ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

タグ:灯油窯 ( 11 ) タグの人気記事

125年間ありがとう!

今日は我がお窯さんのお引っ越しでした。

明治22年に建てられた築125年の祖父の精米工場。
a0180208_16453492.jpg
私が生まれたときから古かったです。
そして当たり前に建っていたのでいつもの見慣れた場所でした。

a0180208_16501325.jpg
毎年年末にはここがお餅の大作業場になっていました。
粉で真っ白になったおじさんやおばさんが慣れた手つきでのし餅を作っていた場所。


この工場の片隅に窯を設置させてもらったのが9年前。
a0180208_16451833.jpg
第1回は2006年10月27日。
それから本焼き260回、素焼き115回、計375回の窯焚き。

先日のこの工場での最後の窯焚きを終えて、本日新たな窯場へ無事移動しました。

窯屋さんにバーナーも煙突もきれいにしてもらい、また気分新たにスタートです。
お窯さん、これからもよろしく!



そして、来週から取り壊しが始まってしまう工場。
a0180208_16451362.jpg
よく見上げてた天井の梁。
これ見て育ったので骨組みフェチになったのかも。


a0180208_1652237.jpg
かつてフル稼働してた精米機。
「躍進号特選米機」
なんか、かっけー名前ついてます。


a0180208_16461512.jpg
柱に直接メモる。
チョークで!


a0180208_16472520.jpg
おじいちゃんの工具たち。


a0180208_17253073.jpg
ガラスはどっかいっちゃた窓。


全部が普通の光景でしたが、見直してみるとそこらじゅうが長い歴史を物語っていました。



そして、こんな素敵に写真に納めてくれた友人に感謝です。
カメラマンをしている北見智美ちゃんに撮影をお願いしました。
彼女の写真で工場が残るのはとてもうれしく宝物です!



おまけで。
こちらは3月いっぱいで閉店した鴨下米店。
a0180208_17202861.jpg
昭和ーーーっっ!
こんな商店が2015年東京に存在してたんですよ。
しかも今見るとちょっとかわいいじゃないか。
近所の小中学生に惜しまれつつの閉店でした。笑




a0180208_16503792.jpg
かっこよくて大好きだった工場。
長い長い間、ご苦労さまでした!
ありがとう。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-06-02 23:22 | 番外編 | Comments(2)

フッカツ!

ご心配おかけしました。
窯、復活いたしましたー!

ツヤっといつも通りの焼き上がりに。
a0180208_081244.jpg
しっかり温度が上がらなければ出ない、釉溜まりが無事できました。

a0180208_081464.jpg
黄瀬戸釉と萩釉のMIXの大皿。
これは灯油窯ならではの色なので、仕上がりを見て感慨ひとしおです。


台風のなか酷使してしまって、非常にご機嫌ななめの我が窯。

窯屋さんからスス掃除の指令を受け、まずは掃除機探しを。
さすがに家の掃除機でススを吸う勇気はなく。。。
中古掃除機を求めリサイクルショップに行ったものの、中古品はなく、ある程度のお値段の新中古品を購入。

きれいな掃除機をもしかしたら一発でダメになるかもしれないスス掃除に使うのは気が引けましたが、今は窯の機嫌が最優先。
ということで、炎口に掃除機を突っ込み、ガンガン吸い取りました!
白い掃除機はあっという間にスス色でしたが。


そして、気分新に再度本焼き。
1000度越えてからはもう神頼み。

13時間で無事に1230度に到達。
ひと安心したものの、窯出しまでは一抹の不安がありましたが...。

本日窯出しした作品たちはちゃんと仕上がっていてくれました。
a0180208_09195.jpg
釉、流れております◎


これからの時期は強還元がかかるので、窯の負担も増します。
マメにお手入れしてあげるよう、心がけなくてはです。
by tomomikamo | 2012-06-30 01:03 | ウツワ | Comments(0)

