ブログトップ

「リッタイとウツワ」 Tomomi Kamoshita

rittau.exblog.jp

タグ:辰砂釉 ( 10 ) タグの人気記事

Pink purple 揃いました!

またしても雨。。
雨のなか本焼きしました。
窯は順調◎

来月の個展に向けて、焼き上がってる作品を。
a0180208_2311513.jpg
真夏に焼いておきました。
ピンク紫シリーズ。



平鉢とか、抹茶茶碗とか。
a0180208_2326869.jpg
見込みに濃ゆく。


a0180208_233032.jpg
外じんわり。



a0180208_22531925.jpg
片口とぐい呑みも。



a0180208_22534441.jpg
平鉢の外は流れそうなぎりぎり。
止まってくれてよかったよかった。


あっという間に迫ってきた個展は今年も秋の阿佐ヶ谷で10/15(木)〜21(水)の1週間です。
ぜひご覧にいらしてください。

詳細、またお知らせします!




こないだの日曜日はTUMUGU市でした。
a0180208_22525790.jpg


かっこよくっておしゃれな大人のみなさまとご一緒の市。
いつも真っ先にいろいろ買っちゃいます。

パンと〜、クッキーと〜、
エルメス生地のリメイク小バック、
アロマオイルを入れられる吹きガラスのペンダントヘッド。
買いすぎ。。
たのしいです。

a0180208_2252509.jpg
めっちゃおいしいオートミールクッキー!!
と並べたゴマ地の鉢たち。

パンとクッキーは来てくれた友人たちがファンになるほどおいしいです。
また次回までのおたのしみ♪


ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2015-09-17 23:30 | ウツワ | Comments(0)

夏ウツワと梅まつり

快適な一日!
今日のような気温&湿度が毎日なら夏大好きなのに。。

例年より夏が早いので、器も一気に夏色に変化しました!
a0180208_2242316.jpg
強還元で出現するピンク紫。
登場です。
先週の窯焚き時はまさに35℃超えの猛暑日。
暑いなか、炎ボンボンと。

そしてあがった辰砂釉がこちらです。
a0180208_22415521.jpg
とろっと溶けた濃い紫色。
平ボウル。
この色が出るうちに作品を作り貯めねば。


こちら、一つ前の窯焚きでの辰砂釉。
a0180208_224141.jpg
弱還元です。
平ハチ。

淡い紫と薄い水色のグラデーション。
a0180208_238634.jpg
こっちは繊細な感じの色合いに。

いろんな表情を出してくれる釉色。
同じ釉なのですが、ここまであがりが違うのは炎の威力です。偉大。


続いて。
こちらも夏場の色。
a0180208_22412393.jpg
黄緑釉。
これが一番鮮やかな時の黄緑。

a0180208_22414124.jpg
平ハチ。
夏はこのくらい派手めな器、いかがでしょうか。



猛暑のなかでの作業。
最近、休憩ではもっぱら梅ジュース!
a0180208_22401068.jpg
見た目少しだけでも涼しくなるようトルコブルーのコップに。

この梅ジュースが美味しいんです!
我ながら。

工房前の梅の木の梅にて作りました。
a0180208_2240393.jpg
超かんたん。
採った梅の実をよく洗い、一晩冷凍庫で凍らせます。
梅と同量の白砂糖を用意。
保存瓶に梅・砂糖・梅・砂糖...と交互に入れていき、時々振りながら1週間待つだけ。

水割りでもソーダでも。
梅酒よりも、だんぜん簡単で作業中でもグビグビ飲めます。


もうひとつ、梅にて。
a0180208_22402778.jpg
甘露煮。
ちょっとしたおやつに。

これは、去年漬けた梅酒の梅です。
a0180208_22401973.jpg
鍋に取り出し、少しお砂糖を足して、 グツグツと。

こちらは注意が必要。
混ぜない&超弱火で!!

私はちょっと混ぜてしまったため、一部ジャム状態に。
そして、弱火にしていたものの、弱さ足りなく、、底が焦げました。
きれいな形をとどめられたのは半分くらいで、あとはスプーンですくって食べてます。。

...と、暑さのなかで梅と戯れている毎日です。



ホームページ:http://rittau.jimdo.com/
by tomomikamo | 2013-07-16 23:58 | ウツワ | Comments(0)

お皿!

