎの展覧会@パリ!があります。
a0180208_23374638.jpg
kuh金継ぎアート「あ・そ・び」展

2014/4/8(火)〜12(土) 13:00〜19:00
Espace Japon
12 rue de Nancy 75010 Paris
http://www.espacejapon.com/

a0180208_23373918.jpg
私の所属するkuh金継ぎスタジオの伊藤和江先生が主催です。
スタジオのメンバー18名での展覧会。
昨年から楽しみに準備していた展示です。


ふと気付けば、もう来週には出発。
卒業旅行以来のかなりお久しぶりなパリ。
今回は展示がメインなのであまり観光はできませんが、いくつかの美術館は観てきたいと思います。

そして、出展作品。
a0180208_23353317.jpg
トルコブルーの小皿と九谷の骨董小皿の呼び継ぎです。

「呼び継ぎ」とは欠けて破片の無くなってしまった器にだいたい同じ大きさの器の破片を埋め込んで補う補修法です。
私のこの作品は互いに組み合わせて補い合うようにしました。

金継ぎの方法としては、新漆という新しい素材を使った初歩の技法です。
伝統ある本漆での金継ぎは日本の誇る技法ですが、とてもとても時間と技術の必要な作業です。
私はまずは、欠けてしまった器を甦らせるという点からの入口です。
それでも、傷を景色として楽しむ美を感じていただけたらと思います。

その他の骨董器との呼び継ぎは
a0180208_2336297.jpg
鶴の赤絵皿と瑠璃の陶片のMIX。


a0180208_23354645.jpg
鶴亀の染め付け皿と紫の陶片のMIX。


a0180208_23355436.jpg
竹と鳥の絵皿と織部の陶片のMIX。

どれも、コツコツ集めた日本のとってもおめでたい文様の小皿たち。
そこに私の器の破片を埋め込みました。
この呼び継ぎをはじめてから、割れた器の破片を集めておくようになり、工房が破片だらけになりつつあります。。


このほかにも数点連れて行ってまいります。
ほかの作品はまた次回ご紹介します。

ギリギリですが、もう少し仕上げの作業をがんばらねばです...。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-03-31 01:00 | 展示 | Comments(0)