嵐の窯焚き

ちょっと前になってしまいましたが、先日の台風。
みなさん被害はなかったでしょうか。


まさに、あの日に窯焚きをしていた私。
今までで一番スリリングな窯焚きでした。

仕上がった作品はというと...こちら。
a0180208_193884.jpg
危険を冒しただけあって、ちょっと変わった仕上がりに。

これは今の時期、還元で紫色にあがる辰砂釉です。
が、紫と水色とトルコグリーンがMIXで出てきました。

この感じは今までなかったです。
あの天候は狙えないのでたぶんもう出ないかも。

大鉢とか入れていたら、いいの出来てただろうな〜〜と。
この世と窯焚きにたら・ればはないですが。


あと、こちらも。
a0180208_103150.jpg
上のと同じ、辰砂釉。
こっちはグレーがかった白と赤紫に。

a0180208_103655.jpg
惑星っぽくて好きなタイプです。

a0180208_103364.jpg
木星っぽくてさらに好み。
ジュピターとかベタな名前をつけたくなってしまう。。


あの日、私は朝の空の落ち着きを過信し、点火してしまいました。

思ったより雨降らないじゃん!とか思って順調に焚いていたら。
窯焚きの終盤、温度も1200度を越えてきた頃、みるみる雨風がひどくなり。
一番肝心な時間帯に台風が東京上空にやってくるという事態に。


1200度を越えると窯内は炎で真っ赤です。
そこに台風の風が煙突から吹き込み、隙間から炎が吹き出すという怖ーい状況。
初めて真剣に火事になるかも...と心配しました。

本来ならばもう1時間くらい粘る時間だったのですが、気が気じゃないので火を止め終了!
なので、窯になにかしら影響がでていないか&窯内の作品は無事焼けているか。がとても気がかりでした。


結果。
作品は思いのほか、いい感じに。

問題は窯。
一昨日、次の窯を焚いてみたら途中で火が止まってしまうというハプニング。
展覧会前の、この時に........!

窯業者さんに連絡したところ、とりあえず炉内のススを掃除してもう一度焚いてみるよう指令を受けました。
明日、ススまみれになって掃除するのでなんとか窯が無事であってほしい。


次の窯がちゃんと焚きあがるか、初めての修理となってしまうか。
気がかりな事態は続きます。
by tomomikamo | 2012-06-26 02:04 | ウツワ | Comments(4)

藤色ウツワ

風邪から完全に抜け出ました。
昔は、風邪ひいたら最後、2週間くらいかけて一通りの症状を味わわないと治らなかったのに。
のど痛だけでフッカツ!

課題であった免疫力がついてきたのかも。
毎朝コメ麹の甘酒を飲んでる成果でてるのかも。

この甘酒うんぬんに関しては、来たる恐るべき花粉シーズンの経過を見てから、詳しくご紹介します。
今のとこ、かなりいいんじゃないかという手応えが◎


さてさて、体調も万全なので作業もいろいろと。

今日は、これまた冬色バージョンで出たこちらを。
a0180208_2305326.jpg
大きめ深めの飯碗。
赤土になまこ釉。

a0180208_22344748.jpg
紫がかった色に発色。
季節はちょっと違うけど、藤色という感じ。


ちなみに、夏場の還元傾向では
a0180208_22525935.jpg
この、パンチのあるラメブルーに発色します。

夏色・冬色どっちも、個性的だけどもうちの窯ならではの色で気に入っています。


節分のお豆も大量に食べたし、世の中の戦略に釣られて恵方巻きも食べたし(切っちゃったけど...)。
今年も順調に季節の催しをこなしていきたいと思います。
by tomomikamo | 2012-02-06 02:01 | ウツワ | Comments(0)

窯場のご紹介!

