ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

タグ:窯焚き ( 8 ) タグの人気記事

窯焚きと工場と。

いきなり酷暑!
心配された台風もなんのその。
素晴らしいお天気のなか、薪窯焚きのお手伝いに行ってまいりました。
a0180208_21544661.jpg
窯番中、夜明け前の空。
めったに見ない時間の空色です。
そしてかわいい二十六夜の月。


a0180208_2154316.jpg
何度見てもかっこいい窯。

a0180208_21543711.jpg
目が離せなくなる炎。
無意識で見入ってしまい、ふと気付くと目がすごく痛くなってます。


今回も工房の生徒さんがたくさんお手伝いに参加してくださり、
そして、窯の主・小坂先生と岩戸窯のみなさんがあたたかく迎えてくださり、
とってもとっても楽しい窯焚きでした!


最後の一本の薪。
a0180208_21545446.jpg
みんなで窯への感謝を寄せ書き。


a0180208_2155089.jpg
小坂先生に見守られながら寄せ書き発案者の生徒さんがラスト一投し、無事完了◎

今は、窯がゆっくり冷めているところ。
窯あがりが楽しみです!




さて、実家の工場解体完了のご報告です。
a0180208_21535620.jpg
お祓いした木を最後に3本だけ切り、あっという間に更地に。

ちょうど初めてのお盆で今帰ってきているおじいちゃんは少しびっくりしてるかもです。

在りし日。
a0180208_21532428.jpg
でっかい樽。

a0180208_21533393.jpg
やっぱこれ、あるよね...の杵と臼。

a0180208_21551713.jpg
ストーブ?

a0180208_2155875.jpg
なにこれ?顕微鏡?
古っぽいなんかおもしろいものたち。


a0180208_21534490.jpg
そして、井戸の滑車と徳利。

a0180208_2154516.jpg
この井戸の矢倉は大工さんが補強してそのまま持ち帰ってくださり、移築されて使われることになりました。
すごくうれしかったです!


生徒さんのおすすめで友人に取ってもらった写真を本に。
a0180208_22351483.jpg

a0180208_21542213.jpg
写真がいいので、とても素敵な本になりました。


よかった、よかった♪



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-07-14 22:56 | 番外編 | Comments(0)

記念の窯焚き

あつーーいいい。真夏日ですね。

先日、おじいちゃんの工場でのラスト窯焚きしました。
a0180208_015381.jpg
あがった作品。
どれもいい色でした。


来週には新しい窯場に窯を移動します。
9年間、お窯さんの住まいだった工場。
来月には取り壊しです。
カメラマンの友人に写真を撮ってもらったので、工場についてはまた改めての機会に。


艶つやにとけた、とろり白銀色。
a0180208_014467.jpg
マグ!


a0180208_01498.jpg
フリーカップ


a0180208_016536.jpg
プレート

この色、とても好きです。
お料理も映えますよ。



お料理といえば、沼サン作りました!
a0180208_013369.jpg
簡単美味!

...沼サンってなんぞ?ですよね。
私も生徒さんから教えてもらいました。

陶芸家の大沼道行さんのお気に入りのサンドイッチを奥さまがレシピ公開したところ大人気になったようです。

特徴は大量キャベツと粒マスタード。
それ以外は基本自由っぽいです。
私は大量キャベツにコールスロー風な味付けをしておいて、厚切りハムとチーズとトマトをはさみました。

めっちゃおいしい。
みなさんもぜひー!



さて、雨予報の日曜日。。。
こんな晴天続きなのになんでよ!
ってとこまで想定内です。

井のいちあるあるかもしれません。

で、当日はもちろん晴れる!んです。
......頼みます。

a0180208_013786.jpg
「井のいち」
5/31日曜日 9:00〜16:00
石神井氷川神社
http://inoichi2015.i-mondo.org

工房リッタウで境内入ってすぐのところでお待ちしていまーす!




ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-05-27 00:43 | ウツワ | Comments(4)

*ブローーーチ*

本日は今年最初の本焼き窯焚き。
お窯さん、本年もよろしくです。

購入したてのグラインダーで棚板ピカピカにしました!
a0180208_2202847.jpg
そのお礼か今日はご機嫌よろしく、するすると温度が上がってくれました。


さて。
最近、器制作の合間にやっていること。
a0180208_2205868.jpg
ブローチ!!

洋服にも、着物にも、髪の毛にもあうようなものを考案中です。
a0180208_2205112.jpg
こんな感じに。
いかがでしょうか。
金彩をしたりといろいろアレンジしてみたいと思います。


そして。
ニューヨークでのワークショップの作品が出来上がりました。
a0180208_2262298.jpg
これらはすべて陶芸初めてのアメリカ人の皆さんの作品。
紅葉の季節たっだからか葉モチーフあり、人面器あり。
素敵な作品たち。
色と形の美術は万国共通です。

頑丈に梱包してニューヨークに発送しました。
皆さんのもとに届くのが楽しみです。



それにしても、昨夜のショックったら。
アジアカップー!とブログアップする前にアジアカップ終了。。
私なんかに心配されても困ると思うけど、真剣に香川を心配しちゃいます。
なので今まで以上に応援しましょ!!
が ん ば れ !

そのかわりの朗報に錦織勝ち進むーはご存知と思うので、別の朗報を。
4月からあまちゃん再放送ーー!
いぇーい♪
BSで朝7:15から!

早い。。。
でも、たぶんあまちゃん見ると思えば起きられる不思議。
念願の朝型生活に切り替えのチャンスです。

今年は朝がんばります。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-01-24 23:24 | リッタイ | Comments(0)

リッタウ精鋭部隊、薪窯焚きへ行く!の巻

梅雨です。
梅雨入りと同じ日に熱海伊豆山の岩戸窯での薪窯も火が入りました!

ということで、薪窯の窯焚きお手伝いに行ってまいりました。
a0180208_2058562.jpg
私たちが行ったのは窯焚き3日目、土曜日です。
2日間降り続いていた雨ですが、窯に到着した頃にはほぼあがって、明るくなっていました。
東京はこの頃、まだ大雨だったみたいです。

今回の窯焚きお手伝いに参加したのは私とリッタウの生徒さん2人の3人。
なんと言っても生徒さんの一人は神がかった雨女さんです。
雨女だけど、なんだかんだで傘無しで切り抜けられるという運の持ち主。
その通りでなんだかんだで晴れ間が覗くというお天気でした。


到着した頃には、もうすっかり窯温度も上がって1268℃。
a0180208_20584728.jpg
この温度を30時間もひっぱっている状態。
そして、このまま1260〜1270℃で、あと18時間ひっぱるんです。

a0180208_2059295.jpg
惜しみなく燃やされる松。
これだけの長い時間、薪を焼べ高温を保っているのを見て、灰かぶりのいい色が出ている事を期待せずにはいられません。


こちらの岩戸窯さんには去年リッタウ旅行でたまたま訪れたのがきっかけで、2回目の窯参加です。
快く参加させてくださる小坂先生に、本当に本当に感謝です。

そして、岩戸窯の生徒さん皆さんもとても優しく、薪焼べポイントを教えていただいたり、美味しいご飯をいただいたり。
やはり、工房の楽しい雰囲気というのはいいなと再確認◎
リッタウも個性たっぷり素敵な生徒さんに囲まれているのでこれからも楽しくいこうと思いました!


かっこいい薪窯は小坂先生のお手製。
もう87回も焚いている、重鎮です。
1回の窯焚きで6トン使うという薪は小坂先生が割って乾燥させて保存している大切なものです。


私たちリッタウ隊3人で交代しながらの窯番。
a0180208_20592521.jpg
深夜も担当しました。
なにせ夜型なので、遅い分にはガンバリます。
夜は煙突の炎が赤く見え、パチパチと薪が燃える音が心地よいです。


窯前はすごい熱さ。
無防備に近づくと即ヤケドです。
よって、この姿。。。
a0180208_2105033.jpg
...超不審。
顔をタオルで覆い、夜もサングラス、汗だくでも長袖。
ふとそれぞれの格好が気になり、夜中に爆笑でした。


