ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

タグ:骨董 ( 3 ) タグの人気記事

金継ぎのススメ

あら?なんか寒くなくない?...と気が抜ける週末ですね。
でも、また週半ばは雪予報。
もう一回引き締めましょーう。


さて、本日は金継ぎのご紹介。
a0180208_20505594.jpg
こちら、私のぐい呑み。
口元に割れとほつれ(欠け)が入ってしまったとのこと、修復のご依頼を受けて直しました。
欠けてしまうのは使って頂いている証拠。
直して、また使いたいと思って頂けるのはうれしいことです。


基本は私の器の修復のみお受けしているんですが、どうしても...とのご依頼でこちら。
a0180208_20501787.jpg
ミーマグ。

私も愛用のこのミーマグはもう販売されていない貴重品。
わかります。これは割れたからって諦められないもの。

お直し箇所はこの取っ手。
a0180208_20502940.jpg
洗い物中の事故によるマグ取っ手の割れは悔やんでも悔やみきれないですよね。


もう一つ。
a0180208_20504563.jpg
ロイヤルコペンの大皿。
フチの欠けから中央に向かってにゅう(ヒビ)が入ってしまっていたのを修復しました。
お世話になっている方のお母様からのご依頼品だったので、緊張しながら作業。
無事直って喜んで頂き、ひと安心でした。


こんな感じで金継ぎで大切な器が復活します。
作業としてもやりがいがあっておもしろいので、
やってみたい!大事な器が割れてしまった!という方はぜひ体験しにいらしてください。
もちろん、どんな器でも洋食器でも骨董でも大丈夫です。

a0180208_20524959.jpg
こちらは金継ぎ体験にいらした方の作品。
10年くらい愛用していたという黄瀬戸のお皿。
和食器の宿命ですが、土ものはどうしてもフチが欠けやすいんです。
何カ所もある欠けでしたが、しっかり直りました。

今年から私の金継ぎの先生でもある伊藤先生の工房で体験教室の講師をすることになりました。
場所は六本木のミッドタウン近くです。
夜の教室もあるのでお仕事帰りの方はこちらもぜひ。

今後の体験教室予定は↓です。
2/13(水)19:00〜
3/13(水)19:00〜
3/19(火)13:00〜

どちらの教室もご予約はメールにて
rittau11@gmail.com まで。


金継ぎを始めてから骨董好きに拍車がかかった感があります。
直したり、呼び継ぎをしたりの素材として欠けている器には飛びつくようになってしまいました。

で、先日も骨董品屋さんから連れ帰ってきたものが、こちら。
a0180208_2053937.jpg
どっさり。。
飛びつくとはいえ、好みの絵柄でないと金継ぎの気分もあがりません。
赤絵や、牡丹・龍・鶴などおめでたい系の江戸〜大正時代あたりのものが好みです。

ついでに、骨董品屋さんにてこの椅子も掘り出してきました!
a0180208_237130.jpg
アフリカの椅子。
木の感じ、手作りの感じ、背もたれの感じ、低さ。
いい味出しています。

骨董家具も見出すと止まらないですね。
でも置き場所に限りがあるので節制せねば。。。
とりあえず、廊下の一角はこの椅子が占領することとなりました。
by tomomikamo | 2013-02-03 22:29 | ウツワ | Comments(2)

呼び継ぎウツワ&骨董ウツワ

寒さで身体も固まるなか、今朝からラジオ体操再開!
DVDも入手し、気合い入れて基礎体力あげていきます。

さて、週末から始まりました、金継ぎの展覧会。
今回の私の展示ブースはこんな感じです。
a0180208_0381298.jpg
手前から、
金ヘビの巻き付いた黒釉の巳年盃・色ガラスをはめ込んだの骨董の鶴のお重。
金継ぎした淡いグリーンの平鉢・深紅ガラスを呼び継ぎした白×藤色の薄鉢。
金ヘビ巻き付きの瑠璃釉の高杯・朱と金で絵付けした古伊万里の骨董皿。