とびっきり寒い一日でした。

工房の玄関前は道が北向きなため、雪がぜーんぜんとけてくれません。
雪かきするタイミングの逃し、もう、カチカチ。。。
今度からは雪降ったらすぐ、ふかふかなうちに雪かきします。

寒かろうが、今日は窯焚き。
朝、温度計は0℃!
a0180208_175936.jpg
いつもは寒くても5℃くらいを表示するのに。。。
ついに「0」って表示がきました。

最近、なんだかお天気中継の常連である練馬。
夏暑くて、冬寒い。&雪多い。
なんでしょこれ?三重苦?
でも、住みやすいですから!
まあ、そんな地なので朝は氷や霜柱があたりまえです。

霜柱にもめげズ、朝、窯詰めをして点火。
a0180208_175539.jpg
ひさしぶりに登場のうちの灯油窯。
働きものです。

点火してから12〜13時間。
1時間ごとに油量と風量を調節しながら1230℃まで上げていきます。
教室をしながらも、窯を焚いている日はこの窯チェックで工房と窯場を行ったり来たりします。


今日はそんな窯場のご紹介。
窯を置いているのは祖父のお米屋さんの工場(こうば)です。

もとは精米所として使っていたところ。
今はお餅つきの時くらいしか使っていないので、端っこに置かせてもらってます。
a0180208_10285117.jpg
明治時代に建てられた築100年以上のこの工場。
レトロとかの枠越えてます。

a0180208_10292176.jpg
天井の梁とかはたぶん、マニアにはたまらないはず。
私も骨組みフェチ。
子供の頃から見ているのでこの梁は見慣れてますが、それでも、たまにすごいな〜と一人で天井を見上げてます。

そして、この正面にある煙突も灯油窯。
a0180208_174871.jpg
でも、こちらはお餅用。
右の木のせいろもお餅用です。

そんなこんなで、モクモクと煙を出す灯油窯を使える環境に感謝しつつ。
本日も無事窯焚きを終えました。

窯出しは中一日空けての明後日です◎
by tomomikamo | 2012-01-27 02:13 | 番外編 | Comments(6)

冬色のウツワ

北風が吹き荒れてます。。。
明日の朝はすっーごく寒いらしい。
ただでさえ苦手な朝が、寒さでツラさ倍増です。

さて。
今年最初の窯があがりました。
この時期の、この寒さで、この色が
a0180208_22261569.jpg
でました!

今くらいキリッキリに寒くないと出ない、この濃いめの水色。
ほんとうに一時期しか発色してくれないんです。
この色の為だけには、寒さ歓迎!な気分になります。

a0180208_2226135.jpg
ん〜、今年の水色も好みのタイプ◎
釉薬に追い立てられるように、ピッチ上げてガツガツ作業していかねばです。


あと、お知らせです。
毎年春に個展をしているリトルコさんで今週末フリーマーケットがあります。

私も出品参加してます。
なぜか出しても出しても出てくる服たち。。。
売れたら、また買う。
それがフリマの醍醐味。

「ミッカフリマ」
1/13・14・15(金・土・日) 12:00〜17:00
十条駅より徒歩5分
http://homepage2.nifty.com/littleko/index.html

服、雑貨、本、チャリティー品などなど。
カフェはお休みですが、掘り出し物探しにぜひ!
by tomomikamo | 2012-01-11 23:19 | ウツワ | Comments(0)

キッチリ派とマイペース派

湿度少ない!快適!!
やっと、熱帯な夏から解放された気がします◎

そんな季節の移り変わりに私よりもだんぜん敏感なのが、うちのお窯さん。
夏の終わりを告げるべく、9月に入って、キリッと紫の出方を変えてきました。
a0180208_21492622.jpg
紫釉の鉢。

真夏、ピンクがかった紫が出ていたこの釉。
だいぶ薄くなり、すこしブルーがかってきました。
a0180208_21492970.jpg
今回は色味が消えすぎず、いい色合いに出たと思います。
けっこう気に入ってます。

よくよく見ると、そばかすが。
a0180208_21493256.jpg
これはたぶん、燃料の灯油によるシワザ。
なので、まったく狙ってないのですが、いい味になりました。

これからの季節の移り変わり時期は、釉の出方がとっても読みにくいです。
ただ、この時期にしか出ない絶妙な色合いもあるので、貴重な時期。
作業速度をブンブンを飛ばしていかねばです!


そんな、エンジンかかった私に対して、超マイペースな愛すべき、うちのゴーヤ。
まだ、彼の夏は終わっていませんでした。
a0180208_21493545.jpg
どうした、どうした。。。
台風明け、ふと見上げたら、いきなり5コも実をつけてる!!