小坂先生とベテランさんに窯番交代して仮眠をとらせてもらい、ぐっすりで朝に。
a0180208_2059133.jpg
こちら、岩戸窯の番犬デンくん。


早朝から煙突を少し閉めて還元をかけているとのこと、黒い煙が上がっています。
a0180208_20593643.jpg
いよいよ終盤。
72時間の窯焚きの終わり、火止めです。

こちら、無防備な姿で窯口を閉める小坂先生。。。
a0180208_20594740.jpg
薪の入り口を塞ぎます。
髭が燃えちゃわないか心配。

さらに、無防備すぎる姿で煙突にフタをする小坂先生。。。。
a0180208_2103718.jpg
超人技。
素足にサンダルです。

そして、全ての口を塞がれ、怒っている窯。
a0180208_2104566.jpg
隙間から炎が噴いています。
迫力満点。


1週間後の来週窯出しです。
作品を取りにいくのが楽しみ!
よくよく焼けていますように〜〜

乞うご期待ください◎


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2014-06-10 22:55 | 工房リッタウ | Comments(2)

カップとポロックー!

春の嵐!

今日は朝から窯たきをする予定でした。
...が、あまりの強風に煙突が飛んでいきそうだったので、悩んだ末、窯焚きは延期に。
煙突飛んでいったら、たぶん火事になっちゃうし。
なんなら家のアンティーク窯場ごと飛んでいきそうでしたし。。
無事でしたけど。

ということで、先日あがったカップたち。
a0180208_1533680.jpg
カップと言っても、湯のみと言ってもいいような高台無しの形で作りました。

a0180208_1534168.jpg
織部+黒と、ハギクロ。
こっちは和っぽいです。

a0180208_1533869.jpg
艶黄瀬戸と、砂っぽいベージュ。
こちらは洋かな。

これからの時期、冷たい飲み物を入れるにもいい形かと思います。


話の繋がりはまーったく無いですが、
a0180208_22411812.jpg
この床、どこのアトリエでしょ?

ブログで一人で質問&答え形式にするのはだいぶ恥ずかしいものですね。。。

正解はポロックの!


先日、ポロック展に行ってきました。
会場を出たとこにあったポロックアトリエを再現した部屋。
ここは撮影OKだったので、じゃあ、と撮ってきました。

高校の時の美術室を思い出す感じの床。
仕事着を着ていると絵具を跳ね飛ばしまくる私は、
美術の時に来てたスモックも、ペイントの仕事をしてた時に来てたズボンも、ナチュラルポロックになってました。

そして、仕事着をポロックと言っちゃうと、展示で何を観てきたんだ!ってことになりますね。。
a0180208_1534419.jpg
「インディアンレッドの地の壁画」は圧巻でした!カッコイイ!!

と、同時にピークを迎えちゃったんだろうな〜なという、なんともいえない不安な気持ちに。
傑作を作ってしまったあとの作家の苦悩みたいなものが、この後の作品で出ているようでした。

とか言って、こんな評論的な事はあまり得意じゃないので、ある資料にあったポロックの言葉を。
「作品はちょうど音楽が楽しまれるように味わわれればいい。しばらくするとそれを好きになったりならなかったり。それにしても、そんなに深刻な問題とは思えませんね。」
私もそう思いまーす。
その時の気分でいいなと感じるのがいい作品な気がします。


さて、延期した窯焚きを早々にしなくては。
by tomomikamo | 2012-04-01 00:34 | ウツワ | Comments(0)

窯場のご紹介!