今回は私作の器と骨董の器の両方展示しました。

私は自分の作品に絵付けはしないので絵皿は買う専門。
やはり和柄はカッコイイので骨董絵皿は大好きです。


a0180208_0382294.jpg
この平皿は「牡丹と獅子」のモチーフがとっても気に入りました。
よく見ると、獅子がいい顔してるんです◎

骨董市にて傷モノであった古伊万里を入手。
派手なモチーフの割に染め付けのままでは色が地味だったので、牡丹を朱で、獅子を金でフチ取りました。

朱が効いて華やいだ感じに仕上がったと思います。


もうひとつのメインは
a0180208_0343686.jpg
こちらの深紅ガラスの呼び継ぎ鉢。

陶器ではなかなかでない真っ赤な色。
これはアロマ作家の中山さん宅で割れてしまったという赤いグラスの破片を頂き、私の鉢の欠け部分にはめ込みました。

藤色が少し入った白鉢。
口元が薄手なので華奢なグラスの薄さと良い具合に揃いました。


展覧会のギャラリーは表参道のスパイラル裏手にあるGallery5610さん。
a0180208_0345190.jpg


こちら、私も参加の販売ブース。
a0180208_038423.jpg
骨董市に足繁く通って素敵な器を入手し修復している方たちの金継ぎ器がずらり!
骨董好きはテンションあがります。

初日にはオープニングパーティー♪
a0180208_20147.jpg
金継ぎ教室の伊藤先生はフードコーディネーターでもあるので出てくるお料理が超美味でした!


kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展は13日の木曜日まで。
表参道Gallery5610にて11:00〜17:00です。
最終日の13日は16:00までなのでご注意ください。

私は火曜日と水曜日に終日在廊します◎
by tomomikamo | 2012-12-10 02:01 | 展示 | Comments(1)

Kuh金継ぎ教室「あ・そ・び」展

やっぱり年末って忙しい。。。
なんとなく年内に!とか約束してしまい、予定が渋滞中です。

そんな中、金継ぎ教室の展示に参加しています。
表参道 Gallery5610にて明日から。
a0180208_23241816.jpg
Kuh金継ぎ教室から「あ・そ・び」展

2011/12/17(土)、19(月)、20(火)、21(水)
12:00〜18:00
私は20、21日に在廊します。

Gallery5610
表参道駅 B3出口より徒歩3分
港区南青山5-6-10 5610番館


今回展示している作品は
a0180208_23335470.jpg
白釉の器たち。
白地だと金のヒビラインが生えます。

a0180208_23353162.jpg
どれもパリパリに割れたものを修復しました。

a0180208_23125199.jpg
こちら徳利。
中はオール金で覆ってあります。

a0180208_2313712.jpg
猫脚の骨董の赤絵皿。
骨董市で売り物にならないと隅っこに追いやられていた高台が欠け落ちた、この赤絵皿。
陶土で3つの猫脚を作り、くっ付けて、金で覆いました。
ちょっと、オリエンタル。

a0180208_2313476.jpg
こちらは、呼び継ぎ。
欠けた部分に、別の器の破片をはめ込む技法です。
金継ぎ始めたら、これがやりたかったんです!
すーごく大変でしたが。。。
詳しいやり方はまた後日。

a0180208_23125592.jpg
金絵の箸置きなども。
一部販売もしています。

総勢25名参加の今回の展示会。
フードコーディネーターでもある、金継ぎ教室の伊藤和江先生のもと多種な職業の生徒のみなさん。
骨董あり、ガラスありで見応えのある展示なので、ぜひご覧頂けたらと思います。

表参道の木も異常に見応えあります。
ヒルズの馬車はどうかと思いますが。。。
原宿から歩く方は脇目でちらっと見てみてください。
by tomomikamo | 2011-12-17 00:11 | 展示 | Comments(2)