1週間って早い...。
ブログ書かなきゃと思いつつ、気を抜くとあっという間に更新が滞ってしまいます。

さて、本日はひたすらお皿!!!
a0180208_23463675.jpg
まず小皿。
2枚ずつ×5色で10枚皿。

a0180208_23462278.jpg
いろんな色のお皿を使えば、テーブルがかなりカラフルで楽しくなるのでは?
小皿なら冒険しやすいかもです。


で、続いては冒険しにくい大皿。
ですが、今日のご紹介はだいぶ挑戦的な色のもの。
たまたま出来上がっていたのが派手色だったもんで。。

a0180208_23461929.jpg
まずは、これ。
こないだほどの毒々しさはでませんでしたが、赤紫。
というか、ほぼ濃ピンク。
狙いよりもちょっとかわいらしくなってしまいました。


そして、
a0180208_23462480.jpg
こちらは辰砂釉。
半分酸化、半分還元。
半分薄緑、半分紫。


最後に、
a0180208_23461747.jpg
青銅釉。
こちらオール還元の渋紫。


どれもだいぶ個性的ですが、なにか合うお料理が必ずあるはず!
料理自慢の方、腕の見せドコです。


今朝は現場搬入の仕事があったの早起きでした。
昨夜いきなり早寝ができるはずもなく3時間睡眠。
さすがに眠いです。。。
いざ、今日こそ早寝!
by tomomikamo | 2012-09-21 00:29 | ウツワ | Comments(0)

ガラパゴスとタペストリー

iphone5でますね~。
変えます!! 1ヶ月後くらいに。。
今日予約するほどはアツくもなく..落ち着く頃を待って。

私の電話はガラケーと差別されようが、かなり気に入っているsonyのサイバーショット。
サイバーショットて...文字にすると昭和な雰囲気さえ漂ってくる哀愁が。

ガラパゴスの希少生物だなんて逆にかっこいいし。
ブログ用の作品写真もしっかり撮れるし。
DMハガキ用の写真だって撮れちゃうし。

でも、やっぱMacサマにはかないません。
もう少しでさよならsonyです。


さて。
個展に備え貯めている作品のご紹介です。
a0180208_1155493.jpg
トルコブルー釉の弱還元です。
この時期に発色するターコイズブルーと渋紫の微妙な色。
片口とぐい呑みのセットで。


こちらも片口&ぐい呑み。
a0180208_11545798.jpg
辰砂釉の酸化バージョン。
ミントグリーンっぽい色に出ました。
艶々です。


続いて、小さめ片口。
a0180208_163795.jpg
これは実験中の色。
内側のかなり鮮やかな赤紫!
毒々しいこの色が狙いです。

これなかなか出ない色で..かなりしっかり還元がかからないとです。

もっと大モノで試したいけれど、どうでるか。
大モノに不安定な釉薬をかけるのはかなりの賭けです。
粘土たくさん使う、窯のスペースとる、釉流れで棚板ボロボロになっちゃうかもしれない、など。

でも、毒々しい大皿とかが作りたい。
ので、たまには賭けてみましょう!


かける繋がりで、こちら工房玄関の新しいタペストリー。
a0180208_11551340.jpg
母が織った布に陶パーツを吊るしてみました。
丈が足りなかったので急きょ吊りパーツを制作。

裏はこんな具合。
a0180208_11551550.jpg
フィンランドで買ってきたマリメッコの布です。

日本にはなかなかない派手めな布。
タペストリーやクッションカバー用に買ってきました。
ちなみにミシンでの仕立ては母に丸投げです。。

こっち面だと、かなり派手な玄関に。
ちょっとチカチカします。


あと、おととい池袋西武にマリメッコのショップがオープンしたようです。
庭である池袋西武に♪なんかうれしいです。
マリメッコのホームページ、かわいいのでちらっとどうぞ◎
http://www.marimekko.jp/
by tomomikamo | 2012-09-14 12:22 | ウツワ | Comments(0)

嵐の窯焚き

ちょっと前になってしまいましたが、先日の台風。
みなさん被害はなかったでしょうか。


まさに、あの日に窯焚きをしていた私。
今までで一番スリリングな窯焚きでした。

仕上がった作品はというと...こちら。
a0180208_193884.jpg
危険を冒しただけあって、ちょっと変わった仕上がりに。

これは今の時期、還元で紫色にあがる辰砂釉です。
が、紫と水色とトルコグリーンがMIXで出てきました。

この感じは今までなかったです。
あの天候は狙えないのでたぶんもう出ないかも。

大鉢とか入れていたら、いいの出来てただろうな〜〜と。
この世と窯焚きにたら・ればはないですが。


あと、こちらも。
a0180208_103150.jpg
上のと同じ、辰砂釉。
こっちはグレーがかった白と赤紫に。

a0180208_103655.jpg
惑星っぽくて好きなタイプです。

a0180208_103364.jpg
木星っぽくてさらに好み。
ジュピターとかベタな名前をつけたくなってしまう。。


あの日、私は朝の空の落ち着きを過信し、点火してしまいました。

思ったより雨降らないじゃん!とか思って順調に焚いていたら。
窯焚きの終盤、温度も1200度を越えてきた頃、みるみる雨風がひどくなり。
一番肝心な時間帯に台風が東京上空にやってくるという事態に。