とびっきり寒い一日でした。

工房の玄関前は道が北向きなため、雪がぜーんぜんとけてくれません。
雪かきするタイミングの逃し、もう、カチカチ。。。
今度からは雪降ったらすぐ、ふかふかなうちに雪かきします。

寒かろうが、今日は窯焚き。
朝、温度計は0℃!
a0180208_175936.jpg
いつもは寒くても5℃くらいを表示するのに。。。
ついに「0」って表示がきました。

最近、なんだかお天気中継の常連である練馬。
夏暑くて、冬寒い。&雪多い。
なんでしょこれ?三重苦?
でも、住みやすいですから!
まあ、そんな地なので朝は氷や霜柱があたりまえです。

霜柱にもめげズ、朝、窯詰めをして点火。
a0180208_175539.jpg
ひさしぶりに登場のうちの灯油窯。
働きものです。

点火してから12〜13時間。
1時間ごとに油量と風量を調節しながら1230℃まで上げていきます。
教室をしながらも、窯を焚いている日はこの窯チェックで工房と窯場を行ったり来たりします。


今日はそんな窯場のご紹介。
窯を置いているのは祖父のお米屋さんの工場(こうば)です。

もとは精米所として使っていたところ。
今はお餅つきの時くらいしか使っていないので、端っこに置かせてもらってます。
a0180208_10285117.jpg
明治時代に建てられた築100年以上のこの工場。
レトロとかの枠越えてます。

a0180208_10292176.jpg
天井の梁とかはたぶん、マニアにはたまらないはず。
私も骨組みフェチ。
子供の頃から見ているのでこの梁は見慣れてますが、それでも、たまにすごいな〜と一人で天井を見上げてます。

そして、この正面にある煙突も灯油窯。
a0180208_174871.jpg
でも、こちらはお餅用。
右の木のせいろもお餅用です。

そんなこんなで、モクモクと煙を出す灯油窯を使える環境に感謝しつつ。
本日も無事窯焚きを終えました。

窯出しは中一日空けての明後日です◎
by tomomikamo | 2012-01-27 02:13 | 番外編 | Comments(6)

和菓子な箸置き

ながーかったような、短かったような2011年も、あと2日。
今年最後の窯焚き&窯出しを終え、工房も今日が年内ラスト。

このところの忙しさで片付けきれていない作業場や庭や部屋。
あと2日はぐるりとお掃除をします。
ちょっとお休みをして、作業は気分新たにまた来年!

先日あがった作品のなかで、ちょっとお正月っぽいのがこちら。
a0180208_0383917.jpg
友人のオーダーで久しぶりに作った花の箸置き。

梅と菊で、新春な感じ。
お皿にのせたら和菓子感が出過ぎました。

磁器のような一番細かい信楽の白土に、今回は5色の釉で作りました。
白、白銀、トルコブルー、艶黄、淡緑。
ベースのお皿は瑠璃釉です。


我が家では、祖父がお米屋さんをしているので年末恒例のお餅つきがあります。
それはそれはドタバタで家的に大騒ぎのお餅つきも昨日で完了!

チャンスを逃し今日食べられなかったので、明日にはつきたてお餅を食べます。
朝から。
この時期に久々に食べる最初のお餅が最高においしいです◎
楽しみ!


最後に、一気にお正月仕様にした工房玄関。
a0180208_0434416.jpg
ではでは。
みなさま、よいお年をお迎えください!!!
by tomomikamo | 2011-12-30 01:36 | ウツワ | Comments(0)

薬味たっぷり◎

今日もせっせと窯焚き。窯焚き。

あつ〜いと思いながら休憩中、ふとテレビを観たら電力使用率が90%超えていました!
<熱中症に注意>と<電力使用率90%>が交互に流れるテロップ・・・。
とりあえず、家中の電気を消してまわりました。

同じ形×色違いシリーズ。
a0180208_22273985.jpg
小さい平片口の3色。
白銀・紫・茶の艶釉です。

ショウガやミョウガやシソや。
夏場の薬味が活躍するお料理に◎

でも、私一人でのお昼ゴハンの時はぶっかけてしまうのです。
a0180208_2227334.jpg
冷やしうどん!
これならどんだけ暑くってもイケます。

友人のお父様が手打ちしているおうどん+薬味とおかかと温泉卵とめんつゆ!
美味し〜い!!
ただ、庭にわんさか生えてるのにシソを忘れるという失態を。

明日は涼しくなるらしいです◎
早くも暑いのに飽きました。
by tomomikamo | 2011-06-24 23:18 | ウツワ | Comments(2)