期待するのをやめたとたん、成果がでるのはよくあるハナシ。

a0180208_21493847.jpg
こんなにわしゃわしゃ伸びたかいあったね◎

芋・栗・カボチャがほっこり食べたくなってきた頃に、スタミナ満点のゴーヤチャンプルがめでたく作れそうです。
スパム買ってこなくては!
by tomomikamo | 2011-09-07 22:39 | ウツワ | Comments(0)

合わせワザ

ガガ好感度が上がり続けてますね。

ああ見えて25歳。
昭和で言ったら60年生まれ。・・・しっかりしていらっしゃる。

MTVのライブはやっぱりとってもよかったし、今日のスッキリはかわいかったし。
どちらもYouTubeで観られます。便利です。

ゴム手袋して家中掃除しまくっているって話を聞いたことがあったので、前からぜったいいい人だと思ってましたが◎

でも、ガガといえば!の伊勢エビ帽子だけは見ていてつらい。
エビ&カニアレルギーである私。
見てておでこがカユくなります。

さてさて、久しぶりのトルコブルー。
a0180208_2237367.jpg
この形は花器として制作。
飲める方にはワインクーラーに見えるようです。
もちろんどちらでも◎

これ、よくよくみると、なんとなく赤紫が透けたようなブルーなんです。
わかりづらいですが。
私としては満足いったあがり。

我が2窯の共作です。
まず灯油窯の還元でオール赤紫に焼きあげ、電気窯の酸化でもう一度焼き直し。
すると酸化に戻りますが、どことなく還元の面影が残ってちょっと深い色に。

かなり悩んで購入した小型電気窯でしたが、結果、よかったです。
サポート役として、なかなかいい仕事をしてくれるので感謝です。
by tomomikamo | 2011-06-28 23:34 | ウツワ | Comments(0)

ひさびさ窯

今日は最近得意の早起きをして、ひさびさの本焼きをしました。

我が家の灯油窯、燃料にはもちろん灯油を使い、灯油を出すモーターと温度計に少しですが電気も使います。
よって、地震後の燃料、停電、余震のいろいろな心配から窯たきを見送っていました。

でも4月から個展の為、もう焼かねばというギリギリの期限になり、本日決行。
難しい時ですが、自分の仕事も進めなくてはなりません。

なので昨日は釉掛け。
a0180208_21273283.jpg
ずらっと並べる。

個展前なのでやや数は多いですが、これ、いつもの準備です。
気合い入れるためにキッチリと。
土、形、大きさに分け、とりあえず並べて端から下処理。

ヤスリがけをして、粉の拭き取りをして、サインを描き入れて、底の釉を塗り、撥水剤で止める。
ひたすらひたすら地味な作業。
地味なりに時間もかかります。

その後、色別に分けてやっとこ釉掛けです。

そして、いつも以上に真剣に窯入れ。
本焼きはあと1回の予定のため、1個でも多く入れたいので。

・・・そんなこんなで無事窯たき終了しました。
by tomomikamo | 2011-03-25 22:13 | ウツワ | Comments(2)

相棒2

って!タイトルが水谷豊になってしまった!!
映画じゃないです。

私の大事なパートナーお窯さん。
大御所の灯油窯にフレッシュな若者が新たに参入。

こちら、
a0180208_224165.jpg
小型電気窯のプティさん。
・・・命名は私ではなく発売元です。

確かにかわいい。
フタはちょっとおしゃれなパステル水色♪
家庭用100V対応の小回り利く子です。

a0180208_2242281.jpg
中もプティ。

100Vとはいえ、やはり相当な熱量を使用するので、電気屋さんに相談したところ専用コンセントを引く事に。
先日工事を終え、やる気まんまんです。

そんな気配を察知したのか、昨日の灯油窯兄さんはご機嫌ナナメでした。
温度が上がらなくなり、とっても手こずりました。

若手は兄さんの力には到底かなわないのに・・・。
まぁ、こうゆうワガママ言いたくなる気持ち、わかるんで許します。
by tomomikamo | 2011-02-19 22:39 | 工房リッタウ | Comments(2)