1200度を越えると窯内は炎で真っ赤です。
そこに台風の風が煙突から吹き込み、隙間から炎が吹き出すという怖ーい状況。
初めて真剣に火事になるかも...と心配しました。

本来ならばもう1時間くらい粘る時間だったのですが、気が気じゃないので火を止め終了!
なので、窯になにかしら影響がでていないか&窯内の作品は無事焼けているか。がとても気がかりでした。


結果。
作品は思いのほか、いい感じに。

問題は窯。
一昨日、次の窯を焚いてみたら途中で火が止まってしまうというハプニング。
展覧会前の、この時に........!

窯業者さんに連絡したところ、とりあえず炉内のススを掃除してもう一度焚いてみるよう指令を受けました。
明日、ススまみれになって掃除するのでなんとか窯が無事であってほしい。


次の窯がちゃんと焚きあがるか、初めての修理となってしまうか。
気がかりな事態は続きます。
by tomomikamo | 2012-06-26 02:04 | ウツワ | Comments(4)

夏じたく①

梅雨入り〜。
一日雨ですね。

こんな日はウツウツしてしまうので、夏に向けて、明るいウツワを!
a0180208_19122628.jpg
辰砂釉のお丼ぶり。

銘々に4つセット。
a0180208_18141767.jpg
トルコグリーン釉とも言います。


夏に向けて、準備してますか〜?
私はノロノロと始めました。

梅雨前の優先課題だったのが、ゴーヤ植え!
a0180208_18201944.jpg
ギリギリセーフで先週完了◎

今年はゴーヤが品薄との情報があったのですが、元気そうな苗を無事手に入れることができました。
去年植えていた工房の庭の土は、冬場ほったらかしだったのでカピカピ。。。
今年も畑マスターのお力を借りて、肥料入りの土を足して耕してもらい、ふっかふかの土に3つ苗を。
2階まで延ばす気マンマンなので、早々にネットも貼りました。

採りたてゴーヤとスパムのチャンプルーが楽しみ〜〜!


ちなみに、この苗植えの日は午前中素晴らしいお天気で、絶好の物干し日。
天気のいい日は工房で使っているスリッパをまめに干すんです。

工房スリッパはバブーシュというモロッコの羊革スリッパで、どことなく革のにおいが残っているので。
バブーシュの形が好きで、工房を始めるまでに一つずつチマチマと集めたお気に入りたち。

を、庭のテーブルに干して小一時間ほどの所にある粘土屋さんに買い物に出てしまったんです。

そして悲劇が。
あんなに晴れてたのに、一気に空が真っ暗に。。。
急いで車を荒々しく運転して帰ってくるも、時すでに遅し。

バブーシュたちが、びっちゃびちゃに...。
なんならちょっと水が溜まっているし......。
濡れている洗濯物も、窓から吹き込んで部屋が濡れているのも後回しでバブーシュを取り込んで拭いたのですが、それはもう臭いったらありゃしない。。。

1年以上かけてようやくにおいが抜けてきたのに!もう台無し!!
羊革が濡れた時のケモノ臭さは最強すぎて、部屋に置いておくのも無理!


その後、晴れた日ごとに干していますが、いくつかは、再起不能でサヨナラしました。
刺繍&スパンコールのかわいさもケモノ臭さには負けました。


これから夏場は夕立もありますし。
みなさん、革を干してのお出かけにはご注意を。。。
by tomomikamo | 2012-06-09 19:16 | ウツワ | Comments(2)

ひさびさのウツワ

このところイベント続きで、出来上がり作品の写真を出していなかったので、そろそろ。

とは言え、今は成形作業まっ只中なので、新作焼き上がりがなく。。。
ちょっと前のを。
a0180208_22371433.jpg
織部の平大鉢。
まだ気温が10℃台の時に焼いたものです。

a0180208_2239107.jpg
やや色が浅いですが、艶のある緑に焼き上がりました。
口元は瀬戸黒釉を重ね掛け。

夏場のウツワとしてもいいかしらと思います。
冷やしうどんとか。
氷を置いての冷やし系に。


続いて。
a0180208_0143967.jpg
ちょっと大きめのぐい呑み。

日本酒、ぜーんぜん呑めないですが、酒器を作り始めてから気付けばもう何年も...。
呑んべえの方々の意見をたくさん聞いているうちに、日本酒が映えるウツワ色がだいぶわかってきました。
日本酒のまろやかな透明色を生かせるような..ね。

こんな具合はどうでしょか。
a0180208_0144166.jpg
ガラス状に溜まった釉。
何色も重ね掛けしています。
一部、つよーい辰砂の赤色が出ています。

呑めないながら、ここにお酒いれたら美味しそうかな〜と。
これまた、呑んべえさんのご意見を伺わねば。


さて、そんなこんなでもう6月。
引きこもっていたらあっという間に過ぎていってしまいそうです。
by tomomikamo | 2012-05-31 23:57 | ウツワ | Comments(0)

乾燥と寒さと、辰砂

油断しました。
風邪をひいてしまった。
あぁーもう、情けない。

動けないほどダルくもないから、だましだましやってます。
休みたくないし、予定もこなしたいし。
がんばれ、のど!!


さて、風邪の原因である乾燥と寒さ。
そのおかげでうちの窯は酸化焼成よりに作用します。
の、結果出るのが、こちら。
a0180208_123192.jpg
辰砂釉の酸化色=トルコグリーン。
たまりの部分がキラッと濃いめに発色するのがいいです。

a0180208_1225517.jpg
ご飯茶碗より少し大きめのお丼ぶり鉢。
どちらかというと春夏に使いたい器の色です。
ところてんとか冷やし茶漬けとか。
...あぁ寒い。

でも、夏にはこの釉は紫になってしまう為、今のうちに作りためておかないと。
しつこいけど、風邪引いてる場合じゃないです。

いつも以上に厚着してムックムクしながらの作業です。
動きにくい。。。
by tomomikamo | 2012-02-02 12:18 | ウツワ | Comments(2)

pink*purple

梅雨まっ只中。
湿度満載です。

こんな息苦しい気候ながら、さほど嫌がってもいないのは・・・
a0180208_0203026.jpg
この紫が出ちゃうので◎

辰砂釉がやっとこ、この紫にでました。
a0180208_0202751.jpg
ピンクがかった紫が好きな私にとって、この色はツボです。

難点はなかなか出ないとこ。
おそらく、湿度と温度が高いと出やすいのですが、そうそう単純でもないようです。

窯を開けるまで何色かわからん!という、まさにギャンブル釉薬。

そして、このところ大きい片口鉢に鮮やか色をかけるという試みをしています。
なかなか存在感アリの器に。

1つだけでいいけど、どれにしようか迷うな〜。
というくらい色とりどりが目標です。
by tomomikamo | 2011-06-13 01:00 | ウツワ | Comments(0)

紫、はじめました。

カラ〜リ◎
今日みたいな、洗濯物が一発で乾く天気、ノーストレスで最高です!
なぜか私は洗濯物の乾き具合で恐ろしいほど気分が上下します。

先日あがった片口を納品しました。
a0180208_2344296.jpg
紫がかった辰砂釉。

暖かくなった気温のおかげで、今年も紫が出始めました。
あいかわらず、季節に惑わされる作品たちです。

夏場、灯油窯での織部は赤くなってしまうため、この先半年は焼けません。
ので、今日は小型電気窯プティさんの腕ならし。

節電のため延期していた初本焼きを決行!
織部の板皿を焼きました。
無事あがってくれるか、窯出しまでドキドキです。


さて、パンダ。
a0180208_23443365.jpg
30分待って、これ。

a0180208_23443679.jpg
ちらっと。

そして、動物園は子供たちに占領されていました・・・。
なんか、大人なのに来ちゃってすいませんって気分に。
大好きなシロクマとキリンは休憩中で見れないし。

5年前、先代がまだ存命だったときに行った際は、でーんとこっち向いてすわってる先代のパンダ舎前も私たちしかいなくて思う存分向き合っていられたし、園内もガラガラだったのに。
子供たちも流行に敏感なのですね。

いまだ鼻炎気味である私の友。
a0180208_0161667.jpg
こっちのほうが数倍癒されます。
by tomomikamo | 2011-05-20 00:27 | ウツワ | Comments(0)